08月29日  全部出穂
うるち米5品種、もち米、赤米、黒米、香り米と全ての稲が出穂しました。
来月には、いよいよ稲刈りがスタートします。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
08月22日  玉虫
昨日、強風に負けて中途半端になっていた防鳥ネットを張るため、朝早くから田んぼに出かけました。

朝日が暑くなってきた頃、ネットにぶら下がる虫を発見。虹色の背中が朝日にきらきら光る玉虫君です。家に連れて帰りたくて、畦に落ちていた竹筒の切れ端に押し込めてしまいました。

作業に追われてふと気が付いたら、もうすぐ精米所が開く時間です。今日は籾摺りに行く予定でした。慌てて家に取って返したので、玉虫君を連れて帰るのをすっかり忘れてしまいました。

なんだか慌しい毎日です。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
08月16日  花火大会
毎日暑い中、農作業に追われてクタクタの日々が続いています。たまには気分転換も必要と、松崎海岸で行われる花火大会に出かけることにしました。

花火大会と言っても、時間にして30分程で終わってしまいます。各地の有名な『花火大会』と比べれば、『花火小会』と言われてしまいそうな規模です。けれど私は松崎の花火大会が一番好きです。

だって海上に打ち上げられる花火を目の前で、しかも砂浜に座ってゆっくりと楽しめるのですから。人込みの中で窮屈な思いをして遠くから見る花火よりずっと迫力があるし、うるさいアナウンスも入らない。

砂浜に座って、畑でとれたトマト入りサンドイッチをほおばります。目の前の暗い海にぼんやり白く波が泡立っています。そしてその上に大きな花火。凄い迫力です。

花火が数発上がった後、「そこの人、危ないのでもう少し下がってください。」と会場警備らしい人の声。どうも私達に投げかけられた言葉のようです。慌ててゴザを引きずりながら、砂浜の上を後退しました。

ちょっと恥ずかしい思いをしましたが、どうせ闇夜と何食わぬ顔でそのまま花火を楽しみました。でも帰るときに知人に遭い、「さっき注意されてましたよね。」と笑われてしまった。。。小さい町の楽しい夜でした。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
08月13日  小豆の定植
田んぼのスズメ対策に追われて、育苗トレーに播いた小豆のお世話がすっかり遅くなっていました。

実は小豆を植えるのは初めてで、その育て方も知りません。購入した種の袋の裏にある説明書きだけが、唯一の知識です。家にある本にはササゲの育て方しか載っていないし、インターネットで調べても、小豆栽培の詳しい知識は得られませんでした。

ササゲはツルがあるらしいが、小豆はどうなんだろう???とりあえず本葉が出た小豆の苗を、大豆の横にちんまり植えてみました。ツルなしであることを祈ります。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
08月09日  トラブル中毒
田んぼ横のガードレールに軽トラの前角をぶつけてしまった。
結果、左ウィンカーを破損。

先月から車のトラブル続きである。

吉田君が乗用車後ろのバンパーを凹ませたのを皮切りに、バッテリー上がり、軽トラのクラッチ故障、そして今回。

こんなに続くと金銭的にも精神的にも打撃ですが、大事故にも致命的故障にもなってはいない事を幸いと思うべきでしょうか。。。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
08月06日  今日も暑い
朝から田んぼでヒエ取りです。田んぼに出る前のTVのニュースでは、広島の平和祈念式典が準備されている様子が流れていました。

黙祷の時間も待たずに出てきてしまいましたが、62年前の広島も今日の様に暑かったのだろうかと思いながら作業をしていました。

空は青空、田んぼは緑、夏の暑さに汗が流れ落ちるけれど、こんな風に毎日を過ごせる事がどれほど幸せな事なのかと思わずにいられません。

この世界からは戦争も核兵器も無くなってはいないのに、幸せに生きている事が申し訳ないです。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
08月01日  今度はマガモ
午後に田んぼに出たら、マガモが5~6羽、飛び出してきた。一瞬、我が家のアイガモが逃げ出したのかと思ったが、飛んで逃げたので間違いなく『マガモ』です。

しばらく作業をしていたが、気が付くとスズメ避けのネットの端にマガモが絡まっています。逃げようと暴れていますが、これは自力では無理でしょう。

そのままにもしておけないので、暴れるマガモに駆け寄ります。騒がしいマガモのくちばしをむんずと掴み、『暴れるなよっ。』と文句を言いつつ絡まった糸を一本づつ外してゆきます。

マガモをこんなに近くで見るのは初めて。足の爪が意外と鋭い事、そしてその獣臭さに驚きました。絡まった糸を無事外し終えて、なんとかマガモの救出に成功しましたが、さてどうしましょう?

このまま放すのも惜しくなり、せめて家に居る吉田君に見せてあげたいと思いました。マガモを小脇に抱えて自転車にまたがろうとしましたが、やっぱり無理でした。マガモは私の腕からすりぬけて、バタバタと飛んで逃げてしまいました。

このネットはテグスのような細い糸で出来おり、絡まったら最後、これを外すのは一苦労です。今までネットに引っかかった生き物は数知れず。スズメはモチロン、カブトムシ、ハト、カワセミ、一番苦労したのはズガニでした。

中には絶命してしまった生き物もあったので、マガモを吉田君に見せられなかったのは残念ですが、無事だったのは何よりです。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |