02月28日  津波警報
 チリ地震の影響で津波警報が松崎町にも出ています。避難勧告も、松崎地区、道部、宮内、雲見、石部に出されましたが、避難している人は殆どいないようです。私達が住んでいる「中川区」は海から離れているので津波の影響はありません。
 テレビのニュースに拠ると伊豆半島では、下田で床下浸水があった様です。お昼頃「伊豆急」が運休した模様です。この辺りでは被害は殆ど無いものと予想されますが心配です。
 
吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
02月27日  中川区断水。湧水、井戸に助けられる。
 昨日の大雨の影響か、昼頃から水道水が濁り、その後断水になった。以前一度同じ事があったが、すぐに使えるようになったので「今度も大丈夫と」思っていたら、復旧はなかなかせず、夕方給水車の出動となった。
 私達の借りている家には井戸があるので水には困りません。それに松崎町には湧水が出る所が数箇所あります。水が豊富というのはありがたいことです。世界には水が無くて困っている国が多いのに、大切に使わなくては。
 夜、下田のスパイスドックに行くので途中の湧水を汲んで飲み水にします。色々な水を選べるものも、他所からしたら贅沢かも知れません。
吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
02月26日  味噌作り
明け方までの大雨が、朝には止んでおりました。けれど午後からは再び雨の天気予報です。こんな日は農作業にならないので、心置きなく味噌作りができます。

そうは言っても大豆は戸外にしつらえた釜で煮るので、朝から大急ぎで火を起こしました。ところが、昨晩から水に漬けてあった大豆は思いのほか膨らんでおり用意した釜では一度に煮る事が出来ず、仕方なく2回に分けて煮る事になりました。そのため午後には雨の中、結局は夕方までかかって大豆を煮る羽目になりました。

無肥料栽培大豆の味噌作り2

大豆を煮るのには苦戦しましたが、前回苦労した『煮大豆を潰す』作業では100円ショップで購入した『ポテトマッシャー』と吉田君が大活躍してくれました。

無肥料栽培大豆の味噌作り1

大豆を潰し終えれば、後は麹と塩を混ぜるだけ。夜まで掛かってしまいましたが、ようやく味噌を仕込み終えました。使った大豆は屑大豆ですが、米も豆も自家製の無農薬・無肥料栽培、正真正銘の手前味噌です。

ちなみに仕込みに使っている樽は、昨年の『はらっぱ祭り』で販売された樽酒のお下がり。お世話になったお祭りスタッフの方々にも良い報告が出来るよう、美味しいお味噌が出来上がることを願っています。

無肥料栽培大豆の味噌作り3
おみず | トラックバック(0) | page top↑
02月25日  吉田区の田起こし終了&道路工事も終了
 明日から雨の予報。出来る限り外の作業を今日までに終わらせようと考えていました。吉田区の田起こし、ヘアリーベッチ蒔き、ジャガイモ三種類の植え付け、野菜の種まき一部が終わりました。そして出荷も。
 田んぼの入り口の吉田区に入る道路工事も丁度今日終わりました。いままですれ違いが出来なかった道路も、これからは大丈夫。私達の田んぼが少し狭くなりましたが、便利になりました。
吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
02月24日  巨大かえる
トラクターで田起こしをしている最中に出くわしました。

100224

石のように動かないので、危うく踏み潰してしまう所でした。手の平にのせて余るような大きさには貫禄すら感じますが、茶色に黒のまだら模様がある目玉は宝石みたいに美しいです。

冬眠明けでまどろんでいるのか、突付いても逃げる様子もありません。仕方が無いので隣の休耕田にお引越し願いました。また田植えの時にでも遊びに来てください。
おみず | トラックバック(0) | page top↑
02月23日  ジャガイモの植え付け一回目
 今週はいつもより仕事が沢山控えています。月末のお米の出荷、ジャガイモの植え付け、田起こしなど。出荷の合間を縫って一回目のジャガイモの植え付けをしました。今日植えた品種は、とうや、ワセシロでした。
RIMG5470.jpg
吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
02月21日  幼児は叫ぶ 「食料調達!」
 稲取に住んでいる友人一家が遊びに来た。お昼に天婦羅でもしようと子供二人を連れて「食料調達」に出掛けました。子供達も喜んで協力してくれて「これは食べられる?」「これ、いいんじゃない?」色々持ってきてくれました。家に帰ってから、ふきのとう、明日葉などを天婦羅にしました。食後、野菜を取っていると子供二人も手伝います。近所の人に「何しているの」と話しかけられた子供は「食料調達!」とパワフルに答える。活き活き生きる為には「食料調達」大事です。
吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
02月20日  サトイモは何処だ~。
 昨年おみずが田んぼの一画を畑にし、サトイモを植えました。しかしそこに水が入ってしまい、そのままになっていました。今年はそこを田んぼにする為起こす事になりました。そこで掘らずにいたサトイモを掘る事にしました。今は草ぼうぼうになっていて、何処にサトイモが植えてあるのかは、おみずしか分かりません。
RIMG5464.jpg
 宝探しの様にサトイモを探し掘りました。掘ったサトイモは早速ケンチン汁にして食べました。勿論掘りたては美味でした。
吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
02月20日  ひよ鳥の総攻撃
 この時期鳥が良く鳴いています。庭の柚子、金柑はひよ鳥の格好の餌場になっています。「鳥も食べる物が無いんだ分けてあげよう。」なんて考えていましたが、今日その考えを改めました。
 裏の畑に行ってびっくり! 葉物が鳥の総攻撃に遭っているではないか。
RIMG5458.jpg
 これは芽キャベツです。他にも、のらぼう、ブロッコリーの葉っぱなどやられていました。食べた後の糞から植物の種がいっぱい。広いのでネットを張ることも出来ないので仕方ないです。吉田池の上で蜜柑を作っている先輩に聞くと、相当やられているようです。困ったものです。
吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
02月19日  麹室
前回の麹作りは、とても上手く行きました。でも目標の3kgに僅か100g足りなかったので、また麹を作っています。

無肥料米の麹

写真はおみずの冬用ジャケットを利用した『麹室』。保温性と通気性に優れたジャケットで、前回の麹作りでその能力を開花させました。ポリトロ箱を使って保温するより、上手に麹が作れます。
おみず | トラックバック(0) | page top↑
02月18日  春も近い
RIMG5452.jpg
        那賀川沿いに咲いている桜です。河津桜かな、見頃です。

 夜、これを書いていたら障子の方からカサカサ音がしました。正体は彼。「まだ少し早くない?」と話しかけると、眠いのかシャイなのか「コロコロ」とは言いませんでした。

RIMG5456.jpg
吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
02月17日  怪しい寝床
RIMG5443.jpg

 怪しい、とっても怪しい。朝起きて発見しました。これは何の動物の寝床か?興奮します。おみず何隠しているんだろう?子猫かな?子犬かな?ひよこかな?もしかして子山羊だった嬉しいな!子ロバだったらもっと良い。

 答え 麹

 残念でした。私達より暖かそうな所に居ります。
吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
02月14日  4回目の麹作り
2月も中旬になりますが、まだ味噌作りを終えていません。大豆の準備は出来ているのですが、麹が目標量の3kgに達していない為です。さっさと麹を仕込んでしまえばよいのですが、晴れた日には畑や田んぼの作業を優先してしまいます。

今までは麹の保温に湯たんぽとポリトロ箱を使用していましたが、上手く温度管理が出来ないので今回からはポリトロ箱を止めてみました。湯たんぽを抱かせた麹をバスタオルでぐるぐる巻きにし、更に布団を被せて保温してみました。

これが成功すれば、2月中には味噌を仕込みたいと思うのですが。。。
おみず | トラックバック(0) | page top↑
02月11日  射鬼祭り
 今日は吉田区に伝わるお祭りです。この祭りは、江戸時代から伝わる矢を射り鬼と書かれた的に当てる伝統行事。地域の厄払い、家内安全が祈られます。
 引っ越して4年、初めて矢の飾りを書く事をさせて貰いました。とても嬉しかった。初めは線が細くなってしまいましたが、段々と太く力強い線が書けるようになりました。来年はもっと上手に書きたいと思います。
 
吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
02月10日  今市蕪
大きな畑にかぶの種を蒔きました。『早生今市蕪』という奈良の在来種です。まだ寒いので、今回もビニールトンネルで保温します。

あまりビニール資材は使いたくないのですが、春先の端境期はどうしても野菜が不足します。ですから、4月取りを目標に保温しています。

蕪が太るまでの間引き菜も貴重な食料になります。おみずは蕪本体はもちろん、葉っぱも好きでよく食べます。大根の葉っぱも食べますが、蕪の葉のほうが癖が無く食べやすい気がします。

まだ種を蒔いたばかりで食べる事ばかり考えている自分を可笑しくも感じますが、生きていく上での正しい姿かもしれません。
おみず | トラックバック(0) | page top↑
02月09日  河津桜まだ2分咲き
 伊東から帰る途中河津を通りました。河沿いに店が出ていましたが、人はまだまばらでした。

RIMG5427.jpg
吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
02月08日  おみず生誕祝い 
 旅行に出掛けました。行き先は此処。
RIMG5430.jpg

 伊東です。途中にこんなお店がありました。バリの小物、家具、絵なども売っていました。たしか那須にも似た店がありました。日本人バリ好きなのかな。

 久しぶりの旅行です。二人で行くのは松崎に移り住む前だったと思います。その移り住む前に泊まったのが、ユースホステル三余荘。今住んでいる所から歩いて10分位の所に有ります。長屋門の古い建物でとっても素敵です。

 今回は伊東の旅館に泊まりました。同じ伊豆半島ですが松崎から車で2時間。食べ物、衣料品などのチェーン店があり都会みたい。二人でお酒を沢山飲み、カラオケで絶叫し踊り、ピンポンもしました。久しぶりにゆったり旅気分になりました。滅多に無い事です。

 
吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
02月07日  祭りの準備
 11日この地区のお祭り「射鬼祭り」が行われます。私達は今年から、地区の行事の準備係りの様な役をしています。朝、会場となる神社の掃除に出掛けようとすると、裏の集会所から狼煙が上がっているのが見えました。「掃除の為に火まで炊くのか、流石。」と思いました。行ってみると長老(といっても70半ばです)が一人竹を火にあぶっていました。彼は準備の係りではありません。「もう準備ですか早いですね」と声を掛けると、「当日8時に集まったんじゃあ間に合わない」暫くすると最長老も現れ作業を始めました。彼もまた係りではありません。二人共子供の頃からしている事で「お祭り」というよりは毎年する事なのでしょう。黙々と準備を進めていました。手伝う事も考えましたが、竹で弓、矢を作るのは技術が必要なので私には出来ません。邪魔になってもいけないし。
 さて私達は係り3人は神社の掃除。竹箒で落ち葉を掃きながら、小学校の時の校庭を思い出していました。
吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
02月05日  水仙の間から顔をひょっこり
 RIMG5424.jpg

 ふきのとうが姿を現していました。早速お昼に明日葉と共に天婦羅で頂きました。春の味がしました。
吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
02月04日  大根発芽
今日は立春。でもそれは暦の上の話です。今日も冬の西風が強く吹いていて、暖かい日差しにも寒さを感じます。

そんな中、先月蒔いた大根が発芽しました。寒さを避ける為トンネルにしていますが、発芽までいつもより時間がかかりました。

大根も、芽を出したものの寒さに驚いているだろうと思います。
おみず | トラックバック(0) | page top↑
02月03日  川海苔採り三度
 川海苔の時期もそろそろ終盤ですが、まだ大丈夫そうなので又行きました。さっと採って、家に帰って何回も水で洗います。風が冷たく手が冷えます。すぐに干して乾かします。
RIMG5421.jpg
夕方家の中に入れて、次の日に又外に出して干します。後はフライパンでさっと焙って頂きます。松崎町の冬の名物です。
吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
02月01日  イシモチ。
RIMG5419.jpg
 


 昨日頂きました。食べ方が良く分からないので、刺身にして食べました。余り食べたことの無い食感で美味でした。ネットで調べると、昆布締め、一夜干しなどが美味しいそうです。こんな魚が回ってくるのも此処のいい所です。
吉田君 | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |