05月31日  田植えの季節
 あちこちで田植えをする姿が見られるようになりました。

RIMG1990.jpg

 手前がお隣の田んぼ。田植えが終わった様です。隣がエッサホイサ堂の南部小麦。水が入らないか冷や冷やでしたがまだ大丈夫。田んぼに水が入るとじわじわと湿って来るので早く刈らなければ。でももう少し待ちたい。
吉田君 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
05月29日  溝掘り
 この所二人で田んぼの溝を掘り続けています。溝掘りと言うのは、田んぼの周りを掘り、水を廻すためにします。田んぼが大きい1個なら4辺で済みますが、そんな田んぼはありません。エッサホイサ堂の田んぼは20枚もあるのでその四隅掘らなければなりません。全て手作業です。溝掘りは代掻きの前に終わらせなければ意味がありません。エッサホイサ堂の二人は明日も溝を掘り続けます。
吉田君 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
05月27日  麦刈り0、1回目
 一昨日おみずが麦刈りをしていました。昨年南部小麦と交換した花麦です。花麦と言っても食べられるそうなので実験的に少し作ったものです。

RIMG1971.jpg

 刈入れ、脱穀もすごくシンプルなやり方でした。手で刈って、手で実をと採る。まるで原人の様。そういえば、顔も原人に近くなってきた。

 RIMG1975.jpg

 原人の夕ご飯。少し分けて貰いました。雑穀と言う感じで、あまり違和感はありませんでした。


吉田君 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
05月26日  裏田植え
 私の知らない田植えが、エッサホイサ堂の田んぼで行われていました(ガーン!!!!)

 それは昨日の事です。第一回目の田植え終了後、裏の畑の秘密の稲苗を取っていたおみず。「ああ、この苗もあったな。それにしても大きく丈夫に育ったな」と感心し写真を撮った。

RIMG1984.jpg

RIMG1986.jpg

        立派な苗が出来ています。これを1本ずつ植えます。

 埼玉の田圃で2~3回やりました。他にも、千葉鴨川の「大山千枚田」でトラストオーナーの為に苗取だけした事もあります。

 昨夜「あの苗は何時植えるの?♡」と聞きました。すると苗の制作者は「さっき終わったよ」「ゴーン(お寺の鐘の音と思ってね)!!!!、知らなかった!!!。そういえばアイツは暗くなるまで行方をくらましていた。こっそり一人で秘密の田植え楽しんでいたのだ。うかつだった。苗床の苗植えて見たかった。残念」



 
吉田君 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
05月25日  田植え始まる
 2012年の田植えが始まりました。松崎町でも早い方でこの辺りでは一番早い田植えです。

 RIMG1979.jpg

 今日植えたのは、香り米サリークイーンと赤米紅染め糯です。どちらも少量なので2時間強で終わりました。

 次の田植えは6月4日、12日、14日と続く予定です。
吉田君 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
05月24日  田植え機動く。
 明日からいよいよ田植えが始まります。先ず不安なのが田植え機です。中古で買った古い田植え機なので良くトラブルがあります。昨年、一昨年は数メートル動いて止まってしまいました。原因はタンク内に水分が入った為。数年前には、植え付け機のゴムの劣化の為、4条植えが3条植えになった事もありました。今年は無事動きました。明日から田植えです。
吉田君 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
05月23日  鳥達集合
 今日は代掻きです。代掻きするといつも鳥達が集まって来ます。ミミズや虫などエサを発見しやすい為でしょう。今日も、セキレイ、カラス、ツバメ、青い鳥(本名が分からないのでそう呼んでいます)などがやって来ました。しかし今回は大物が。

RIMG1965.jpg

 トンビがやって来ました、初めての事です。何かを狙っているのか、上空から急降下し水面に足をつけています。そして、又上空を旋回しては、水面に足をつけます。トラクターの音も気にならないようです。と言うより早く代掻きしてほしいように見えました。

 トンビの足を見ると、ミミズや小動物ではなさそう。藁か草が目的の様に見えました。家でも作るのかな?

RIMG1968.jpg

            トンビとコンビで動いてる様なおみず。
吉田君 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
05月21日  フェアリーベッチ1個も出ず。
 ここ数年、緑肥、他の草の草押さえとして、フェアリーベッチと言うマメ科の種を撒いています。例年悪くても少しは出るのですが、今年は出ません。例年通り蒔いたのですが。近所の人は「大雨で流されたのでは?」と言ってましたが、原因は分かりません。いつもはベッチの花が咲いてから田お越しをするのですが、今年は出ないのでやっちゃいました。田お越し全て終了。

RIMG5741.jpg

      フェアリーベッチの花。他の草が成長するのを防いでくれます。
吉田君 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
05月20日  堰上げ
今日から田んぼに水が入ります。地区のみんなが集まって、清掃、準備をします。私が最初に行ったのは。

RIMG1953.jpg

 秘密の地下通路? 新しく出来た地下水路です。高さが充分か心配でしたが自称180㎝の私でも余裕です。ここは那賀川に繋がるのですが、最後は狭くなって這って行くのがやっと。那賀川水門に行って開けると、今年も入り口には河砂が詰まっている。若手の方なので、率先して掻き出す。

RIMG1954.jpg

 慣れている人達が川を堰き止めています。私も行きましたが、流れが速くちょっと危険です。川を覗くと、鮎が泳いでいます。相変わらず綺麗な川です。この川ではもうすぐ蛍が見られます。

 水が入ったら田植えの準備です。代掻きを始めなくては。



吉田君 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
05月18日  種蒔き 終了
 今年最後の種蒔きです。蒔いたのは、ミルキープリンセスとミルキークイーン。

RIMG1952.jpg

 種まき機を使いますが、手作業です。毎回微妙に違います。機械を通した後、目で確かめ、修正します。上手に蒔ける様になった頃毎年終了となります。今日で今年の稲の種蒔き全て終了です。
吉田君 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
05月17日  埼玉からのSOS
 埼玉田圃の秀ちゃんから電話があった。稲の種蒔きに失敗した様だ。「イセヒカリの苗が余れば取りに行く」と言う。丁度発芽したイセヒカリの種籾が余っていたので、すぐ送る事にした。少し田植えが遅れるが、何とか間に合うだろう。

 彼は私達が自分の田圃を持つ切欠になった人です。友人を介して彼の田んぼに行った時、「開いてる所有るけどやってみる?」と声を掛けてくれました。それが4月。すぐにおみずと相談し、即日決定。しかし種籾は用意していなかった。これも彼から分けて頂いた。それがイセヒカリだった。それ以来私達はイセヒカリを作り続けている。

 所で、彼は何故失敗いしたのか?私達よりも長くやっているのでどうしてだろう?聞いてみたら、「苗代を作りそこに撒いたら、ヒエばかりだった」苗代を焼かなかった様だ。苗床にヒエの種があったか、何処からか流れて来たか。ただし、ヒエが多くても稲も発芽するはず。種が悪かったのか?

 「何故パレットで無く苗代か?」と聞いたら、「以前君たちがやっていた苗床の苗が良かったから。」確かに苗床で作る苗は大きく育ちます。しかし機械では大き過ぎて植えられないのです。手植えならいいと思います。今でも全部手植えできれば、苗床で稲苗を作りたいと思っています。が今は以前の20倍以上、無理です。

 秀ちゃんの稲作はロマン派と言うか遊び心が一杯です。塩水選は味で決めるし、ドーム型のパレット置場作ったら雀の餌場になったり、「種籾を滝に打たせる」と言って滝に打たせたら、虫だらけになったり、田んぼの隅に蓮の花を植えたら、増えすぎて田んぼが狭くなったり、と。

 田植え、稲刈りはテントを張り、夜はライブもありました。仲間もどんどん増え50人位は居たかな。出会いの場にもなっていました。彼の人柄に依るものです。いつも田んぼに行くのが楽しかった。又行きたいな~。仲間に会えるし、楽しいだろうな~。しかし、現実はとても厳しい状況です。そんな事したら家の田植えが終わらない。
 
吉田君 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
05月14日  種蒔き ③
 今日は当初の計画では、イセヒカリ、豊コシヒカリの種蒔きでしたが、昨日おみずが一人で頑張った結果イセヒカリを終え、豊コシヒカリの種蒔きだけとなりました。余裕で終了。それぞれ畑仕事も出来ました。
吉田君 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
05月13日  東伊豆の海山
 東伊豆の別荘地に行きました。そこから見る景色は鬱蒼とした林、沢山の野鳥が鳴き、眼下には相模湾。西伊豆とはまた違った美しい風景です。しかし・・・・・

RIMG1937.jpg
吉田君 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
05月12日  田お越し三昧
 朝から吉田区の田お越し、昼前から船田区で出張田お越し、と1日中田越しでした。

RIMG1930.jpg
吉田君 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
05月11日  塩水選 ③
 午前中、ミルキープリンセス②とミルキークイーンの塩水選をし、午後は田お越し、畔草刈りをしました。
吉田君 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
05月09日  ニワトリVSネコ2匹 真昼のバトル
 数日前の事です。家の前の畑で「くわ~、くわ~、くわ~かっか」鳥が鳴いていました。

 「なんだろう?」行って見ると、なんと家のニワトリ1羽とネコ2匹が争っている。私が行くと、ネコはすぐに何処かに行きましたが、ニワトリはやたら怒っている。が、私を見つけると、本来の目的は「自由を求めての旅」である事を再確認し、逃走を続ける。すぐに捕まえ、小屋に入れましたが「くわ~、かっかっか、くわ~、くわ~」と大声をあげます。近所の人が「怒っているな」私もそう思いました。そのニワトリは暫く大声で怒っていました。おみずが言うには「あのニワトリはよく大声で怒っているよ、性格がきついんだよね」確かに1羽よく怒っているのが居る。あいつか。

 猫達は小猫の時からよくニワトリ小屋の傍に来ていました。傍でじっとニワトリを眺めていたり、傍で寝ていたり、屋根に上って寝転んだりと、お互い認め合っていました。
 一度だけ小猫が小屋の屋根から落っこち、小屋に入ってしまった時は、ニワトリ4羽の総攻撃に遭い、ひどい目に遭ったのは小猫の方でした。
 ネコにしてみれば、外を鳥が歩いていたのでただ近づいて行っただけなのかもしれません。しかしあのニワトリ強い。裏の畑にがよく出没する動物撃退もしてくれるとなお良い。

RIMG0368.jpg

 
吉田君 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
05月08日  種蒔き ②
 今日は2回目の稲の種蒔きです。今日蒔いたのは、ミルキープリンセス①、喜寿餅、さよむらさき(黒米)3種類でした。
吉田君 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
05月07日  花畑は休耕田ではありません。
「田んぼを使った花畑」も5日で終わりました。花摘みが出来るのは毎年1日~5日までです。今年は連休中に雨が降り摘む人も大変でした。
 さて、花畑ですが、休耕田ではありません。ですから、田圃を花畑に貸している人達はすぐに作業を始めます。

RIMG1921.jpg

 次の日にはこうなります。田植えまで、そう時間はありません。花は草刈り機で刈られ、スタッフ、ボランティアがその花を片付けます。エッサホイサ堂の田んぼは花畑から少し離れています。ここにあったら・・・・。考えてしまいます。此処の田んぼの皆さんの協力で毎年「田んぼを使った花畑」は開催されています。

RIMG1920.jpg

 写真を撮った後頂きました。花は毎年余ります。連休後半でも充分摘めます。
吉田君 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
05月05日  援農
 今年最後の花畑出店です。おみずは売店、で家は留守。にもかかわらず、今年も東京のTさんが麦畑の草取りをしに来てくれました。ありがたい事です。折角なので、稲苗の水やり、おみずの稲苗代に水やりもお願いしました。今日は晴天、苗が乾くのが速いので、凄く助かります。相変わらず人使いの荒い私です。

RIMG1925.jpg

 紅染め糯(赤米)とサリークイーン(香り米)

RIMG1923.jpg

 おみずが実験中の㊙の稲。昨年の収穫後、おみずが発見したもので、○○と○○が合わさっていました。両方の特徴が出たら、大変珍しいお米が出来るはず。こうご期待!

 花畑を少し早めに終りにして、麦畑で合流。我が田んぼながら凄い草。昼食は庭にある野草の天麩羅。Tさんは午後も草を取って宿泊地に帰って行きました。

 ご苦労様でした。大変大変助かりました。

 
吉田君 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
05月04日  一夜明けて
 河津の海岸は上流から流れた木などが打ち上げられていました。

RIMG1914.jpg

 帰宅途中下田の加増野(松崎寄りの所です)辺りでは、田植えが始まっていました。

RIMG1916.jpg

 家の方で今頃田植えをすると、雀の餌場となり垂れていた穂が「ピン」となるのは確実です。この辺りはどうして雀が来ないのかな?でも最近はネットを張っている所が増えて来ています。雀が覚えて来たと言う事でしょう。

 エッサホイサ堂の田植えは5月25日からの予定です。

 
おみず | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
05月03日  伊豆半島東 記録的大雨
 天城山では昨日からの24時間の降水量観測史上最大。伊東市、河津町では合わせて5世帯が自主避難。伊豆スカイラインが土砂崩れの為通行止め。稲取、網代でも降水量が観測史上最大。

 私は納品で、河津、稲取方面に居ました。今日は東京の友人と合流し、河津の山中の古民家に宿泊予定。大雨の中「、果たして辿り着けるか?」と友人と話しながら登りました。道路に山からの水が流れていましたが、何とか到着。遭難者にならなくて良かった。

RIMG1880.jpg
吉田君 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
05月02日  GWウイーク伊豆のお天気
 ただ今(18時30分)大雨、波浪警報が松崎町に出されています。激しい雨は、明日の明方頃まで、雨は夕方頃までは残りそうです。

 その後、9日まではず~と晴れ時々曇り。後半は行楽日和でしょう。伊豆へお出掛けの方、明日はご注意して下さい。

 所で「田んぼを使った花畑」では昨日から花摘みが始まりましたが、生憎の雨。会場が田んぼなので泥んこになるのは必至です。雨は3日夕方まで降りますので、4日は泥んこを覚悟した方が良さそうです。お好きな方はどうぞチャレンジして下さい。花は沢山あります。5日の方がお勧めです。お薦めポイント。大型駐車場から遠い方が綺麗です。
 
おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05月01日  皐月
RIMG1875.jpg

 「腹減った。しかし、この畑、たいした物ねーな~」

RIMG1874.jpg

 「他の所行った方が良さそうだな、スズキさんち行こ」

RIMG1876.jpg

 「見て見て、ホントは結構飛べるんだよ」
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |