08月29日  
大きな畑にいんげんの種を蒔きました。支柱たてが少し面倒ですが、今回は『ツルあり』の種にしました。収穫量も多いし、収穫期間が長いのがポイントです。

小さな畑に蒔かなかったのは、『マメ科』の連作を避けるためです。後で蒔くグリンピースや絹さやの事を考えると、小さな畑にインゲンを作るスペースがないのです。

ついでというわけではありませんが、インゲンの隣に夏みの早稲大根も蒔きました。少しは真面目に畑もやらなくては、我が家の食卓の食材が乏しくなってしまいます。先ずは自分が食べたい物、これがウチの畑の基本です。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
08月26日  畑の復活
赤米が出穂しました。出穂したばかりの穂は小さな白い花を咲かせます。そんな時に田んぼに入ると花が散らせたりして受粉を妨げます。ですから花が咲いている間はヒエ取りもできません。

そんな訳で、畑作業にとりかかりました。今年は田んぼの畑を作った関係で、小さな畑のほうにはナス、トマト、ピーマン、オクラ、サツマイモ位しか作っていません。そのため、空いている部分は草が生え放題になってしまいました。。。

鋸鎌を使って、草の根っこひたすら刈って行きます。夏の暑さはピークを過ぎたと思っていましたが、それでも草刈をしていると汗だくです。

半月もすれば稲刈りが始まり田んぼにかかりきりになるでしょう。畑作業を出来るのは今のうちだけです。秋蒔き野菜もそろそろ種まき時季にきているのですが、まずはこの荒地を畑らしく復活させてからスタートです。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
08月23日  待ちに待った雨
今年の夏は記録的に雨が少なかったのですが、今日はようやく朝から雨が降りました。

畑の作物たちも、これで一息つけることでしょう。まさに恵みの雨です。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
08月21日  夏休み
田んぼも畑も作業は山積みなのですが、今日は思い切って『夏休み』をとりました。松崎に来てもうすぐ3年ですが、初めての海水浴です。売店の仲間のさっちゃんと、お互い『何年振りかしら??』という水着姿で浜辺に繰り出しました。

何処の浜に行こうか悩んだ挙句、『松崎で海水浴をするなら岩地』という地元の人の言葉に従い車で15分ほどの岩地海岸に向かいました。大きな浜ではありませんが、白い砂浜の美しい海岸です。

080821

お盆を過ぎていることもあり浜辺に出ている人は少なく、ゆったりと海水浴を楽しめました。泳ぎは下手なのですが、クロール、平泳ぎ、背泳ぎと、ひと通り『まだ泳げるか』も確認してみました。さっちゃん曰く、『ちゃんと進んでるよ~。(笑)』という事なので、まあそんなレベルですが『泳げる』という事にしておきましょう。

浜辺で休んでいると奥に見える岩場に小学生らしい一団を発見。何があるのかと、私達も岩場まで歩いてみました。岩の上から海を覗くと、そこに小さな青い魚の集団が見えます。海に入って手を伸ばしてみましたが、残念ながら触る事はできませんでした。

岩場から浜を見ると、なんとか浜まで泳いでいけそうな気もします。帽子をかぶったままのさっちゃんに浮き輪を預け、二人で海の中を浜まで行って見ることにしました。水の中に顔を入れて泳いでいると、海の底の景色がどんどん後ろに流れていくのがアドベンチャーな感じで楽しいです。

でも顔を上げると浜はまだまだ先のようです。ちょっと疲れてきたので一休みしようとさっちゃんを呼ぶと、『こっちだよ。』と後ろの方から声がします。その声を聞いて振り返った瞬間、足が海の底についていました。浜は思った以上に遠浅で近かったようです。。。

少し風があったので張り切って持っていったビーチボールでは遊べませんでしたが、浜には船を使った露天風呂もあり、水着のまま温泉を楽しむ事もできました。どちらかといえば、海より温泉につかっている時間のほうが長かった気がします。

久々に、楽しく遊んだ半日でした。さっちゃんと二人、来年はお互いの夫も連れて『夏の海水浴』を恒例行事にしようと盛り上がりました。せっかく海の近くに住んでいるんですから、こんな楽しみも大切にしたいと思います。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
08月19日  終わらない田の草取り
まだ田の草取りは続いています。ここは赤米を植えた田んぼで、一番早い5月の末に田植えをしたところです。

既に2回、田の草取りをしているのですが、まだ草が生えています。最初の草取りで取り残した分があるにしても草が多すぎる気がします。どう考えても、草を取った後にまた新たな草が生えている気がします。

草取りを終えた後の6月の大水で雑草の種が流れ込んできたのか、はたまた田の草取りで田んぼの泥をかき回した為に沈んでいた種が浮いてきたのか、とっても不思議です。

こうして納得がいかないまま、田の草取りは続いています。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
08月17日  今年もスズメの総攻撃
 8月には入ってからずっとスズメの総攻撃に遭っています。昨年も、一昨年も、相当やられました。2年間スズメの為に放棄した田んぼがありました。原因の一つは「早稲」。早く実るとスズメがそこに集中してやって来ます。今年は静岡産の早稲「なつしずか」を残念ですがやめました。静岡のお米だし、さっぱりして、美味しいお米だと私達は今でも思っています。でもズズメに5畝以上被害を受けることを考えると、やめたほうがいいと判断しました。今年は少し遅い「ミルキープリンセス」がウチの一番早いお米ですが、他の田んぼより早いのでやっぱり狙われました。
 アニマルネットを地面から張って、その上からスズメ用のネットをかけましたが、ネットとネットの隙間から入っています、その隙間を所々糸で縛りましたが、その間から入ってきます。入るところがないと集団でネットに乗って、ネットを下げて食べています。悲しくなります。もうミルキーも出来ないのかなど考えてしまいます。スズメの駆除は出来ないそうなのでこれからも続きます。
 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
08月16日  浜辺の花火
松崎の花火大会に行ってきました。ほんの30分くらいの花火大会ですが、浜辺でくつろぎながら、見れるのが、都会の花火大会より良いです。

              RIMG4432.jpg
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
08月15日  ムカデの襲撃
夜、近所のお宅に呼ばれて家の前で小さなバーベキューを楽しんでいた時の事。鎖骨の下にピリッとした痛みを感じ蚊が刺したのかと思って手で叩いた所、足元にムカデを発見しました。ムカデはすぐに姿を消したのですが、痛みの犯人は彼のようです。

ムカデに刺されるとかなり痛いとは聞いていたのですが、おみずは今まで刺された事はありませんでした。とりあえずそこの家主の人に薦められて、なんとかいう薬草の焼酎付けを塗ってみました。確かに火傷をしたようなジリジリとした痛みはありますが、腫れる訳ではないようです。

いっしょに居た人の話では本当に刺されるとかなりの痛さのようですが、ムカデの足が触れた程度だとあまりヒドイ痛みは無いそうです。私の場合はどちらなのかは分かりませんが、焼けるような痛みは2時間ほどで大分ひいてきました。

今年は少ないのですが、ウチの中でもムカデが出ることはよくあります。自然が豊かだということは、それなりの危険もあるという事でしょうか。

追伸 本日『豊コシヒカリ』が出穂しました。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
08月12日  カモの引越し2
ミルキープリンセスの出穂に伴い、アイガモ達の引越しが必要になりました。引越し先は、稲を植えていない田んぼの一画です。そこに吉田君がネットを張って3~4坪ほどの新居を構えました。

午後からその新居にアイガモ達を移動させようと軽トラックに乗って田んぼに行ったのですが、その田んぼにアイガモ達はいませんでした。また脱走したようです。。。

彼らは隣接しているすぐ上の田んぼに入っており、数羽は捕まえて引越しさせましたが、多くのカモは背の高くなった稲に隠れて姿が見えません。吉田君曰く、夕方の餌の時間になれば戻ってくるだろうとのこと。それまで二人で待っていても仕様が無いので、おみずは『新居』の脇の田の草取りに行きました。

おみずが田の草取りをしている最中、吉田君が捕獲したカモ達を運んで何度か現れました。新居のカモがだんだんと増えてゆき、ついに吉田君が『あと2羽!』と声を上げました。

吉田君を待って田の草取りを続けていましたが、そろそろ夕暮れです。田の草取りをする手元が少し薄暗くなりもう帰ろうかと思った矢先、吉田君が最後のカモを抱えて現れました。これで新居に全員集合です。吉田君、お疲れ様でした。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
08月10日  朝紫の出穂
ミルキープリンセスに続き、黒米の『朝紫』も出穂です。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
08月09日  馬の背を分ける夕立ち
田んぼでスズメ避けのネットを張っていると近所の人が通りかかり立ち話になりました。話題は勿論、『降らないねぇ』です。

6月には恐ろしいほどに降った雨なのに、7月早々に梅雨が明けてからというもの、殆ど雨が降っていません。同じ町内でもつい先日、南側では雨のために山の道が通行止めになりました。けれど、この近所ではさっぱりです。

ご近所さんが話すには、先週、1キロほど先では夕立があったそうです。これはいいお湿りだと家に帰ってみたら、家の周りでは雨が降っていなかったと言う事でした。

『夕立は馬の背を分ける』とは、昔の人は上手い事を言うなあと実感しました。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
08月07日  水のある幸せ
水路の水が増えました。昨日、水当番の人と一緒に水路の入り口近くに溜まった砂利を取ったり、一番上の田んぼに大量に流れ込んでいた水を調整したりした効果があったようです。

私達が就農先を松崎に決めた理由の一つは、伊豆の山から潤沢に流れ込む豊かな水でした。ここなら水の心配をしなくて済むと思っていたので、今回のように水不足に悩むとは少しも考えていませんでした。

水当番の人もこんなに雨が降らないのは珍しいといっていました。これで田んぼはなんとかなりそうですが、畑はやっぱり雨が欲しい所です。近所の人との挨拶でも『雨が欲しいね。』が挨拶のようになっています。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
08月06日  ミルキープリンセスの出穂
6月7日田植えの『ミルキープリンセス』が出穂しました。

080806

今年は『なつしずか』の栽培を止めたので、我が家では一番早く収穫される品種です。栽培面積は2反、半分はアイガモ君たちに除草をお願いしています。

稲の順調な生育は嬉しいものですが、出穂に伴い『アイガモ君たちの引越し』と『スズメ対策のネット張り』という仕事が発生します。夏休みはまだ先のようです。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
08月04日  日照りの夏
相変わらず田んぼの水路の水が少なくて、我が家の下のほうの田んぼでは充分に水が行き渡りません。水当番の人に尋ねると、雨が少ないために川の水が減っていて用水路に流れ込んでくる水量が減っているそうです。

川から用水路に流れ込んでくる水は下の田んぼの手前にある分岐点で2方に分かれるのですが、その分岐点から下の田んぼの水が足りません。

水当番の人と相談して、分岐点の水を調整している板を1枚外させてもらいました。もう二十日以上雨が降っていません。今の所は水路の水をやりくりしてなんとかしのいでいますが、このまま雨が降らない日が続いたらどうなるのか心配です。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
08月02日  夏野菜の出荷
今日は土曜日、午前中は直売所のお仕事に出かけます。せっかくですから我が家の野菜たちも納品しようと、今朝収穫した野菜たちを大急ぎで袋詰めしました。

080802

並べてみるとこれが中々、絵になっている気がします。ちょっと嬉しいものですね。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |