07月29日  中干し終了
相変わらず天気は不安定、でも刈払い機が復活したので、『田んぼの畑』の草刈に出かけました。

今年の『田んぼの畑』は休耕状態になってしまいました。今年の春に行った水路掃除が功を奏して水路の水量が増えたのか、昨年とは違って入って欲しくない水がガンガンに入ってしまったためです。やはり、ここを畑にするのは諦めるしかないようです。

中干しの間、水がひけるここの草刈をするのが第一の仕事だったのですが、刈払い機の不調のために出遅れてしまいました。ですから大急ぎで草刈をしていたのです。

でも、午後になったら田んぼに水が戻っていました。草刈途中の田んぼの畑も水浸し。中干しは終了したようです。水が戻ったのは田んぼにとっては良い事ですが、今年は複雑な心境です。
おみず | トラックバック(0) | page top↑
07月27日  特定検診
朝から天気が不安定です。草刈に出かけようとしたら雨、でも家に戻ると晴れ。けれど苦労して刈払い機を修理したのだからと、田んぼの周りの草刈りにでかけました。

お昼前、大汗をかいて家に戻り急いでシャワーを浴びます。午後からは町の特定検診にでかけなくてはなりません。この町に来て初めての健康診断です。埼玉での仕事を辞めて以来ですから、4年ぶりぐらいになるでしょうか。

検診の詳しい結果は後日にならないと分かりませんが、ショックだったのは体脂肪が増えていた事よりも身長が2センチも低くなっていた事。体重は普段から計っていましたが、まさか背が低くなっているとは考えても見ませんでした。意外な落とし穴です。
おみず | トラックバック(0) | page top↑
07月26日  刈払い機の応急処置
昨日と同様、午前中は直売所でお仕事。仕事帰りにそのままホームセンターへ直行しました。昨日調べた刈払い機のスロットルワイヤーを購入する為です。売り場をグルグル回り刈払い機の部品があるコーナーを発見、しかし肝心のワイヤーだけが見当たりません。

店員の方に尋ねると、店頭には無く取り寄せになるとの事。『1週間ほどかかりますが、よろしいですか?』と言われましたが、よろしくなくても仕方がないので取り寄せをお願いしました。

とりあえず家に戻り、刈払い機の古いワイヤーを外しておく事にしました。キャブレターに繋がるワイヤーの先端自体が錆び付いており、外すだけでも一仕事でした。潤滑スプレーをガンガンにかけて接合部分の錆を落としラジオペンチで押したり引いたり、ようやく外れたと思った瞬間、チューブに固着していたワイヤーがずるっと動きました。

これはなんとかなるかもと思い、今度はワイヤーチューブの両端に潤滑剤を何度もスプレーし、チューブの端から出ているワイヤーを押したり引いたりと繰り返すうちに、なんどかワイヤーが動くようになって来ました。

外したワイヤーを再び刈払い機に装着、調子はイマイチですが、なんとか動くようになりました。これで1週間を待たずに草刈が出来ると一安心。でも明日は雨の予報。もう夕暮れ時ですが折角直ったのだからと慌てて草刈に出かけました。
おみず | トラックバック(0) | page top↑
07月25日  刈払い機の不調
午後から草刈をしようとしましたが、刈払い機のエンジンがかかりません。以前から調子が悪かったのですが、本格的に駄目なようです。よくよく調べてみると、アクセルを調整するワイヤーが錆び付いて動かない事が分かりました。こうなるとワイヤーを交換しなくてはなりません。

しかし農協は土日がお休み、部品を注文する事すらできません。注文して部品が届くまでも時間がかかるだろうし、他にすぐ注文できる所は無いのかとネットで調べてみました。

すると、意外にも近所にあるチェーン店のホームセンターで扱っている事が分かりました。もう夜なのですぐには買いに行けませんが、明日にでも手に入るのならとても助かります。

中干しになったら草刈をしようと思っていた場所が沢山有ります。刈払い機復活が急務です。
おみず | トラックバック(0) | page top↑
07月24日  虹色トカゲ
『家の中にトカゲがいる。』吉田君に呼ばれて部屋に行き、とても小さなトカゲを捕まえました。いつも家の周りをチョロチョロしている奴の子供のようです。私は奴を『虹色トカゲ』と呼んでいるのですが、一度も捕獲に成功した事がありませんでした。

子供も親とそっくりの虹色の身体をしています。この機会に写真に収めようと吉田君がカメラを取りに行きましたが、写真を撮る前にトカゲは尻尾を切り離して逃げました。慌てて尻尾の短くなったトカゲを捕まえましたが、切れた尻尾は畳の上で動いているし、なんだか可愛そうになってそのまま外に逃がしました。

090724

そのすぐ後、玄関の前でさっきのトカゲとそっくりの彼を発見しました。人差し指ほどの長さも同じ、兄弟でしょうか。前回の反省を踏まえて今度は尻尾をつままずに、ボールに入れて写真に収めました。もちろん、撮影後はすぐに逃がしましたのでご安心下さい。
おみず | トラックバック(0) | page top↑
07月20日  おたんこナス
不思議なナスが採れました。

090720_1

本来は普通のナスなのですが、天狗の鼻の様な突起が一本出ています。こんなのは、初めてです。吉田君に見せた所、風船用の目玉シールを貼ってくれました。

090720_2

『天狗』というより、『おたんこナス』になってしまいました。
おみず | トラックバック(0) | page top↑
07月19日  中干しスタート
お昼に直売所から家に帰る途中、田んぼの横を通ると、水路の水が無くなっていました。どうやら『中干し』が始まったようです。『中干し』とは、稲の成長に合わせて一時的に田んぼの水を切る事です。水当番の人が川に繋がる用水路の水門を閉めるので、周囲の田んぼは一斉に水が無くなります。

水の無い田んぼでは田の草取りが出来ないので、しばらくは不本意ながら田んぼ作業は休まざるを得ません。昨年より4日、一昨年より3日早い中干しの始まり、毎年の事ですが、おみずにとってはちょっと恨めしいのです。
おみず | トラックバック(0) | page top↑
07月18日  大雨の被害
我が家の田んぼは、大きく3箇所に分かれています。昨日まで田の草取りをしていたエリアはカエルが沢山いたのですが、今日草取りをしている場所では不思議とカエルをみかけません。もしかしたら昨日の大雨で流されたのかもしれません。

そういえば昨日までの田んぼでも、大雨の後に3時間ほど田の草取りをしましたが、その時に見かけたカエルは一匹だけでした。田んぼの一画では、水路から溢れた水に流されてきた木の枝や草が一部の稲を倒していた位ですから、水の勢いは相当のものだったと思います。

気になるのは大雨の前の日に見たヤゴ達。羽化の準備に入ろうとしていたのか、稲の葉によじ登っていたのを数匹見かけていました。彼らも流されてしまったのだろうかと考えながら、カエルのいない田んぼで草取りを続けました。

夕暮れ時、気が付くと草取りをしている田んぼの上空をシオカラトンボの大群が舞っています。これは昨日までの田んぼでは見ない光景でした。空が暗くなるにしたがって、彼らは段々と低空飛行になっていくようです。

場所によって田んぼの草の種類も変わりますし、同じように、カエルを見かけないのは単純にそれぞれの田んぼの特徴なのかもしれず、水に流されたのではないのかもしれません。いつの日か、向こうの田んぼでもヤゴが無事に羽化して飛び回る光景が見られる事を願っています。
おみず | トラックバック(0) | page top↑
07月17日  松崎 局地的豪雨
 明け方から雨の音と、風で障子の揺れる音、暫くすると雷が鳴り出しました。これでは作業が出来そうにないので、図書館に行こうと車に乗り田んぼの近くに行くと。
RIMG5032.jpg
 こんな状態でした。ちなみにウチの田んぼは大丈夫でした。どちらにしてもどうする事も出来ません。ただ雨が上がるのを待つしかありません。国道を走っていると消防団の車がやけに多い。一部道路が通行止めになったらしい。帰ってニュースを見ると、伊豆南部局地的豪雨と言っていました。松崎町が一番多く138ミリ。昼過ぎには水は引きましたが、大雨が降ると水路が溢れます。水が豊富な為この地を選びましたが、急に大雨が降るとこうなります。後始末が大変です。水が引いた後この田んぼを見ましたが稲は元気に立っていました。良かった。でもこれが秋の稲刈りの時季だったら。台風、大雨が降らない事を願うばかりです。

吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
07月16日  恐怖の田の草取り
今日も朝から田の草取り。水路脇の一画の田の草取りをしていると、コンクリ畦の上をこちらに向って這って来るヘビに遭遇しました。鮮やかな赤色の体に斑点のある『ヤマカガシ』です。

マムシのように獰猛ではありませんが、危険な毒ヘビです。この上の田んぼの草取りをしていた数日前、同じ場所で見かけたのを思い出しました。田んぼのカエル達を狙っているのかも知れませんが、これでは危なくて草取りができません。

畦道などで出くわした時には人の気配を察知するとスルスルと逃げていくので、こちらの存在をアピールしようと数回手を叩いてみました。すると、こちらに顔を向けたのでこれで逃げていくと思いきや、ググッと頭を上げてまるで威嚇しているような姿勢をとるではありませんか。驚いて再び手を叩くと、更に首を上げて田んぼの中をこちらに向って泳いできたので慌てて数メートルほど下がりました。

田んぼに入ったヤマカガシは別の方向に泳いでいったのでそのまま田の草取りを続けましたが、いつまた出くわすかと気が気ではありませんでした。結局、その後はヤマカガシに会うことはありませんでしたが、今日の田の草取りは命がけでした。
おみず | トラックバック(0) | page top↑
07月15日  胡瓜祭り
 キュウリが毎日沢山採れます。少し油断すると巨大なキュウリになってしまします。という事で毎日食卓に並びます。今日の昼食はキュウリのステーキ風とキュウリの漬物。朝食も毎日キュウリなのでおみずに「またキュウリ~。」と言うと「安心して味噌汁はキュウリじゃないよ。」オリーブオイルで焼いたキュウリは結構いけます。ズッキーニの様です。お試し下さい。
吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
07月14日  大豆の種まき
RIMG5026.jpg

 昨日は大豆の種まきをしました。少し遅いのは私のせいです。ここ数日イヴェントの方に時間を使ってしまった為、おみずの計画が遅くなってしまいました。

 IMG_0236_convert_20090718192022_2.jpg
 エッサホイサ堂で作りました。花輪も作りたかったのですが時間がありませんでした。
 
吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
07月13日  より道売店10周年
 昨日はより道売店の10周年でした。恒例のくじ引き、かき氷、お茶の無料サービス、金魚すくい、カブトムシプレゼント、フーセンプレゼントに加え、今年は10周年という事もあり、エコバックのプレゼント、ジャグリングショー(ポイも)、など盛りだくさんでした。
 今年のスッタッフの一番のイヴェントは「、ヘリウムガスを入れた風船何個で垂れ幕が上がるか?」でした。計算では20個~30個。でもみんな初めてで上がるかどうか不安でした。ガスが高いのでリハーサルは出来ず、ぶっつけ本番となりました。

090712.jpg
        上がりました。皆の顔が嬉しそうでした。良かった。
 天気にも恵まれ、沢山の人で賑わいました。スタッフの皆さんお疲れさまでした。来年は11周年です。何をしましょうか。

IMG_0247_convert_20090718191758.jpg

吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
07月09日  ジャグリングショーもあります。
 夕方、フーセンを捻っていると、大根王子こと伴君が鯖を沢山持って来てくれた。彼は朝漁の手伝いをしています。今日沢山採れたのでしょう。大きさはシシャモ位で鯖にしては可愛いサイズですが数が沢山あったので当分魚には困りません。助かります。じゃがいも、きゅうりの漬物と交換しました。
 彼はジャグリングが上手です。以前より道売店10周年の話をした所、「集落のお祭があるので、時間があれば」と言ってましたが、都合がついたそうで、当日午前はジャグリングが見られます。見に来てください。
吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
07月08日  より道売店10周年
 桜田よりみち売店が今年で10年になるそうです。私達にとって縁の深い店で、4年前まだ松崎に引っ越す前、ここの6周年のイヴェントの時に私はフーセンを捻り、おみずはお店の手伝いをしました。そこから,家の事や、田んぼの事、農業の事など、スタッフの皆さんには今もずっとお世話になっています。

 今年は10周年という事で、フーセンを上げたり、アーチを作ったりします。今週は夜その準備をしています。

 RIMG5018.jpg

         10周年イヴェントは7月12日朝8時から2時頃までです。
吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
07月06日  鉄人おみず
 今朝は激しい雨でした。おみずはそれでも田んぼに出かけて行きました。毎日毎日休まず田の草取りをしています。そのわりに疲れた顔も見せずまさに不死身です。私はあんな雨にあたると溶けてしますので、今日午後からの会議のレジュメを作っていました。お昼頃に雨は上がったのですが、私は会議へ。おみずは田んぼでまた草取り。私が会議から帰ったのが夕方6時過ぎ。おみずにまかせっきりの一日でした。「おみず今度この分取り戻すからね」と心の中で思いました。
吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
07月04日  カエルの初心者マーク
田んぼの生き物観察は、田の草取りの最中の小さな楽しみです。中でもおみずが好きなのは、『おたまじゃくし』と『アマガエル』です。

田の草を取り始めた頃にはよく見かけたおたまじゃくし、いつの間にか手足が生えて最後には尻尾の生えたカエルになりました。これからはカエルの季節です。

新米のカエルたちは身体も小さく、見るからに貧相です。でも、まだ細い稲の葉に掴まるには、ちょうどよい大きさなのかもしれません。

草取りで稲の葉が揺れると慌てて別の稲に飛び移ろうとするのですが、まだジャンプが下手ですぐに水の中に落下してしまいます。それでも泳ぎは上手ですから、すぐに別の稲に泳ぎ着き、『よいしょよいしょ』となれない手足で稲の葉によじ登ります。

今は緑も薄く黄色に近いアマガエル達ですが、稲が黄金色になる頃には鮮やかな緑色に変化します。稲の成長と共にカエル達の成長も楽しみです。
おみず | トラックバック(0) | page top↑
07月03日  気になる所
午前中は日課の田の草取り。午後からは、赤くなり始めた畑のトマトを鳥から守る為、トマトの周りに防鳥糸を張りました。

その前にトマトの周りの除草、ついでに大根とモロヘイヤの周りの除草と土寄せ、インゲンの周りも除草してなどと、ついつい畑の作業に没頭してしまい、午後は田んぼに行かずじまいでした。

我が家は主にお米を販売しているので基本的に『田んぼ優先』なのですが、畑を目の前にしてしまうと『気になる所』があちこちあって放って置けません。、

田んぼも畑も『気になる所』だらけ。先が思いやられます。。。
おみず | トラックバック(0) | page top↑
07月02日  透湿防水
雨なので合羽を着て田んぼに出かけました。『透湿防水』のこの合羽は雨の日の強い見方で、合羽を着ての作業が快適にできます。

ところが予想外に雨がやみ、薄日もさしてきました。今日は除草の為に『田車』を押して歩いていたのですが、蒸し暑くてたまりません。『透湿』機能にも限界があると言う事が分かりました。
おみず | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |