03月30日  男のお絵かき
RIMG0799.jpg

 花畑に出店しているお店の人達とカンバンつくりをしました。今日集まったのは男ばかり5名の精鋭メンバー。今年初めて会員が集まって一つの店を出すという企画で始まりましたので、「どんなカンバンにするか?」から話が始まりました。最初は「松崎町観光協会売店」などから始まり、最後は「花畑市場」と言う名前に決まりました。一部では「花畑牧場のパクリではないか?」との意見もありましたが、決定。すぐに皆で書き出しました。皆慣れていて早い!話し合いは少々時間がかかりましたが、看板はあっという間に出来上がり、絵をかき、色を塗りました。なんだか学園祭の準備の様でした。皆少し年を取っていますが。でも楽しい作業でした。男達は松崎でも人気のお店の人達です。お菓子や惣菜を作るのも上手ですが、カンバンを作るのも手際がいいです。流石!この看板を是非見たいという人は花畑の「花畑市場」に来て下さい。お待ちしております。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月25日  風の悪戯
RIMG0793.jpg

           洗濯物同志で肩を組んでいるようです。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月24日  明るい不幸者
 松崎の中央のバス停に居たら、知り合いが歩いて来るのが見えました。私「珍しいじゃない歩きなんて」彼「仕事上手くいかない、恋愛上手くいかない、そして車壊れた、おまけに震災の影響でお客さんが減っている。まるで四重苦」と言って笑ってました。その明るさに久々に大笑い。大丈夫、その明るさが明るい未来を照らします。今にいいこと待ってるよ。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月19日  花畑出店1日目
 観光協会のブースに出店しました。観光協会で出店するのは3年目です。以前、農業振興会で出店していた時お世話になりそれを切欠に会員になりました。いつもお世話になっています。
 今日は震災やガソリン不足の影響でお客さんはとても少ないです。初日とあって地元の人や観光関係の人、役場OBらが沢山見に来てくれました。皆一声掛けてくれます。松崎の人の優しさに感謝です。

 お客さんは近くの人が多かったですが、東京方面から来る人も少しいました。皆一様にガソリンの心配をしながら来たようですが、それについては心配ありません。どの人も「満タンに出来るんですね」「並ばなくて良いですね」こちらはガソリン不足はありません。ご心配なく、来て下さい。毎週末、土、日曜日、観光協会は出店しています。雨天は中止です。出店時間は朝9時~午後2時頃までです。

RIMG0792.jpg
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月18日  キャンドルナイト
 松崎町は地震の影響が余りないので、いつもと変わらない暮らしです。でも今夜は輪番停電があります。早めに夕食の準備をして停電に備えました。水もガスも使えるので不便さはありません。被災した人達に比べたら大変良い環境です。蝋燭を灯し、豆腐と野菜の鍋を食べました。松崎の夜はいつも暗いので停電はあまり気になりませんでした。

RIMG0790.jpg
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月15日  静岡でも地震が
 昨日埼玉に行っていました。驚いたのは、ガソリンスタンドの周りの大渋滞。国道16号の片側車線がスタンドの行列で埋まっています。スーパーマーケットも棚は空。お米、トレぺ、飲み物などはありません。松崎ではこんな事ないのに。その殺伐とした雰囲気に圧倒されました。早く松崎に帰りたい。

 朝7時出発。ガソリンスタンドは売り切ればかりでガソリンが心配ですが、松崎のスタンドで「高速道路のスタンドならありますよ」と言われたので、途中で入れるば何とかなるだろうと考えていました。
 
 8時過ぎ、談合坂のサービスエリアに着きました。中央の入り口辺りからガソリンスタンドまで車が並んでいましたが20台位、「大した事はない」と考えていたら、「一台5ℓまで」サア困った。松崎までガソリンは持つか?

 富士山は雪化粧、道路にも雪が。須走で高速道路を降りました。ガソリンスタンドが見えましたが、いつもと変わらない様子。裾野でガソリンを満タンにして、正午無事松崎に着きました。

 夜10時過ぎ地震がありました。松崎町はこの地震の影響はありませんでしたが、私が先程通って来た「富士五湖有料道路(現在無料)」は通行止めになりました。危なかった。
 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月13日  静まり返る下田
 テレビでは震災よりも原発の事故のニュースばかりです。一体どうなっているのか分かりません。ただ、とんでもない事が起こっている様です。

 今日は下田に泊まりに行きました。ホテルの駐車場着いて、出て来たホテルの人を見てびっくり。私達がいつも付けている「風車バッチ」を作った人ではないか!「こんなところで何してるの?」「今は此処で働いてます」久々の再会はお客とホテル従業員となってしまって何か変な感じでした。

 このホテルは部屋から見る景色が素晴らしい。目の前に下田の海が一面に広がっています。地震、津波の心配も少しあるが、海は穏やかで地震があったことさえ忘れます。
 所が、ホテルで他の宿泊者と会う事殆どない。大浴場も一人だけ。次の朝聞いてみると、昨夜の宿泊客は数人だったらしい。そして、今日から暫く閉館すると言う。地震の影響で富士急行が一部区間で不通、下田駅まで運行されないのだ。まして輪番停電の予定もあるので、食事等のサービスに支障が出る事が予想され、お客さんを向かい入れる事が出来ないからだそうです。地震の影響はこんな所にも出ています。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月12日  一夜明けて
 テレビでは昨日の地震、津波のニュースです。東北地方は大変な事になっているようです。外にでて近所の人と地震の被害について話しました。この辺りでは被害なし。良かったです。その後福島の原子力発電所の話になりました。「原子力発電所大丈夫かね?」「この辺も浜岡がすぐそこだから心配だね」私「白い煙が上がってなければ大丈夫と本で読みましたが」伊豆半島は浜岡原発の近く、住民の原発への不安は高いです。

 ここまでは取り越し苦労かと思いましたが、その後福島原発「事象」のニュースが流れました。まさか、まさか・・・・・・。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月11日  激震
実は先週から御年88になる吉田君の母が我が家に遊びに来ています。二人は午後から隣町の直売所に納品に行くため車で出かけました。

おみずは甘酒を仕込むために家に居ました。その時、地震が起こりました。すぐに台所に行きガスの元栓を閉めました。揺れが長いのでこれから大きくなったらどうしようかと思いましたが、しばらくすると治まりました。町内放送が地震の発生を伝え、津波の危険があるのでTVやラジオの情報に注意するようにと呼びかけています。

TVを点けると震源は宮城県沖と分かりました。津波の警戒情報が流れていました。町内放送からサイレンが流れ海寄りの地区名を挙げて避難を呼びかけていました。私達の家は対象地域ではないようでした。

TVで沢山の車が水に流されている映像を見ました。信じられないような光景で、大変な事が起こっていると知りました。吉田君と母は大丈夫か不安になりましたが、地震から1時間ほどして帰宅しました。

彼らは地震には気が付いたものの、さほど揺れを感じなかったようです。点けっぱなしになっているTVの映像を目にした吉田君が『何これ?こんな事になってるの!?』と大きな声を上げました。

時間が経つにつれて関東地方も揺れが大きかったことが分かりました。母の住まいである埼玉の実家に住む兄の家族に電話しましたが、回線が込み合っているためか通じませんでした。

夜、バングラデシュ人の友人が地震を心配して国際電話をかけてくれました。彼は阪神大震災があったときに日本に居ました。その時も『僕に何かできないかな?』と人を気遣う人です。電話の後ろでは子供たちのはしゃぐ声が聞こえていました。子供達に電話を替わってくれましたが、おみずはあまり英語が出来ないので、長くは話せませんでした。

夜遅くに吉田君の兄から電話がありました。会社から公衆電話を使ってかけて来たそうで、実家の無事は確認できました。

津波の警報が解かれないまま一日が終わりました。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月10日  田圃の中に道路?
昨日の不安は的中し、今朝もトラクターのエンジンが掛からない。吉田君は『機械屋さんに連絡しようか?』と言ってくれましたが、とりあえず自分で出来る事を試してからにしようと機械整備の本を開き、工具を持って田圃に出直しました。

実はおみずは昨日少し熱がありました。なので大人しく機械屋さんのお世話になりましたが、幸いに今日は熱も下がり西風も弱まりましたので、自分で修理しようという気持ちになったのです。

昨日の様子だと、機械屋さんはエアー抜きの全ての手順を行っていないように見えたので、機械整備の本にある『手順③ 噴射ノズルのエアー抜き』を試してみました。

噴射ノズルは3本、それぞれのナットを緩めアクセル全開でエンジンをかけるという手順です。1本目は不発、2本目でエンジンが掛かりましたが、念のため3本目も行いました。これでOKかと思いきや、普通にエンジンを掛けたらまたダメ。。。

そこで2本目をもう一度緩めて、今度は少し長くエンジンを回したら回復。その後は軽くエンジンが掛かるようになり危機は脱出しました。残りの作業も順調に進み、今年の緑肥の種まきは無事終了しました。

RIMG0781.jpg

写真はウチの田圃の中に突如出現した道路です。我が家の田圃は那賀川沿いに走る県道横にあり、今年から県道に歩道を作るための工事が行われています。そのため田圃を少し削って用水路を数メートル田圃側に動かすようです。

写真の道路は右手上にある県道から工事車両が田圃に進入するために使われていますが、吉田君はこの道をトラクターで走ることを目論んでいるようです。相変わらずおかしなことを考える人です。

 
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月09日  不安なトラクター
田圃にマメ科植物であるヘアリーベッチの種を蒔きました。田圃の中をぐるぐる歩き回りながら豆まきのように種を撒いてゆきます。種を撒いた後はトラクターで表面の土を軽く混ぜて作業は完了です。

ところが昼食を済ませ午後の作業を始めようとしたところ、トラクターのエンジンが掛からなくなってしまいました。キーを回しても『ドッドッドッドッ』という音が鳴り続けるだけで、エンジンがかかる時の『ブルルンッ』という音に変わりません。

そこで、トラクターの購入先である機械屋さんに来てもらいました。『エンジンのエアー抜き』をしてもらいましたが状況は変わりません。機械屋さんも困った様子でアクセルを全開にして何度もエンジンを掛けようとしています。そして、しばらくするとエンジンが掛かりました。

機械屋さん曰く、原因ははっきりしないがとりあえずエンジンが掛かったし、エンジン音は良好なのでしばらく様子を見てほしいとの事でした。この週末は春の農機具展示会があって機械屋さんが忙しいそうで、問題があればその後に対応する事になりました。

今日は特に冷たい西風が強く吹いており田圃に立っているのも辛かったし、夕暮れ時が迫っていたので、不安はありましたが機械屋さんの言葉に従うことにして帰宅しました。明日どうなるかちょっと心配です。。。
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月07日  働く老婆
RIMG0779.jpg

この人は関東大震災の年に生まれました。今家にいます。仕事は特になし、携帯メールもしません。「余りする事が無いのもいけないかな?」と考えて障子の張り替えをして貰いました。今日のノルマは障子7枚。ちょっと多かったかな?
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月06日  水の中の命の営み
 たまにはニワトリ達にご馳走をあげようと、田圃近くの水路に行きました。水の中を覗くと、色々な生き物が活動していました。かわにな、蛭、どじょう、ミミズ、名前の分からない、蟲、貝など冷たい水の中で暮らしていました。中にはシジミも。以前おみずが田圃の水路で見つけてきましたが、久しぶりに見ました。小さくても逞しく生きていました。

RIMG0774.jpg
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月05日  春~よ来い
 春ももうすぐかと思っていたら、今朝は雪。鳥小屋の屋根も、畑もうっすらと白くなっていました。春はもう少し先の様です。

RIMG0771.jpg

RIMG0773.jpg


吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月01日  河津桜
RIMG0766.jpg

 頂きました。自分の家の山に咲いているそうです。小さくても河津桜です。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |