03月30日  3月30日
RIMG3244.jpg

              ♪フランシーヌの場合は~♪
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月29日  桜散り始める
 今日は西風が強い。街中を車で走っていると、桜が風で散って行きます。今年は、ぱっと咲いて数日で散って行きそう。人間の為に咲いている訳ではないので、仕方ない。人間はそれを見て、美しさや、ものの哀れをしる。私達は、来年も咲いてくれる環境を残さなければ。フクシマに思いを寄せる。

RIMG3236.jpg
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月27日  桜見頃
RIMG3230.jpg

 田んぼの前、建久寺橋。此処は6キロ続く桜並木の真ん中より少し手前。

RIMG3231.jpg

 松崎寄りの花畑前の桜。この辺りは夜になると、ライトアップもしています。

 今日は花曇りです。ウイークデイにも拘らず、道路は混み合っています。家に居ては気付かないですが、観光シーズンの様です。
 
 

吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月26日  紙が無い!
 今日は天気が良いので、障子を張り替えようと、朝から始めました。障子を外し、剥がし、乾かしました。さて、張ろうかな。と、障子紙の束を開けれ見ると、全て短い。「障子に短し、メモには長し。」これでは下3分の1は空いたままになってしまいます。「それもお洒落かな?。」とちょっと思ったが、ヤメタ。

 障子が無くなったので、6畳と8畳がつながり、開放感一杯になった。が、スースーする。明日はホームセンターに行き、障子を張らなければ。

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
03月25日  花畑出店に付いて
 今年も松崎町の観光の大きなイヴェント「田んぼを使った花畑」が開催されています。
 
 が、エッサホイサ堂は今年は出店しません。

 エッサホイサ堂は、松崎町に移り住んでから、農業振興会会員として、観光協会会員として、並行して、「花畑deカフェ」にも出店して居ました。

 今年出店しない理由は、そのやり方に疑問があるからです。

 私達が移り住んだ1年目は、花畑に売店はありませんでした。そこで私が参加していた、農業振興会後継者育成部会は「松崎町の農業、農産物の宣伝、新規就農者の募集」などを目的に、花畑のはずれの育成部会会員の田圃に、売店を設けました。そこで「新規就農相談窓口」なども設置しました。

 しかし、場所が悪く、お客さんはまばら、結局仲間とお客さんを呼びに行ったりしました。今はいい思い出です。

 その後、足湯の近くに二つのブースが出来ました。一つは産業建設課が主催、農業振興会、振興公社、などが参加するブースと、もう一つは、企画観光課が主催する、観光協会のブース。どちらも出店料はありませんでした。
 そこでは、松崎町の農産物や、手作りの小物、伊豆小石(石に絵を書いた物)の販売や体験コーナー、エッサホイサ堂は写真展、歌声喫茶のグループはコンサート、観光協会はお客さんにアンケートを取り、意見を聞いたりしていました。

 一昨年、観光協会が、試験的に大型駐車場近くの田んぼで、観光協会会員の店「花畑売店」を企画。町内のお店の人に声を掛け、納品して貰い、一つの売店としました。エッサホイサ堂は、毎年出店していたので、一ブース貰いました。

 昨年、観光協会の会長、副会場が変わり、、これまで別だった売店を、統合し大型化する計画を知りました。そこで、全ての会議に出ました。計画は、西伊豆、松崎の出店希望者を集め、一か所に集め、テーブル、イスも設置する。場所は駐車場すぐ下の田圃。西伊豆の3店は河津桜祭りなどに参加している、慣れた人達。1店は、ハンググライダーを飛ばし御菓子を撒いたり、チェーンソーを使った工作など、イヴェントがしたいらしい。
 「花畑で何故?」と質問した所、「客集め」と答えた。お客さんは毎年「花畑」を見る為にやって来ます。私は花畑だけで良いと考えています。毎年お客さんと話します。「綺麗ね。お金を払わなくていいの?」「募金箱は何処。」「河津はお店ばっかりで・・。」「河津みたいにならないと良いね。」

 あくまで一部の意見です。一方では「折角お客さん来ているのだから、お金を使って貰って、町に還元されると良い。」と言う意見もあります。観光の町ですからこれも正論です。

 ですが、花畑は花畑のままの方がいいと思います。イヴェントを企画するのはいいと思いますが、別の場所でやれば済むことです。そうすればイヴェントが増える。わざわざ、お客さんが「花畑」を見に来ている所で、イヴェントをする必要があるのだろうか?そう言い続けました。

すぐに問題が起こった。田圃に観光協会の車など数台を入れ、田んぼの持ち主から苦情が来た。ブースを作ったが、半分ほど余った。搬入の車が、花畑すぐ近くにまで入った為、お客さんから「通れない」という苦情。そして、地場産品だけではなくなった。

 結局観光協会は出店料を取ったにも関わらず、赤字を残して終了し「やって良かった。」予算は松崎町民の税金である。花畑開催に600万円の予算が毎年付いて居る。町民からは「財政が大変なら、もうやめても良い。」との意見もある。「観光活性化を図っている」と言うのが狙いか。

 私が来た頃の花畑はとても綺麗でした。最近は綺麗に咲きません。どうも連作障害の様です。お客さんに来て貰う為には花を綺麗に咲かせる事が、一番大事に考える事です。

 
 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
03月22日  夜明け(チョット後)のスキャット
 朝からおみずが何やら歌っていた。「バ、バ、バ、ダバダバダ、ダバダバダ。」

 私の大好きな映画「男と女」のフランシス・レイのあの曲であった。絵がとっても綺麗な映画で、アヌーク・エーメ良かったな~。

 「朝からボサノバですか。何かいい事でもあったの?」と聞いたら。

 「朝から鼻水が、ダバダバダなの。」こいつはいつもこんな奴だ。私の「男と女」の美しいイメーが・・・・。今後、この曲と鼻水とかぶる事が無い事を祈ろう。

 さて今日の仕事は選別。BGMは、鼻水スキャットから、美しいスキャットへ。 
 「伊集かよ子」のスキャット集 「リビング スキャット エレガンス」

 この人は60年~70年代「スキャットの女王」と呼ばれました。
 初期のネスカフェゴールドブレンドの「ダバダ~」や、11PMの「シャバダバ、シャバダバ」の人です。

RIMG3225.jpg

 ジャケットを見たおみずは「あら!私の二十歳の頃そっくりじゃない。」鼻水が脳まで行って、脳ミソと混ざった様だ。伊集かよ子でも、おみずでも無いようです。この頃は作品のイメージでジャケットも作られていました。

 1曲目は「男と女」それから、クラシック、「ヒロシです。」の「ガラスの部屋」、総て「ダバダ~。」BGMには丁度いい。

 エッサホイサ堂は 今日も平和です。

吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月21日  桜開花情報
 東京では桜が見頃で、早くも花見が始まっているそうですね。松崎には河津桜や、彼岸桜もあるので、桜は何度も見ています。
 松崎町で一番有名な那賀川沿いの桜並木。

RIMG3215.jpg

 まだ3分咲き位です。今日は冷えています。満開までまだ暫くかかりそうです。

 RIMG3217.jpg

 桜並木向かい側にある「田んぼを使った花畑」

 あれ?花が無い。今年も昨年に続き残念な「花畑」になりそうです。

RIMG3216.jpg

 もうすでに、春の観光の目玉「花畑」は開催中です。(5月5日まで開催)
 6種類の花がこれから5月まで順番に咲いて行きます。もう少ししたら、綺麗になるかな?
 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月19日  廻らない風車の不思議
 今朝のニュースで、昨日は各地で、強風、暴風、と伝えていました。看板が飛んだり、交通機関に影響が出たり、沖縄では軽自動車が吹き飛ばされたそうです。

 昨日昼頃、会議の為、東伊豆町に向かっていました。海岸沿いの道路は強風の為、木々が揺れていました。東伊豆の図書館に着いた頃、まだ強風は続いていました。

 東伊豆町には、町営、民間の風力発電施設が稼働しています

 RIMG3209.jpg

 
 激しく揺れる旗の向こうに、CEF(企業名)が作った、奈良本の10基の大型風車が見えました。

 10基一つも動いていない!!   なんで??

RIMG3211.jpg

 左手の方を見ると、町営の風車は廻っている。残念な事に3基の内2基だけ。

 なんで同じ条件なのに1基は動かないの? 不思議だ。

 後から聞いた話に依ると、「1基は亀裂が入って動かないらしい。」

 地上では風速5~8m位。普段天気予報を見ていて、10mを超すことは余りないので、そう感じました。奈良本の別荘地と、町営風車のある所の高低差の違いははっきりは分かりませんが、そんなに変わらない条件にだと思います。

 風は充分吹いているのに、何故被害者の沢山出ている、奈良本の風車は1基も動かないのか理解できません。被害者が出ていない公園内にある町営風車は動いている。風車は余りにも強風が吹くと、安全の為停止するようになっています。基準は諸説ありますが大体風速25m位。でも片方は動かしている。

 CEFの風車が動いていない理由は大きく2つあると考えられます。

 ① 風車を廻すだけの風が吹いていない。
 ② 止めている。

  風力発電は風に依って発電します。企業ならば、風がある日に、休業、点検整備をすると利益を産まないはず。まして風が吹かない所に風力発電所を作ったとしたら、何の為。

 風力発電施設を見学に行ったが、廻っていない。と言う事は良くあります。風任せですから。

 自然を利用したエネルギー。私も期待していますが、現状はこの状態です。

 

 

吉田君 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
03月17日  明日は雨の予報
 畑に植える野菜苗や種まきの準備をしました。

RIMG3202.jpg

 手前にある青い物は、新しく作ったハザ棒置き場。此処で作業していると近所の人が通ります。「良い所に作ったね。」「上手に出来たね。」と声を掛けて通ります。この辺りの人相変わらず褒め上手です。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月16日  鳩は移動していた
 数日前、ハトが居なくなった。と書きましたが、今年畑にした田んぼに居ました。

RIMG3199.jpg

 近づくと、また歩いて逃げる。

RIMG3200.jpg

 鳩は此処だけに居ます。それは、くず米が勿体ないので、それを発酵させた肥料を、おみずが作って蒔いたからです。それは鳩だってやって来る。猫の前に魚を置くようなものだ。近所の人も気が付くと、追い払ってくれているようです。

 おみずは「耕してくれて、糞でもしてくれると良いのだけれど。」と言っているが、余りの美味しさか、地面がそこだけえぐれていました。二人共「まあ仕方ないか。」

 所で、「♪鳩のいない小さな村は♪」と言う歌は、1970年頃聞きました。あの頃は、テレビ、ラジオから、「戦争は知らない」「フランシーヌの場合」「血まみれの鳩」など反戦歌が流れていました。この歌もそうだったようです。子供だったのでよく憶えていませんが。

 調べて見ました。やはり戦争の後、鳩が居なくなったという内容でした。ある人は「今の福島と通じる」と書いていました。確かに。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月15日  ジャガイモの植え付け
 ジャガイモの植え付けをしました。今年植えたのは、紫ジャガイモ、シャドークイーン、とうや、ワセシロ、インカのめざめ。

 終わった後、珍しくおみずと周辺の花見をしました。

RIMG3195.jpg

RIMG3194.jpg

 「吉田」の隣の「船田」の桜。此処は珍しく火の見やぐらがあります。

RIMG3192.jpg

 川を挟んで菜の花畑があります。近くなのに景色が随分違います。

RIMG3185.jpg

 吉田に戻ると、「世界の中心で愛を叫ぶ」の「アキの家」の木蓮。

RIMG3186.jpg

 家の前には桃の花が咲いています。

 松崎町と言えば海がイメージされますが、山里も美しい町です。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月14日  ♪鳩のいない小さな村は♪
RIMG3189.jpg

 あんなにいた鳩の群れは一羽もいなくなりました。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月13日  おみずの真骨頂
 数日前から新しいハザ棒置き場を建設中です。お米総て天日干しなので、棒の数も沢山あります。移動するだけで、数日かかりました。

 RIMG3180.jpg

 いつも棒運びには凄い力を惜しげもなく発揮するおみず。今日もまた。

RIMG3183.jpg

 長柄を担ぎ、畔から畑を通り、畝を跨ぎ、快進撃。

RIMG3184.jpg

 おみずの頑張りで、ハザ棒置き場1号完成。暫くしたら2号を作ります。

 おまけ。 ブログランキング5位から一気に急降下9位になりました。

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月12日  ベストテン 5位
 ブログの、エコロジーランンキング2500の中で5位になりました。いつも読んで下さる皆様ありがとうございます。5位と言いってもたまたまです。いつもは12位~18位か、もっと下に居ますにいます。(最高位は3位)
 
 いつも、つまらない事ばかりですみません。百姓と言ってもまだまだ新米、いつになったら胸張って「百姓です。」と言えるか分かりません。米作りに係わって18年。お米を作り始めて12年。先輩方からすればまだまだヒヨコ。

 何の取柄もない私達が「自分の食べる米位は自分達で作りたい!」と思って、無謀にも米作りを始めました。そんな私達に温かい支援を送って戴いた皆様ありがとうございます。わずか12回しか米を作っていない私達のお米に「美味しい」」と言って下さる皆様方の声援が無ければ、ここまで来る事は出来ませんでした。私達は恵まれています。米を作る事で、良い人達に巡り合う事が出来ました。私達はお米が大好きです!!。ただそれだけです。今年も、頑張って美味しいお米を作りたいと思って、作業を始めています。今後ともご支援宜しくお願い致します。

RIMG3186.jpg

      エッサホイサ堂のある吉田区の今日この頃。

吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月10日  鳥達の春の歌
 先日おみずが「最近うぐいすが良く鳴いてるの。そのうぐいすは、ホーホケキョのケキョを強調して鳴くの」今日私も聞きました。確かに「ケキョ」を強調している。年々成長して上手くなるのだろう。

RIMG3172.jpg

 今日作業中に磯ヒヨドリがやって来た。彼らは人間のすぐ傍までやって来るが、あまり鳴き声を聞いた事は無い。今日は近くに来てしゃべるように鳴いていました。中々の美声。それもそのはずツグミ科の様です。そういえば朝夕沢山の鳥の声を聴くようになりました。日が長くなりました。鳥達が「春だよ~」と言っているようです。ただし、朝早くの「ホーホケキョ」はちょっとつらい。贅沢な悩みですが。

吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月09日  何の花でしょう?
RIMG3165.jpg

 庭で見つけました。花盛りを終えた水仙の傍に咲いていました。

RIMG3164.jpg

           ふきのとうの花です。

 今日は暖かい1日でした。作業はジャガイモの畝つくりでした。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月08日  議会という「ライブ」
 今週は町議会が開かれていました。田起こしで忙しく、中々行く事が出来ませんでした。今朝、選別を終えて、11時頃行って見ました。

 本日最終日、入場者は私1人。此処のライブはいつもこんな状態。演者の数人が振り向く。親しい人には目で合図。資料を見る。一般質問に誰が、どんな質問をしたか。予算の資料に目を通す。

 10分もしないうちに「休憩。」「え!!昼が近いのに休んじゃうの?」「金返せよな~。誰の金でこのステージに立ってんだよ!俺たちの税金だぜ~。」

 休憩前、数人の議員さんと挨拶。休憩後、いつも鋭い質問をする議員さんに「最近質問してないですね。」「若い衆に質問の時間をあげたいので、俺は後にしている。」「たまにはやって下さいよ。」とお願いした。

 今日の議題は予算に付いて。来年度の予算37億以上。この小さい町の何処にそんな金があるのだ。それぞれの予算に付いて議員から質問が。町長、各関係部署の職員が答える。
 すると、先程お願いした議員さんが町長に、予算絡みで町政を批判。町長も当たっているので「その通りです。」質問した議員さんがこっちを振り向いた。お見事!お金を払う価値がある演者だ。そして、12時前に午前の部終了。良い質問をしている人には声を掛けました。

 私は傍聴に時間があれば行くようにしています。農業の事や、松崎町にも計画のある巨大風力発電所の事、景観等の事では、個人では限界があるので議会で取り上げて貰うように働きかけます。

 それ以外でも、コンサートやスポーツ観戦の様に娯楽として見に行きます。「生」なので色々な事が起こります。声が出そうに生る時は良くあります。有る時は、これが採決されたら何か投げようと思った事もありました。そうはなりませんでしたが。勉強になったり、熱くなったり出来ます。皆さんも傍聴お試しあれ。




吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月07日  エッサホイサ堂VS連合軍
 田起こし最終日。朝行くと、昨日の鳩軍団は朝食の最中。

RIMG3157.jpg

 田んぼは鳩だらけ。田起こし、ベッチ蒔きを始めると、鳩の数が増えた!

 そして暫くすると、何種類かの野鳥も起こした田んぼに集まり、連合軍になった。広い田んぼに人間は二人だけ。少数派になった。社民党状態。

 野鳥はすぐ逃げるが、ハトは逃げない。長い棒を頭上にかざすと一目散に逃げる。これはウチのニワトリさんに教えて貰った。上からくるものには弱い。でも旋回してまた戻って来るので、一瞬しか効き目がない。

RIMG3160.jpg

 田起こし終了。晴れてる間に、棒置き場の設置、ジャガイモ植え付けをしなければ。

吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月06日  エッサホイサ堂VS鳩
 田起こし3日目です。時間が掛かっているのは、田んぼが小さく沢山ある事と、一部「ファアリーベッチ」と言う、雑草抑制効果のある草の種を撒いているからです。

 田起こしをしていると鳩の大群が現れました。起こして「ベッチ」を撒いた田んぼに集結して突いている。「あ!もしかして昨年ベッチの芽が出なかったの、こいつらのせいか?」

 おみずが、トラクターのクラクションを鳴らしても動じません。近くに行くと全員で逃げる。ハザ棒を案山子の代わりに建てて見ましたが、この通り。

RIMG3156.jpg

 暫く追いかけっこをしましたが、最後は鳩も慣れて、余裕で歩いて逃げて行く。

RIMG3149.jpg

 余裕の鳩軍団はおみずの傍から離れる事はありませんでした。


吉田君 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
03月05日  田起こし2日目
RIMG3147.jpg

 トラクター好調。今日も快調にトラクターを操るおみず。私は2つ目のハザ棒置き場の撤去作業。風も無く暖かい日でした。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月04日  トラクター始動
 春が近づいて来ています。田起こしを始めました。

RIMG3144.jpg

 おみずはトラクターで田起こし。私はハザ棒置き場の撤去。3分のⅠの田圃終了。これから数日、田起こし、ハザ棒撤去は続きます。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月02日  精米所の引っ越し
 昨日、精米所の引っ越しを手伝いました。何せ、過疎で高齢化の松崎町。機械を動かそうにも、若い人は居ない。この町では、私は農家としては若い方です。いつも玄米を丁寧に作って頂いている。馳せ参じなければ申し訳ない。

 着いたらもう始まっていた。若い人は、自然農をしているSさんだけ。後は70代二人、そして私とご主人。

RIMG3128.jpg

 これらの機械を外に出すのですが、全て人力。

 しかしその70代二人が凄い!!。

 使う道具は、バール、ジャッキ(1個は車に積んであるヤツ)、ワイヤー、鉄パイプ、木端、くらい。バールを使って少しずつ重い機械を動かし、木で作った台に乗せ、下に鉄パイプを敷き、転がしていく。

RIMG3127.jpg

RIMG3129.jpg

 出口は登り坂、正面にある鉄パイプの手すりにワイヤーを掛け引っ張る。先輩方お見事!余り力を使わずに動かしました。力より要領、知恵です。重機やハンドリフトがあれば簡単な作業ですが、知恵とコツでこんな事も出来るんだ。機械が無い時代の先人の暮らしに思いを馳せた。面白かった。いい経験させて貰いました。

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月01日  弥生
RIMG3123.jpg

 ウチの裏の吉田池の桜。河津桜かな?

 今は訪れる人もいません。ひっそりと咲いています。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |