04月30日  暫定税率復活前日
いくつかの農業資材を買出しに車で1時間以上かかる修善寺のホームセンターまで買出しに出かけました。ついでに来月から復活するであろうガソリンの暫定税率の事も考え、ガソリンとトラクター用の軽油も買って帰るつもりでした。

ところが修善寺に向かう途中、立ち寄るはずだったガソリンスタンドが閉まっています。店の前の張り紙を見ると『30日(水)はお休みします』との事。ニュースでのスタンドの混乱振りを見れば、賢明な選択かもしれません。結局、帰り道にあった別のガソリンスタンドで給油してもらいました。

『暫定』とした税金を20年以上そのままに課税している国に今回の混乱の責任があるのは確かです。現在徴収されている税金の使い道はともかく、本当に必要な税金であればガソリン税自体の見直しをするのが本来の姿だと思います。

それは別として、今回の『暫定税率』問題がこれほどクローズアップされたのは、世界的な原油の高騰があったからと思います。もし原油がここまで高騰していなければ、もしかしたら暫定税率もあっさり継続できたのかもしれません。

現在の状況は石油に依存しすぎた私達の生活が招いた物であることは否定できませんが、この原油高騰と最近の穀物市場の高騰が一部の投資家のお金儲けの手段になっていることには憤りと疑問を感じます。原油や穀物を『必要だから買う』のでは無く、『高く売れるから買う』という取引市場の形態。そこで儲けた人は、そのお金で何をしたいのでしょうか?

そんな疑問を持つようになるのも全てはこの『高騰ラッシュ』があったから。私が今まで如何に安穏としていたかを考えさせられました。これは皆が『世界の有り方』と『自分の生き方』を考えるチャンスなのかもしれません。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月28日  ブロッコリーの定植
自家採種のブロッコリー2株とスティックブロッコリー12株を田んぼ横の畑に定植しました。育苗中に既にモンシロチョウが飛来していたので、定植の際にはその卵が無いか確認しながら植えていきます。葉の裏についている小さくて細長い黄色の物体は、恐らく卵ではないかと思うので手で潰しました。

全部植え終えたところで、網戸の網の様な虫除けネットでトンネルを作りました。春蒔きのブロッコリーを作るのは初めて。秋蒔きのブロッコリーでは青虫退治に終われましたが、田んぼが始まるこれからの時期はそんな時間はないでしょう。

卵の取り残しがなければ虫除けネットが効果を発揮してくれる事と信じましょう。明日は同じ手順でキャベツを定植する予定です。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月27日  赤米の籾蒔き
午前中の売店の仕事を終えて大急ぎで帰宅しました。今日は先日芽出しした『紅染めもち』の種籾を撒きました。

種まきには『みくに式種まき機』という機械を使います。機械と言っても種籾を入れた車の付きの箱を手で転がして種を落とすという簡単なものです。機械から落ちる種籾の量はある程度調整できるのですが、ウチの場合は、苗箱一枚辺りの種の量をなるべく少なくして頑丈な苗を作りたいと思っています。

そうすると種籾の量を一番少なく調整しても、まだ多いのです。対策としては、なるべく早く種まき機を転がす事。とても原始的です。

080417


苗箱一枚辺りの種籾は160ccぐらいでしょうか。種を蒔き終えた苗箱は重ねてブルーシートにくるんで家の前に積んでおきます。3日程で土の中から白い芽が出る予定です。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月25日  出た種、出ない種
大きい畑に蒔いておいたマメ科の古い種、大豆とツルありインゲンはほぼ全滅。スナップえんどうとツルなしインゲンは7割ぐらいが芽を出しました。

本当なら小さい畑に移植したい所ですが、連作を嫌うと言うマメ科作物、小さい畑には植える場所がありません。仕方が無いので、芽が出たものは掘り出してポットに移しました。これも田んぼ横の畑に移植する予定です。

田んぼ横の畑には、これからトウモロコシも植えようと思っています。本に寄ればトウモロコシとインゲンは相性がよいと言う事なので、トウモロコシとの混作にしようと思っています。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月24日  発芽成功
朝になって昨夜の種籾を見てみると、上手い具合に揃って発芽していました。もみを破って白い角の様な芽がチョッピリ突き出しています。

このまま種まきをする事も出来るのですが、我が家ではこの種籾を数日間、冷蔵庫で保存します。寒さで種を鍛えようと言うわけです。

その前に種籾の入ったネットを洗濯機に放り込みます。もちろん洗濯するわけではありません。種籾を乾かしたいので、脱水にかけるのです。脱水機にかけた種籾は新聞紙の上に広げて表面を乾かします。それをタオルに包んでビニール袋に入れて冷蔵庫へと移します。

ウチの冷蔵庫は普段は余り食べ物が入っていないのですが、これからは種籾で野菜室まで一杯になります。種籾で一杯になると言うのは、冷蔵庫としては不本意かもしれませんが。。。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月23日  種籾の芽出し
先日水に浸けた赤米『紅染めもち』がポツポツと小さい芽を出しかけています。このまま水に浸けておいても良いのかもしれませんが、発芽をそろえるべく『催芽』と言う作業を行います。

いつもは入浴後の湯船の中に台を作って種籾を入れたネットを置き、一晩おいて発芽させるのですが今回は量が少ないので、発泡スチロールの箱にぬる目のお湯を張って種籾を入れたネットを浸けておきました。

上手く行けば翌朝には揃って発芽しているはずです。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月21日  里芋の定植
雨のため先日敢行出来なかった里芋の植え付けを完了。少し畝が余ってしまいました。この空スペースはどうしましょう???
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月20日  都会人の感覚?
今年初めて下田で行われるアースデイに行く為、久々にバスに乗りました。

吉田君が朝から会場に入って『エッサホイサ堂』の出店をしているのですが、おみずは午前中は直売所の仕事があります。後から車で行く事もできるのですが、出店の為の荷物があるわけでもなく、自分一人の移動のためにガソリンを使うのは『アースデイ』の日にはふさわしくないと思ったのでバスで下田まで行く事にしたのです。

今日は天気が良く、普段車で通っている道もバスの高い座席から見ると、また違う美しさが見つけられた気がしました。

バスは下田駅に到着し、そこから徒歩で会場まで向かいました。すぐに松崎の仲間数人に出会いました。会話の中で、『今日はバスで来たんだ。』と言うと、『バスで来たの?高かったでしょ!』と言う反応。確かにバス代は¥1,160で高いです。金額的に言えば、車で来るガソリン代のほうが安上がりに決まっています。

その後、数人の人と話しましたが一様に同じ反応です。昨夜、吉田君に『私は荷物もないし明日はバスで行くよ。』と言っても同じような反応でしたから、これが当然の反応なのかもしれません。

結局、『今日はアースデイだから。』と言っても、バスでやってきた私の思いを理解する人は一人も居ませんでした。私も普段はバスは使わず、出かける時は当然の様に車を利用してしまいます。地球の事を考える日であるアースデイにはできるだけ車を使わないようにというのは『都会人の感覚』なんでしょうかね。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月18日  最初の塩水選
今年初となる『種籾』の塩水選を行いました。トップバッターは赤米の『紅染めもち』です。

濃い塩水の中に籾を入れて、沈んだ籾を『種籾』として選び出すと言う作業です。

080418


沈んだ種籾は充実しているので良い苗ができると言うことです。選ばれた種籾は約一キロ。これで5畝分の苗を作ることが出来ます。

これをすぐに60度のお湯に5分ほど浸けて消毒します。この辺りでは各地区で日にちを決めて種籾の消毒を行います。その際には薬剤を入れた水を使うそうなので我が家は参加した事はありませんが、その時期になる何処に居ても塩素のニオイが鼻につきます。

温湯消毒を終えた種籾は、芽が出そうになるまで水に浸けておきます。塩水選が始まると、いよいよ今年も田んぼが始まるなぁと言う実感が出てきます。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月17日  里芋の植え付け準備
朝から大きな畑の隅に植えておいた里芋の種芋を掘り出し、田んぼ横の畑にもって行きました。毎年小さな畑で作っていた里芋、スペースの関係で10株ほどしか作れませんでした。里芋は湿気に強いようですし、こちらの畑なら充分な広さが確保できます。

畝幅も去年より広くしてと思いながら畑を耕していたら、雨がポツポツ落ちてきました。それでも負けじと畝までは作りましたが、植え付けを始める前に雨が強くなってしまいました。種芋を畝の端に寝かせて本日は退散です。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月16日  起きろ~!!
RIMG4167.jpg


朝5時すぎから、私達の家に向かって鳴いています。夕方も暗くなる頃まで道路で鳴いています。
私より働き者です。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月15日  ショウガの植え付け
田んぼ横の畑に大ショウガを植えました。我が家では薬味はもちろん料理にも欠かせないショウガですが、それ以外に『ショウガの佃煮』を作るのを毎年楽しみにしています。

この佃煮は新ショウガを使って大量に作り、一年分を冷凍して保存します。これは松崎に来て習った料理です。

自家用に保存しておいた古根ショウガは、少し痛みが出てきてしまいました。夏まで保存できれば助かるのですが、なかなか上手く行きません。新ショウガが取れるのが待ち遠しいです。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月14日  床屋さんの大会に出店
RIMG4166.jpg


農業振興会の仲間の呼びかけで、静岡理容組合の大会に出店しました。場所は沼津の「キラメッセ」
お茶やさん、干物やさん、富士宮やきそば、海産物の店、さつま揚げの店など、にぎやかでした。



吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月13日  カボチャ苗の定植
毎年出来の悪い田んぼがある。去年は散々で、田植え後の稲の根に虫が付いて生育が悪く、結局は小さな穂をつけて終わった。近所のおばあさんの話では、ここの田んぼは昔から良くないそうだ。出来ればこの田んぼは持ち主に返したいところですが、そうすればここも休耕田になることでしょう。

そんな事もあり、この田んぼで今年は野菜を作ってみることにした。広さは5畝程度だが3枚に分かれている。その内の一枚はカボチャとスイカを植える予定。手始めに、今日はカボチャの苗15本を定植しました。

実はカボチャとスイカは初めて作ります。何故今まで作っていなかったかというと、吉田君はカボチャとスイカが嫌いだからです。それでも作ろうと思ったこともありましたが、両方とも場所をとるので結局はやめてしまいました。

今回はこの『場所をとる』という性質を、休耕田防止のために生かそうと思います。田んぼが始まればそちらの作業に追われて畑仕事もままならないでしょうから、こちらの畑ではある程度放任栽培に耐えるであろう作物を育ててみようと思っています。

唯一の心配は、どこまで水を抑えられるかと言う事。田んぼの時期になれば用水路に水が流れてくるし、上の田んぼからも水が染み出してくる恐れがあります。作業をしている最中も、近所の人から『ここで作って水は大丈夫か?』と心配されてしまいました。。。。湿気に強い事も、この畑で栽培する作物には欠かせない条件です。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月10日  今日も雨
今週に入ってから雨の日が多いです。畑の作業を進めたいところですが、この天気では手も足も出ません。。。

そんな訳で、今日もお餅を作っています。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月09日  タタミの湯
吉田君の母が来て一週間になりますが作業に追われてどこへも連れて行ってないので、一泊で土肥温泉の旅館に行く事にしました。と言っても、旅館代金は母のおごりです。。。

この宿のポイントは『全館畳敷き』とのこと。玄関で履物を脱ぐと、ロビーからエレベーターの中まで全て畳です。母は高齢である事に加え一昨年末に骨折した事もあり足が弱っているので、旅館内であれば部屋の外でも靴下のままでよいのが気に入ったようでした。

温泉の浴室から露天風呂の浴槽の中まで畳敷きなのは良かったのですが、少し奮発して予約した部屋付きの露天風呂は思ったより浴槽が深く、母が入るのは少し大変だったのが残念でした。

一人では遠出できないは母が楽しみにしていた温泉旅館での宿泊。松崎に来ても何のもてなしもできていなかったので、やっと念願をかなえる事が出来てちょっとホッとしました。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月06日  やきそば900食
私達の住んでる地域、中川区のお祭り「三聖苑」祭りでした。私の仕事は焼そば係り。

他にも、猪肉のBBQ、猪汁、十勝汁、お汁粉、おにぎり、野菜、苗木の即売、ビンゴ大会などなど。

イベントで焼そばを焼くのは、10数年まえの「はらっぱ」以来。集まったのは10数人の女の人、男は私だけ。朝8時から焼そば焼続けました。一つ100円と言うこともあってか、お客さんが途切れる事無くやってきました。12時前に900食完売。慣れないので大変でしたが、焼そばといっしょに、
「吉田の吉田、エッサホイサ堂」の名前も売ってきました。

RIMG4127.jpg
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月05日  花畑直売会
RIMG4109.jpg

「田んぼを使ったはなばたけ」に出店しました。今回で3回目で、農業振興会の後継者育成部会としての参加です。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月03日  宿敵
小さい畑に何者かの侵入した形跡を発見。昨年の秋にも同じような事が起こったが、同じ『何者』かのようだ。耕して種を蒔いたばかりの土の柔らかい場所を好んで掘り返している。悲しい事に先日発芽したばかりのニンジンも被害に遭いました。

これは本格的に防除する必要がありあそうです。イノシシ避けの柵は設置してあるのですが、何者かは小動物のようなので10センチ目のワイヤーネットは役に立ちません。対策をこうじるまでは小さい畑の種まき作業は休止せざるをえないでしょう。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月01日  間の悪い事
畑での作業中、ちょっと家に戻た時に電話が鳴りました。埼玉に住む吉田君の友人からで、今松崎に来ているとの話です。

あいにく、吉田君は昨日から埼玉に出掛けています。明日には戻って来るのですが、なんと言う間の悪さでしょう。。。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |