10月31日  1000回
 私が書いたブログが1000回目になりました。エッサホイサ堂の農本日記はおみずが、2006年頃から書き始めました。農本日記がおみずの仕事になっては負担がかかるので、私も1年後位から書きだしました。最初はパソコンが打てなくて、一つ書くのに1時間位掛かりました。やっと書けても消えてしまう事がしばしば。そしてまた書き直す事は何度もありました。

 私が農本日記を書くのは、お客様方に日々の農作業を見て頂きたいからです。皆様が食べているお米はこうやってできているのです。と知ってほしいからです。

 他にもどういう環境、暮らしの中で、農作業しているかも書くようにしています。過疎化、耕作放棄地の増加、小さい町の現状、動植物の事、そして近所付き合いなど、私達が農家として暮らして行く様も伝えたいと思っています。すると、時々「ブログを見たんですけど・・・。」と言う人も現れます。

 此処には耕す土地があります。もしこれを見て「農業をしてみたい。」「私にも出来るんじゃない。」と言う方、見に来て下さい。忙しい時が多いので、事前に連絡頂けて、時間があれば対応いたします。そうじゃなくても、「エッサホイサ堂の田んぼ、畑が見たい。」と言う人もどうぞどうぞ。連絡ください。

 さて、1000回続けられたのは何より、この日記を読んで下さる方のお蔭です。いつも下らない事ばかりですみません。それでも読んで下さる人がいる。ブタでも気に登れるんだ。ブタさんに負けない様にしよう。と書いています。

 此処松崎にはネタが一杯あります。此処には四季折々の風景があり、畑、田圃に行くと色々の、蟲、動物、鳥などに出会います。何時も書く事が一杯です。都会に居たらこんなには書けなかったと思います。それほど色々な出会いや発見がある所です。そしてもう一つ強力なネタが近くにあります。おみずです。あの強烈なキャラクターは滅多に無い、ネタの宝庫です。今後も、農作業の事、暮らしの事、おみずの事など書いて行きます。

 

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月28日  食用ほうずき
RIMG3901.jpg

 数年前「風車の会」の仲間に頂いた。毎年数株作りますが、今年は良く出来ました。味はほんのり甘く、酸っぱい。木の実の様。色は黄色です。

 ヨーロッパで食べられていたもので、最近日本でも、「ストロベリートマト」「フルーツホオズキ」「ほおずきトマト」「オレンジチェリー」「太陽の子」などの名称で販売されているそうです。

 ついでにどんな栄養素があるか調べました。ビタミンA・ビタミンC・鉄分・イノシトールが含まれているそうで、コレステロールの低下、動脈硬化予防、美肌、がん予防、そして老化を遅らせる効果があるとか。

 そうか早速おみずに知らせた。「おみず、食用ホウズキには美肌効果があるらしいぞ。」「これ以上綺麗になってもな・・・・。」何処かで頭を強打したようだ。治るまでそっとして置こう。

吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月26日  W台風
 昨夜選別をしていたら町内放送が。「松崎町からのお知らせです。台風が近づいています。町では、環境改善センターと松崎中学体育館を避難所として・・・・・。」最後はよく聞こえなかったが、災害に備えて、避難所を用意したようです。松崎に住んで8年と少し、初めての事です。
 先日の台風で大きな被害が出た、伊豆大島の事があった為であろう。万が一と言う事も有る。他人ごとではない。災害を身近に感じたよるでした。

 翌朝強い雨が残りましたが、幸い被害はありませんでした。田んぼのハザ掛けもしっかりと立っていました。良かった。雨の為家に閉じこもり、玄米とにらめっこの1日でした。

RIMG3887.jpg

 これは近所の大工さんの田圃。まるで建築物。幾度の台風にも微動だにしませんでした。最強のハザ賭け。

吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月25日  今日も明日も明後日も明々後日も選別
 お蔭様で多数ご注文を頂いています。エッサホイサ堂社員一同嬉しい悲鳴を上げています。ありがとうございます。

 さて、その選別の方法ですが・・・・。

ookome.jpg

米


 電子化の時代に、とてもアナログです。カレンダーの裏にコップ1杯くらいのお米を拡げ、その中から蟲が齧って黒くなった「黒点米」及び、籾、草の種など取り除いて行きます。あくまで手作業です。

 最初は玄米1日2人で10キロ位しか出来ませんでしたが、今は白米ですと30キロ近くまでできるようになりました。

 黒点米は品種によって、多い少ないがあります。以前作っていた「柔小町」は蟲に弱く、黒点米が2割位あり、1日数キロしか出来なく、結局作るのをやめてしましました。

 さて、今週はエッサホイサ堂始まって以来の選別の量。早朝、夜なべで作業です。そろそろ1週刊になりますが、ありがたい事に次々に注文が入ります。

 ただ今頑張って選別中です。お待たせしているお客様、申し訳ありませんがもう暫くお待ちください。



吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月24日  車を買う 3
車を買いました。販売店から帰る時「帰り道ℓ何k位走りますかね?。」と聞いたら「船原峠を越えるので、15k位ですかね?。」
 お店を出た。信号で停止するとエンジンが勝手に止まる。これがアイドリングストップか。しかし松崎は信号が少ない、滅多にアイドリングストップは無いだろう。

 西伊豆のスタンドで給油。此処のスタッフとは仲が良い。いつも色々教えて貰っています。早速「ℓ何キロ位で来ました?。」数値を見ると・・・・。ℓ13、9???  前のと変わんないじゃない?「それ踏み過ぎですよ。」と言われた。エコカーと言っても使い方次第と言う事の様だ。

 さて、あれから1っ月と少し経ちました。買った車は車庫が無いので雨ざらし。廻りは、田んぼ、畑、山だらけ、現在埃だらけ、誰も新車と気づかない。そして燃費は20ℓとなりました。おしまい。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月22日  出荷ラッシュ
 お蔭様で新米のご注文を多数承っております。お米の有名な産地でもなく、こんな小さな農家のお米を選んでいただいて、社員一同(2人)感謝で一杯です。「来年も美味しいお米を作ろう!。」と思ってしまいますが、「今年はまだ終わってないよ!!。」とおみずに突っ込まれうだろう。最後の脱穀まで気を引き締めて行かなければ。

 今週は出来限り農作業を減らし、出荷に力を入れて頑張ります。しかしながら、年間契約のお客様との契約の月末出荷も迫っています。少々お待たせする事も有るかも知れませんが、朝がけ、夜なべで選別しております、ご容赦頂きたくお願い申し上げます。

RIMG3925.jpg

 今年は柿の生り年の様で、松崎では柿がたわわに実っています。家の小さな柿の木も、カラスや野鳥に食べられながらも少し実りました。季節は秋、と言ってもまだまだ作業をすると汗が流れます。台風もまた発生しました。干してある赤米を早く取り込みたいと焦る今日この頃です。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月19日  風船教室
 稲作作業と新米出荷で、朝から晩まで大忙しですが、この日が今年もやって来た。子供たちが待っている、行かねばならない。

 西伊豆のNPO法人「みんなの家」の縁側バザーの中で風船教室をしました。今年で3回目です。

 みんなの家は1995年5月、西伊豆町で最初にできた宅老所です。古い民家を借りてデイサービスをしています。「高齢化率が30%を越える田舎は、実は老人たちによって支えられています。しかしその老人たちは、最後まで田舎に住むことが許されません。都会に住む子どもに引き取られたり、施設入所を余儀なくされて田舎から消えていくのです。田舎のお年寄りを支えることは、結局田舎そのものを支え守っているのです」と代表の方は言っています。
 毎年売上金は、映画の上映会(伊豆には映画館がありません)被災地へのカンパなどをを行っています。今年は人形劇の上映予定。

RIMG3921.jpg

 お店が色々出ています。地元の食べ物、パンを作るコーナー、空き缶つぶし、射的、フリマ、戦争体験パンフの販売、無料のコーナーもありました。総て通所のお年寄りたちが手伝いました。

 さて風船教室は、 若い人が1人、年配の人が1人、それぞれ助手と会計でお手伝いに入って貰いました。最初にしたのは助手の人に風船の空気の入れ方、に練り方を教える事。練習する事10数分。それを見ていた子供、大人が集まりだしました。早速開始。

 小さい子が多い。風船が縛れない。一つ捻るのも大変。そこでお手伝いの大人2人は手を貸す。見ていられないのでしょう。「ちょっと待って下さい。子供が自分の手で作る事が目標です。形の綺麗さにはこだわらなくて良いのです。」言ってしまった。お手伝いの人達は優しさで手を貸すのでしょうが、自分で作る喜びを目標にしています。元保育者の性か。

 さて、子供達を見ると、皆小学校低学年以下。手ちっちゃい。それでも、胸を使い、腕を使い、足を使い、頭を使い、捻る。「手が小さければ体を使えば良い」捻っているうちに、子供達自分で出来る方向を見つける。凄い!「大人みたいに出来ないよ」と言う子はいない。素晴らしい。涙出そう。

 子供達に風船を教えるのは難しい。手も小さいし、年齢によって力能の違う。ではなぜやるか?出来たら嬉しいから。出来なくても楽しいから。私はそう思っています。今年も色々な子共たちに会う事が出来ました。最初は1つも捻れなかった子が、一つ捻れた。「出来たじゃない!。」褒めると満面の笑み。そして2つ目を捻る。帰る時はお母さんに自慢げな顔をして帰って行きました。

 そんな子供達の顔を見る事が出来る。私は幸せ者です。子供達といると毎回そう思います。みんなの家の皆様、お手伝い下さったお2人、参加された、子供達、お母さん、おばあちゃん、みんな、みんな、ありがとうございました。とっても良い日でした。欲を言えば・・・・。捻り足りない!もっと捻りたかった。

RIMG3922.jpg




 

吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月18日  2013年稲刈り終了
 本日今年最後の赤米の稲刈りです。しかし、明日は又雨の予報、干してるもち米の水分も気になる所です。朝稲刈りを始め、すぐに刈取り終了。これを掛ければ稲刈りが終了ですが、もち米の水分が気になります。水分を計る。脱穀可能。刈った稲を置いて、脱穀機を取りに行き、脱穀終了。その後刈った稲のハザ賭け。うす暗くなって終了。今年の稲刈りすべて終了。

 お蔭様で総ての品種を無事刈る事が出来ました。良かった。当たり前の事かもしれませんが、自然相手の仕事、いつ何が起きるか分かりません。お日様や見守ってくれた皆様に感謝で一杯です。

 さて、帰って二人で打ち上げ。すると。

RIMG3914.jpg

 これがやって来た。

RIMG3918.jpg

 少し遠くから見るとよく分かります。

 友人が持って来てくれました。凄い!伊豆は伊勢海老が有名ですが、滅多に見る事はありません。それが何と今日は口に入るのです。生きてて良かった。

 が、その前に温泉に。これもしょちゅうは行けません。貧乏ですから、ささやかな贅沢です。さて、帰って伊勢海老の調理。初めての事で、少し苦戦をしましたが、何とか修了。数年に一度の贅沢をさせて貰いました。くれぐれもいつもこんなの食べて無いですよ。いつもは10円~50円位の雑魚を食べて飢えをしのいで居る生活です。


おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月17日  台風一過
 10年に1度の台風が来ると、ニュースで言っていたので、備えをしました。伊豆に来て10年は経っていないので大きな台風は初めてです。数年前の台風の時、物置のトタン屋根が1枚ずつ全部飛ばされた経験があります。あの時より大きいのが来るのか?。

 庭にある飛びそうな物を片づけました。家にサッシは、お風呂と台所しかないので、雨戸を閉め、隙間は板を打ちつけました。畑の野菜、田圃のハザ賭けはどうする事も出来ないので、運に任すことにしました。

 そして一夜明けました。

RIMG3898.jpg

 ハザ賭けはバッタリ。所々折れていました。被害はこれ位。家の周りにも目立った被害はありませんでした。干してあった稲は雨に濡れ重くなっていましたが、これ位なら良しとするしかない。稲作作業ももう少し。もう台風は来ないで欲しいと願います。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月13日  風のいたずら
近頃とても忙しい。稲刈り、脱穀、新米出荷、他にも、週末の風船教室の準備、はらっぱ祭り、手むすび市の準備などで、盆と正月一緒に来た様な今年最大の忙しさです。

 そんな中、昨日もち米の稲刈をしながら、よせばいいのに、よその田んぼも手伝ってしまった。それについてはまた後日書きます。

 昨日は未明から突風が吹いていました。嫌な予感がした。今日おみずは午前売店で仕事、一人作業です。もち米を刈ろうと田んぼに行くと、道路を挟んだ隣に干してあったサリークイーンは1本も立っていなかった。未明からの風のせいだ。ハザ棒を建てていると隣の人が「此処は風の通り道なの。」聞いていると、田圃を斜めに風が通るらしい。早速斜めに建てました。建て直すのに1時間位掛かりました。さて、一度戻ってバインダーを運ぼうと、田圃の中を通って行くと、今度はイセヒカリの一部が倒れていた。これも未明の風のせい。また建て直す。結局午前は風のいたずらで建て直し作業で終わりました。ああしんどい。

 さて午後からはおみずも参戦。稲刈り作業は快調に進みましたが、風は相変わらず強い。もち米を刈り終わったら、又サリークイーンが倒れた。サリーちゃんはノッポなので風をもろに受ける。ミルキープリンセスの様に干した時つんつるてんだと倒れにくいのだが。刈ったばかりのもち米を一部干し、サリーを二人で立て直す。終わって餅米田んぼに戻ったら、今干したばかりのハザ賭けが倒されていました。これも風の悪戯。「七転び八起き?」今日何回倒れるんだろう?

 余りの風の強さに「もう掛けても無駄。」と判断しました。この辺りでは夕方までに稲を刈って、翌日干す。と言う事が良くあります。千葉、埼玉では「刈ったらすぐに干す。」が鉄則でした。ここ伊豆では西風が強いせいでしょうか?米作りを始めて初となる翌日干しにする事になりました。今日1日風の悪戯に翻弄されました。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月12日  第25回武蔵野はらっぱ祭り 出店
 今年も「はらっぱ祭り」に出店します。私は立ち上げから参加しているので、出来る限り参加したいと思っています。

 今年は11月2日(土)~3日(日)です。

会場は都立武蔵野公園、くじら山下はらっぱ。最寄駅はJR中央線武蔵小金井。そこから徒歩かバスでおいで下さい。開催時間は10時から20時まで。夜は真っ暗になるので、私達は暗くなる前に閉店します。

 昨年はエッサホイサ堂のお客様も来られ、手作りの食べ物、飲み物などを持ち寄り、初めての人同士で食についての情報交換などされていて、さながら「サロン」の様でした。私達も予想しなかった事ですが、大変興味深く、食を通して知らない人とも交流できる、これは凄い事だと思いました。

 今年も通り掛かったら、お立ち寄り下さい。狭い所ですが、スペースを開けてお待ちしております。

RIMG2899.jpg

RIMG0381.jpg






 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月11日  ミルキークイーン完売御礼
 お蔭様で、ミルキークイーンが完売となりました。これでうるち米は、豊コシヒカリ、イセヒカリの2品種となりました。ご予約お待ちしております。

RIMG3870.jpg
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月10日  イセヒカリ稲刈り
 夜から未明にかけて雨が降った様ですが、朝から秋晴れとなりました。今日はイセヒカリの稲刈りです。
RIMG3880.jpg

今日は「森のカフェ」のエージ&コユキが2回目の援農。慣れた物でサッサと4隅を刈って行く。もう、まかせっきりでです。私達はバインダーを動かし、ハザ棒を運ぶ。作業はどんどん進んで行きます。昼食後も作業は順調に進んで行きます。エージ君にハザ棒の建て方を教える。彼は器用なので、これで来年はハザ棒建ても任せる事が出来る。

RIMG3886.jpg

 隣の建久寺区から長柄を担いで運んでくるエージ。頼もしい。そして、いつもながら似合いすぎ。

 夕方まで3枚終了。森のカフェのお二人、1日ありがとうございました。とても助かりました。来年の田植えは5月下旬からです。またの御越しお待ちしております。

吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月09日  サリークイーン稲刈り
 秋の天気は分からない。昨日の予報では今日は雨であったが、降っていない。サリークイーンの稲刈をしました。

RIMG3871.jpg

 サリークイーンは香り米、インディカ米と日本晴れを合わせた日本の長粒米です。日本晴れが入っているので、本来の長粒米より短めで、香りも強くはありません。でも、サリークイーンを炊いていると、台所中ポップコーンのような匂いがし、慣れて来ると玄関でも「あ!今日はサリーだ。」と分かります。

 サリークイーンはスラット背が高く、稲を刈っていても日本のお米とは少し違います。バインダーも長く重い稲に少々戸惑っていた様です。稲束も背が高いので、掛けるのが大変です。空は曇り空、午後から雨の予報が出ています。作業を急ぎます。午後2時前作業終了。直後雨となりました。明日はリトルハートの二人とイセヒカリの稲刈り予定です。

吉田君 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
10月08日  秋の空との戦い 2
 今日は晴れ。昨日まで雨の予報が出ていた。昨日3人で田んぼの中を走り廻っていたのは何だったんだ。秋の天気は分からん。

 昨夜まで「明日は雨だから少し休めるかな?今日頑張ったし。」と思っていましたが働く事になった。ましてや、明日の天気予報は「雨」明日の分も働かなくては。

 おみずは畑。私は田んぼでハザ棒の片づけ。隣の田んぼに脱穀機が見えました。「明日は雨だもんな。今日片づけたいよね。」と米を作っている人は皆思う。

 所が脱穀機の音が聴こえない。「??。」少しして隣の人がやって来た。「脱穀機が動かないんだけど。貴方達やってくれない?。」これは大変だ。今日中にやらなければ明日は雨だ。昨日に引き続き、田んぼの中を走っておみずに知らせる。私達の選択は、当然「脱穀優先。」ウチの畑、田圃は後でもできる。

 午前10時、家に戻って脱穀機をトラックに乗せ緊急出動。が、「とりあえずお茶でも。」4人でお茶。12時前に2枚終了。お弁当を頂きながら情報交換。昔の生活、農業などに付いていろいろ教えて貰い、貴重な時間でした。午後、後2枚あると思っていた田圃は1枚だった。余裕で終わる。何より、いつも2人なのに今日は4人、仕事はどんどん捗る。

 午後2時過ぎ脱穀終了。天気は持った。良かった。終わった後はハザ棒片付け、畑仕事。昨日から天気を気にして走り回り疲れた。明日は雨の予報。明日こそ少し休めるかな?
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月07日  秋の空との戦い
 今朝は曇り。午前中雨の予報も出ている、そして台風の動きも気になる。雨が降らなければ、豊コシヒカリの脱穀をしてしまいたい。でも、全てお天気次第気持ちは焦ります。

 朝一番で精米所へ。途中の道々田圃を見ると、何処も人が沢山出ている。皆、台風が来る前に作業したいのは同じだ。

 今日は近くに住んでいる友人が「手伝いたい。」と言って来てくれました。今日は休みだそうで、黒米の稲刈りをお願いしました。

 彼が現れると、バサラ峠の方が晴れて来た。風はいつもと反対に東から吹いている。「いいぞもっと吹け。」これはさながら神風。

 稲刈りは彼に任せて、私達は脱穀を開始。四隅刈りが終わった、彼も加わり3人で脱穀。いつもより相当早い。天気は曇ったり晴れたり。午前豊コシヒカリの脱穀2枚終了。3人で脱穀した米を運ぶ。私は1輪車を使うが、彼は米袋を肩に担いで運ぶ。以前来た中国の「パンさん」以来のパワーの持ち主。3人で米をトラックに積み家に。家の米貯蔵庫(玄関ですけど)に運び積み上げる。ここでも彼のパワー炸裂。天井まで積み上げてくれました。

 昼食後は晴れ。彼にバインダーの使い方を教え稲刈りの続きをして貰いました。私達は残った脱穀。午後2時過ぎ、3人で脱穀した稲を運んで居ると、「ポツリ、ポツリ。」遂に雨が降ってきた。急いで家に行きまた米を積み上げる。「今日はここまでかな?。」田んぼに戻り機械にシートを掛けていると雨はやんだ。ハザ棒を建て、刈った黒米を3人で急いで掛ける。少しして、黒米ハザ掛け完了。空を見上げるとまた晴れてる。天気に勝った!。今回大活躍の友人はその後アユ釣りに出かけました。Hさん、脱穀、手刈り、機械刈り、米運びと、1日ありがとうございました。大変助かりました。またの御越しお待ちしております。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月05日  車を買う 2
 車屋さんから「希望に沿った車が入った。」と連絡があった。早速見に行きました。先日鍼灸師のさっちゃんに詳しいプレゼンを受けたので、大体の事は分かっていた。

 車を見た後説明がありました。「車本体に付いて居ない物があります。」さっちゃんから聞いてこれも分かっていた。

 「一つはカーステレオです。」これもさっちゃんのアドバイスで作戦を練ってある。結局中古をサービスしてもらう事になった。

 「それと、フロアーマットも別売りです。」これも作戦通りサービス。

 これで終わりかと思ったら、「ドアバイザー(窓の上に付いて居る雨避け)も別売りです。」
「ええ!!。」今まで乗っていた車には皆付いていたので、標準装備と思っていた。結局これもサービスで付けてもらいました。

 「さて次はなんだ?。」「実はハンドルも別売りなんですけど・・・。」と言われたらどうしよう。

 さすがにそれは無かった。買う事に決まりました。

 車を買い換えようと思ったのは、燃費。今の車はターボ車なので燃費が悪い。最近の車は低燃費である。今度の車は1ℓ28、8走ると言うのが売りです。これからはガソリン代が節約できるのかな。

RIMG3868.jpg
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月03日  ヒヨコになる日 2
 今日は先日私が刈った、近所の田んぼの脱穀です。今日はおみずも居る、ヒヨコが2羽。朝、1羽のヒヨコは、残った豊コシヒカリの稲刈りに。もう1羽のヒヨコは、粗相があってはいけないと脱穀機の点検。

RIMG3866.jpg

 10時干してある稲の水分を計り、脱穀決定。ヒヨコは11時過ぎに昼食を済ませ、時が来るのを待ちました。12時少し前家をでました。田圃には近所の人が5人、今か今かと待ち構えています。

 直ぐに始める。集まった5人集、仕事早い!!皆次々と稲束を運び、棒を片付けて行く。うっかりすると、これから脱穀する稲のハザ棒も無くなっている。脱穀機を動かすヒヨコ2羽の周りには、稲束を運ぶ人、獲れた米を運ぶ人、棒を運ぶ人、残った藁を運ぶ人、入り乱れて行き交う。田んぼはまるでスクランブル交差点状態。前に人が居ないか慎重に確認しながら進みました。
 だって、もしものことがあったら「田んぼで機械の下敷きに!。」などと新聞に書かれるだろうし、近所では3代先まで言われるだろう。それはそれは気を使いました。

 さて、2時間弱で終了。作業が終わった田圃は、機械も、米も、ハザ棒も、藁も、落穂1本、ネズミ1匹居ないシンとした田圃に変わっていました。

 ネズミと言えば、此処の田圃稲の間から、カヤネズミの巣が5,6個出て来ました。

RIMG3867.jpg

 無農薬の田んぼだからでしょう。エッサホイサ堂の田んぼでも良く見かけますが、田お越しの5月以来見ていません。また会いたいな。

 今年のヒヨコになる日終了。ホッとしたのも束の間「また来年もお願いしますと。」言われた。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月02日  ミンミンゼミも鳴く 
 今日も晴れてると思ったら、雨も降る朝。天気予報は晴れなので、豊コシヒカリの稲刈りを始めました。午前は曇って凄い湿度、汗が流れ出ます。BGMは「ミーンミンミンミー。」蝉の声と、「ギャー、ギャー。」サギの叫び。タイ、インドより暑く感じる10月です。

RIMG3865.jpg



 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月01日  つくつく法師の鳴く10月
 今日から10月。今年も後3か月となりました。世間では衣替え。私はまだTシャツ生活。今月下旬まではTシャツで過ごすつもりです。

 さて今朝、ツクツクボウシが鳴いていました。調べて見たら、九州などでは10月上旬も鳴くそうですが、この辺りも九州並みの暖かさになっているのでしょうか。

 今日は雨、晴れ、曇り、雨、晴れと、変わりやすい天気です。夕方から豊コシヒカリの稲刈りの準備をしました。明日は豊コシヒカリの2回目の稲刈りです。

RIMG3855.jpg

 道の駅、花の三聖苑裏の河原。此処も曼珠沙華で一杯です。

吉田君 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |