02月27日  賑わう河津
 東伊豆に出掛けました。途中河津を通るのですが、河津桜も見頃、そして今日は日曜と言う事で、人と車が一杯。西海岸から向かう車も多かったのですが、東海岸からくる道路は大渋滞で動きません。近々車で来る方はご注意を、河津桜はまだもう少し楽しめると思います。

RIMG0761.jpg
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月23日  観光シーズン到来
 バスで三島に出かけていました。昼過ぎ、松崎町行きのバスを大勢の観光客が待っていました。。修善寺駅でも大勢の人が乗ってきました。河津桜が丁度見頃。ウイークデイですが観光客が増えています。

 河津桜はまだもう少し楽しむことが出来るでしょう。その後3月上旬から松崎町の「田圃を使った花畑」が始まります。那珂川沿いの田圃にワイルドフラワーが一面に咲きます。入場料、駐車料金はかかりません。ぜひこちらも来てください。観光協会会員エッサホイサ堂からのお知らせでした。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月22日  猫が迎えに来た。
 今日軒先に洗濯を干していると、

RIMG0724.jpg


 野良坊が、屋根から家の中を覗き込んでいる。「遊ぼうよ、なんで来ないの?もう始まってるよ」と言う顔をしている。洗濯物を干さなければならないのでを「あとで~」と言っておいた。この遊びいつまで続くのか。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月20日  花畑カフェ 2011 始動
 3月上旬から松崎町の大きなイヴェント「田圃を使った花畑」が始まります。昨年「ウズメの主」の呼び掛けにより花畑の真ん中に「花畑カフェ」を出現させました。そこで数々の出会い、交流があり、楽しい時間を持つ事が出来ました。今年も新たな出会いを求め、花畑カフェやります。乞うご期待。

RIMG5636.jpg

           昨年の花畑カフェの中のエッサホイサ堂
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月18日  野良坊の「ボク降りられないよう」遊び
 先日の事、野良坊が屋根の上に居ました。昨年末、ほかの野良猫に襲われて、両肩に大きな怪我をしたのに良くここまで回復したな。と思って見ていたら。こちらに向かって「ニヤア」と猫なで声で呼ぶ。どうも何か訴えている。よく見ると、下を見てはこちらを見て鳴いている。「そうか降りられないのか」そう思って、裏の梅の木の方に誘導し、手を出すと野良坊は「ウッゴウゴロゴロ」と喉を鳴ら嬉しそうでした。やっぱり降りられなかったのだ。その日は思った。

 所が数日前、また屋根の上でこちらに向かって鳴いている。「また降りられないのに上ったの?」と思って見ていたら、自分から裏の梅の木の方に移動。行ってみると待っているではないか。そうか。屋根に上る、降りられない、人間が降ろしてくれる、と、分かっての行動なのだ。私は彼の一連の動きの中に参加させられているではないか。こっちが遊ばれてる。

 今日、庭の柿の木に全速力で登って行く野良坊の姿を見た。行く先は屋根。この遊びに1日でも早く飽ることを望みます。

RIMG0632.jpg

              屋根の上で待っている野良坊
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月16日  田起こし
 この所天気が悪く、予定が遅れています。今日やっと田お越しが始まりました。田圃を起こしていると、カヤネズミ君が時々姿を見せます。二人で手を休めてしばしカヤネズミの観察をします。私達の楽しみの一つです。
 朝から飛ばし、昼食も交代で取り夕方までに3分の2が終わりました。明日はまた天気が悪そう。続きはいつになるだろう。

RIMG0739.jpg

               道路際を耕すおみず。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月13日  冷え込む松崎町
朝起きたら畑がこんな光景が。

RIMG0730.jpg

               ブロッコリーです。

RIMG0735.jpg

 町の方で聞いたら、昨夜から船原峠で車が滑っていたとか。今日も黄金崎辺りで、車が側溝にはまっているとか、ぶつかっているとか聞きました。バサラ峠も注意が必要とか。年に数回こんな日があります。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月11日  弾ける中年! 吉田区の射鬼祭り
 今日はこの区のお祭り、射鬼祭りでした。あいにくこの日は朝から小雨。私が来てから初めての雨の射鬼祭りとなりました。近所の人に聞くと皆「雨の記憶はほとんど無い」そうです。 この地区は戸数も少なく、高齢者も多い地区です。雨のせいか、参加者はいつもより少ない。
 集合時間に行ってみると、みんなで的や弓矢を作っていました。長老から「やってみるか?」と言われ初めて弓矢を1本作らせて貰いました。5年少し住んで初めての事です。「俺もいつまで出来るか分からないしな」長老はいつもこの地区の後の事を心配しています。でも大丈夫あと10年は出来ますよ。

 さて弓引きですが、小雨の中行われました。私は此処に来て初めて的に矢が当たりました。当たったのは2回、1回目はど真ん中。今年は豊作かな。

 雨の為例年より早めに切り上げ、集会場へ。料理の準備も整い、宴会開始。男の席と女の席と別れていましたが、長老に「女の人凄く楽しそうですね。お酒飲んでるのかな?素面であんなに楽しそうなのかな?」長老が女の人達に「こっちにこらしゃい」。合流後、女の人達は踊りまくり、「カラ」まで飛び出す。誰かが「奥に蓄音機があったはず」と言い レコードプレーヤーが登場。レコードは都はるみの「松崎音頭」。それに合わせてまた踊り始め、その後男の人達も混じり、中年は弾けました。あの弾みは私達や若者たちにあるだろうか?と考えました。参加者は少なかったですが、此処に来て一番楽しい日でした。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月09日  玄米甘酒
もち米の注文を頂いたお客様から『玄米で甘酒って作れるの?』と質問がありました。いつもは白米に赤米の玄米を混ぜたて甘酒を作っていますが、質問に答えるべく玄米で甘酒を作ってみることにしました。

使ったお米は『ミルキープリンセス』。一応うるち米ですが、『低アミロース米』というもち米に近い性質のモチモチした食感のお米なので、甘酒づくりには適当と判断しました。

作り方は普通の甘酒と同様で、おかゆ状に炊いたお米に麹を混ぜて保温するだけです。保温には電気炊飯器を使用しました。

110209

麹は昨日出来上がった自家製、おみずと同じ誕生日です。甘酒は一晩保温して明日の朝には完成予定です。

110209_2

小ぶりのメバルが一匹20円と格安だったので煮つけにしました。一匹は卵入りでした。表情がユーモラスなので吉田君が喜んで写真撮影しましたが、こうしてみると少しグロテスクかもしれません。。。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月08日  四字熟語
 朝日新聞の土曜版「be ランキング」に座右の銘にしたい四字熟語というのが載っていました。

 一位から、一期一会、七転八起、温故知新、一生懸命、質実剛健、誠心誠意、晴耕雨読、家内安全などとありました。十位以下には、大器晩成、質素倹約、諸行無常、真実一路などというのもありました。

 エッサホイサ堂でもやってみました。私は「造反有理」かな。「おみずは?」と聞くと「百花繚乱!」と即答。すぐに「一石二鳥もいいかな。」

 他にも、一攫千金、言語道断、一進一退、抱腹絶倒、自己否定、有機農業、自給自足、自然養鶏、満漢全席、四捨五入、尿管結石、人間国宝、夫婦別姓、最後の方は漢字四字だけになって「こんなの誰が座右にするの」とおみず。でも二人で大爆笑。何もなくても楽しいエッサホイサ堂です。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月07日  川海苔からはんば海苔
 昨夜は家の中が、磯の香りで一杯でした。川海苔を家の中に入れた後、近所の人からはんば海苔を頂きました。今日は朝からはんば海苔洗いで始まりました。この所なんだか漁業をやっているみたいな日々です。はんば海苔を洗っていると、散り始めた梅の花が落ちてくる。風が吹いたら梅の花吹雪が見られるかな。午前中に干しあげました。

 すると夕方、またはんば海苔が届いた。外は暗くなって寒いので台所で洗いました。頂いた量は昨日の2倍。残業となりました。私が洗い、おみずが包丁で刻む係りで作業しました。何故刻んだかと言うと、昼間刻まないで干した物はバラバラになってしまったので、今回は刻んでみてどう違うか確かめるためです。8時過ぎまで掛かり作業は終了しました。

 はんば海苔は高級品と言われています。昼食に生で味噌汁に入れ食べてみましたが、食感の良いわかめの様でした。干して食べるとどんな味になるのか楽しみです。今夜も磯の香りの夜となります。

RIMG0697.jpg
   
               10AM

RIMG0708.jpg

                2PM

RIMG0709.jpg

                8PM
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月06日  今日も川海苔採り
 今日も川海苔を採りに行きました。潮が引いている時期しか出来ませんので、今日も川海苔採りを優先しました。採ったものは、毎年この時期だけ、注文頂いたお客様に送るようにしています。日持ちしないので、この時期だけですが。午前中さっと採ってすぐに水洗いを終え、干しました。
 ニワトリ小屋を見ると、先日作った卵受けに卵が見えました。作って以来、初めて見ました。

  さて、ここで問題です。何故初めてなのでしょう?  答え  おみずが先に見つけて、家に持って来るからです。

RIMG0703.jpg

 この写真を撮った後、野良坊が鳥小屋の屋根からネットと共に落ちてきました。絡まったようだ、情けない。
RIMG0626.jpg
      
                 落ちる前の野良坊。
 

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月05日  今年初めての川海苔採り 
昨日川海苔採りに行きました。 先月2回行きましたが、川の水位が高くて出来ませんでしたが、昨日は大丈夫でした。前の家の釣り名人の言った通り、長靴で入れる水位でした。条件が良いせいか、沢山の町民が川海苔を採っていました。

RIMG0675.jpg


 川海苔を採るのは簡単なのですが、その後洗うのが大変時間がかかります。日暮れ前に干し終わって、少し夕食に食べてみました。

RIMG0687.jpg

 さっと湯通して、お酢と醤油、生姜をかけて食べました。旬の味です。が、干して炙って食べる方が香りも味もいいようです。



吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月04日  モグラの正体
 おみずが、昨日発見したモグラについて調べていました。どうやらモグラの仲間で「日不見」という種類らしい(トガリネズミ目モグラ科)。ヒメヒミズというのもいるらしいが、ヒミズの方が可能性が高い事が分かった。しみずが見つけたのはひみずでした。

RIMG0658.jpg

        
           おみずが一番気に入っているヒミズの写真。
 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月03日  新しい仲間現れる
 昨日の事です。玄関の方で「よしださ~ん」と呼ぶ声がしました。出てみると、野良坊と三毛、ニワトリ達も騒いでいる。おみずを見ると手の中に何か持っている。開けてみると、

RIMG0643.jpg

 モグラでした。凄く小さい、カヤネズミみたい。生きているのを見るのは滅多にありません。二人で観察し写真を撮りました。

RIMG0651.jpg
 
 手は5本指、目はよく分からない、鼻は高ーい、髭がピカピカでおしゃれでした。

 モグラには色々と迷惑をかけられていて、畑にはいつもモグラのトンネルがあります。野菜の種を撒いた後など通られると、腹が立ちます。本来なら迷惑者ですが、庭の被害はまだないので、裏の山の方に逃がしてあげました。おみずはモグラが気に入った様でモグラが去った後も写真ばっかり見てました。楽しい1日でした。


  
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月02日  藁切りロボット おみず一号
 今日は二人とニワトリで藁切りです。私は鎌で切るのが大変なので、草刈り機を使いました。おみずは草刈り鎌一本で切っていました。どう考えても草刈り機が有利です。暫くしておみずを見ると、なんと!凄い効率の良さで切っている。まるで草刈りロボットです。結局二人で同じだけ藁を切りました。おみずのパワー恐るべし。

RIMG0639.jpg
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月01日  
 裏の梅が見頃となりました。毎年大きい梅が生るのですが、昨年は実が付く時期に天候不順で、さっぱり実が付きませんでした。今年は生ってくれるといいな。

RIMG0638.jpg
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |