01月30日  運転免許の更新
人生で2回目の自動車の運転免許の更新を行いました。

おみずが運転免許を取得したのは33歳の時でした。運動神経が切れている事を自覚している自分としては車の運転をすることは気が進みませんでしたが、農業をするには軽トラックやトラクターを運転する必要が生じる訳で、もし農業を志さなければ運転免許を取る事はなかったでしょう。

埼玉に住んでいる時は電車通勤で、買い物は自転車で充分間に合いました。けれど松崎に来てからは、生活の足としても車を利用する事ようになりました。もちろん自転車で済む場合も有りますが、車の便利さに負けてしまう事も多いのです。

今回からゴールド免許。これからも安全運転を心がけると共に、車に頼りすぎない生活を心がけようと思います。
おみず | トラックバック(0) | page top↑
01月28日  小麦の除草と土寄せ
今日は冷たい西風も無く小春日和。風当たりが強い田んぼの畑での作業には格好のお天気です。田んぼの畑には、麦が蒔いてあります。雑草がちらほらと見えるようになったものですから、除草をかねた土寄せを行いました。

鋤簾を使って麦の脇の土を削りながら根元に寄せてゆきます。軽い作業にも関わらずすぐに汗ばんできて、首に巻いたマフラーを外しました。

半分ほど終わった所で夕方になりました。風が無ければ、明日で全部終わる予定です。
おみず | トラックバック(0) | page top↑
01月26日  おでん
おでんに入る野菜といえば大根とじゃがいも。でも、今日のおでんに入るお芋は『里芋』です。吉田君の母君がおでんに『八つ頭』を入れていたのを真似してのことですが、何故か吉田君の記憶には無いようです。

今日は八つ頭は無かったので、里芋の『親芋』を使いました。里芋も赤目などの品種では親芋も食べますが、白芋の親芋を使いました。普通は白芋の親は硬いと言われて食べないようですが、私には不思議です。硬くないし充分食べられます。

里芋が嫌いだった吉田君も、最近は年のせいで好みが変わったのか里芋を食べてくれます。調子に乗って、この頃はコロッケまで里芋で作るようになりました。

おでんの里芋、なかなか美味です。機会があればお試し下さい。
おみず | トラックバック(0) | page top↑
01月24日  キャベツの初収穫
遅まきながら、この冬初めてキャベツを収穫しました。まだすこし小ぶりです。食べたいのを我慢して、明日のまつざき荘の朝市で販売します。

外葉を何枚か剥いたので、これは自家用。ありがたく頂きます。
おみず | トラックバック(0) | page top↑
01月21日  切干大根
我が家で作った切干大根、結構刻んだつもりでしたが、干し上がってみると思いのほか少なかった。。。大根は沢山有るので、また作りましょう。
おみず | トラックバック(0) | page top↑
01月19日  おニュー
久しぶりに洋服を買いました。しかもスカート。スカートを買うなんて本当に何年振りでしょう。

家に帰って、早速着て見ます。フリース素材のスカートでとても暖かいです。実は、スカートの下はズボンをはいています。このスカートを買った目的は、おうちの中での防寒対策。春まで手放せそうにありません。
おみず | トラックバック(0) | page top↑
01月18日  梅の花が咲き始めました。
裏の梅の花が少し咲き始めました。
この頃西風が穏やかです。

RIMG4654.jpg
吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
01月17日  ♪いい湯だな♪
久々に近くの「かじかの湯」に行きました。

気持ちよかった~。松崎に来て一番良かったのはこれではないかと思うくらいです。
他にも良い所はいっぱいあるのですが、冷えた身体に温泉はなにより幸せな気分になりました。
吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
01月16日  松崎の冬の風物詩  川海苔採り
 川のり採りに行ってきました。すでに数人の年配者が採っていました。松崎でも一番寒い季節、冷たい水の中で海苔を採ります。採った後は、何回も水で洗います。大変な作業です。

 川海苔は全国でも取れる所は少ないようです。松崎の特産品で、気温など条件に拠って採る時期が年によって変わります。販売も春くらいまでです。

 エッサホイサ堂もこの時期、那賀川で採れた川海苔を使った「川海苔餅」を販売します。どうぞ宜しく。


RIMG4653.jpg
吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
01月15日  松崎の冬の風物詩  どんどん焼
     お正月が終わると田んぼなどにこんなのが現れます。

RIMG4641.jpg


 正月飾りなどを燃やす為のもので「どんどん焼」と呼ばれています。うちの吉田区では、早朝燃やす為私達は燃えているのを見た事が一度もありません。写真は岩科区のものです。良く出来ています。燃やすのが勿体ないくらいです。

RIMG4646.jpg
吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
01月14日  
今これ位です。
RIMG4638.jpg

吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
01月13日  立ち話
 蓮台寺にある直売所に納品に行きました。丁度入り口で、松崎に引っ越す前に知り合った人と久しぶりに再会。彼女達とは、松崎に住もうかと考え始めた頃に偶然出会い、薦められました。久しぶりの再会で情報交換。お店の人とも。彼女が関わっている「学校、家以外の、子育て子育ちの場、自分の責任で、自由に遊ぶ  ミニ 遊 VIVA」と言うグループの話を聞いた。どうも下田には児童館が無いらしい。親も地域の人も参加できるようです。面白そうなので、いつか参加したいと思っています。
吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
01月12日  松崎の冬の風物詩  干し大根
 この時期、どこの家も干し大根を作ります。この地区の人は丸のままより、切って干す家が多いようです。この家は三種類ありました。一番大きいのは埼玉では余り見た事が有りませんでした。聞いてみると、「水で戻して、味噌汁に入れるとシャキシャキして美味しい」との事です。西風でしっかり干し、瓶に入れて保存すると夏まで持つそうです。

RIMG4639.jpg
吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
01月11日  川海苔
 まつざき荘の朝市でした。まつざき荘は海のすぐ前です。家では感じませんでしたが、風の強い事、車のドアを開けるのが大変です。後で聞いた話ですが、歩ける内はまだいい方だそうです。海のすぐ側に住むのは素敵ですが、生活するのは大変です。
 おみずが売店の帰り川海苔を頂いてきました。今年もそんな季節になりました。今年は早いようです。おみずは水洗い、私は網戸を外して干す準備。採る手間がなかったので、早く作業が出来ました。Sさん寒い中ご苦労様でした。ありがとうございました。
RIMG4635.jpg
吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
01月10日  ゲーム
夕方、明日のまつざき荘の朝市の準備が一段落した時、双六しようと言う事になって出てきたのがこれです。
RIMG4633.jpg

久々にダイアモンドゲームをしました。おみずは若いので知らなかった様ですが、結局おみずが勝ちました。

RIMG4632.jpg

子供の頃ゲームといえばこんなゲームでした。

しかし私の両親はよく捨てずにとって置いたものです。それを又捨てずに松崎まで持ってくる私も私です、苦労して引越しを手伝ってくれた仲間には内緒です。何時頃の物だろう、45年位前か、おみずが生まれるずっと前という事だ、知らないのも納得できる。箱には任天堂と書かれている。
吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
01月06日  今年最初の精米
いつもお世話になっている共同精米所は今日が仕事始め。我が家も籾摺りをお願いすべく、朝から精米所に出かけました。

精米所のお父さんに『明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。』と挨拶をしたところ、お父さんは手の甲で私のひじの辺りをピシッと打ちました。無言ですが、これが彼流の新年のご挨拶と言う訳です。

この精米所を利用する殆どの人は持ってきた籾を『白米』にするだけなのですが、私の場合、『玄米で出荷するので選別機を使ってほしい。』とか『10キロだけは白米にして。』とか、お父さんに言わせれば細かい注文が多くて面倒だと言うところでしょう。

それでも仕事は丁寧だし、お米についても色々と教えてくれます。とても信頼できるお父さんです。今年も注文は多いでしょうがが、宜しくお願いします。
おみず | トラックバック(0) | page top↑
01月05日  かき餅作り
 昼間おみずにオーブントースターで焼いた、かき餅を貰った。お餅を薄く切って干したらしい。美味しかった。川越にいた頃は、毎年暮れ、のし餅を細かく切って、あられを沢山作りました。私の母はそれを少しの油で時間を掛けて煎ってあられにしていました。何十年も見てきたのに私がやると、膨らみません。先日も同じようにしたつもりが結局上手く出来ませんでした。かきもちか。あられより油を使わないし、囲炉裏とかでも出来る。早速もちを切りました。
RIMG4626.jpg
吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
01月03日  メロディ
 昨夜は、此処に来る前から、来てからもずっとお世話になっている方の所で飲みました。ご夫婦は同世代。酒を飲むうちギターをお願いすると、ギターと、手書きの唄本も持ってきてくれました。コピーなんてあまりない頃、私も書いて写したのを思い出します。その手書きの唄本に書かれていたのはみな拓郎の唄。二人共拓郎のファンで、75年の「妻恋のコンサート」の中に居たらしい。二人で拓郎の唄歌ってくれました。そういえばあの頃はカラオケなんかなくても、誰かがギターを持っていて良く歌いました。久々に聞くフォークギターの弦の響きが心地よかった。
 おみずとすっかり酔っ払いました。帰りは歩いて家まで。何とか無事に生還したと思ったが、翌日障子が一つ外れ、入り口のポストが壊れ、おみずの両膝に痣がありました。
 
吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
01月02日  元旦から餅つき
 昨日の朝のお雑煮作りは、餅を付く事から始めました。付きたての玄米餅を丸めて、畑で採れた野菜の汁と共に頂きました。考えてみたら、53回正月を迎えて初めての事かもしれない、正月から餅をつくなんて。切り餅よりも汁と良く合って美味でした。
 餅を付いたという事は、切らなければなりません。今日は持ちきり、袋詰めです。
RIMG4629.jpg
 大きい畑から撮った家の写真。前に写っているのは「オータムポエム」の花。菜花を撮ろうと思って畑に行きましたが、食べてしまって無かったので、代わりにしました。

 
吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
01月01日  2009年 元旦
090101

本年も宜しくお願いします。
おみず | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |