12月31日  大晦日
 昨夜は稲取に泊まり。昨夜搗いた玄米餅を、稲取のお客さんと友人の家に届けました。お客さんからは、手作りのパンを頂きました。物々交換、嬉しい。帰って、食べたら懐かしい味がしました。そう、ギリシャで食べてたパンの味。外はパリッ、中もしっかりとしていました。久しぶりに美味しいパンが頂けました。ありがとうございました。

 さて帰って着替えていたら、友人がお客さんを連れて来てくれた。都会にいる妹さんでした。お米、小麦粉を買って戴いた。帰る時「何故Tシャツなんですか?。」と聞かれた。今日は大晦日、確かにTシャツ1枚の人は他に居ないだろう。相変わらず薄着な私です。

 さて皆様には今年も大変お世話になりました。皆様はどんな年だったでしょう?エッサホイサ堂はお蔭様で笑顔の多い年でした。皆様が来年も良い年でありますように。

 エッサホイサ堂。清水直美、吉田猛
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月30日  餅つき大会
 今年も稲取での恒例の「餅つき大会」」が開かれました。今年は家主のお母さんがセミリタイヤ。主力メンバーの、河津の肉月さんも仕事で来れない。元〇〇隊のランボーKさんも足を痛めている。今年は仕事が一杯。私は、蒸し担当補佐、搗き、かえし、おみずは、かえし、つぶし。

 さて今年も玄米餅を搗きました。玄米を持ちにするのは大変です。つぶしを丁寧にしますが、中々潰れない、潰している間に疲れてしまう。しかし手で搗いた玄米餅はすこぶる上手い。だから無理しても搗きます。

 玄米のかえしをすると、ねっとりとした餅が手に着きます。それが中々取れない。今日写真を撮るのは無理でした。

 さて今年は、マレーシアからの女の人も参加。餅つき初体験。最初はへっぴり腰でしたが、最後は粗全部搗一人で搗く位になりました。会話は英語と日本語でしたが、作業を一緒にすると言葉の壁は無くなります。楽しかったようで写真を沢山採っていました。餅を丸めながら、ハート型を作ったり、最後は杵とのし棒で、私とチャンバラ「スターウオーズ」と言ってはしゃいでいました。

 さて今年も無事終了。疲れた~。でも搗きたての玄米餅すご~く美味しい。また来年も搗きます。

 

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月29日  年末年始営業のお知らせ
 エッサホイサ堂は年末年始も営業しております。

 しかし、精米所が12月27日から1月4日まで休業の為、白米、品種に量によって玄米も出荷することが出来ないかもしれません。申し訳ありませんが、ご理解願います。

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月28日  テロとデモの違い
〇 デモは警察に届け出て許可をもらうが、テロリストは届け出も、許可も取らない。

〇 デモは警察にお金を払って(道路使用料)するが、テロリストはお金を払わない。

〇 デモは好きな所に行けない。テロリストは何処でも行ける。
 (コースを申請しているので、それ以外は基本的には行く事が出来ません)

 デモとは、「デモ権」と言うのがあり「合法です」テロとは全く違います。

 「スピーカーなどを使って大きな音で威圧する」のがテロなら。

 選挙運動ははどうだろう? スピーカー使って大声で叫んでいるではないか。最後などは声にならない声で叫び、絶叫している。

 スピーカーを使って絶叫するのはライブも同じ。昔、後楽園球場で行われた、グランドファンク、キャンディーズ、矢沢栄吉、ピンクレディーなどの公演は、土地柄、近隣の会社、飲食店、ビルなどにも聞こえる音だったと言う。ロックや音楽の嫌いな人には「威圧的」と感じる人もいるだろう。

 「私達は幸せでした~!!。」と絶叫したランちゃんはテロリストなのか?

 私の仲間には歌を歌っている人が多い。みんな歌に乗せて伝えたいことがあるから歌っている。平和、自由、愛、原発の事もを歌う。今を生きてるから。これから野外で歌も歌えなくなるのかな?それでも仲間達は歌い続ける事でしょう。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月27日  年の瀬
 クリスマスも終わり、もういくつ寝るとお正月。エッサホイサ堂はクリスマスとは縁がありませんが、お正月にはお世話になっています。

 お正月と言えばお餅。エッサホイサ堂もこの時期は大変忙しいです。おみずは連日お餅を搗き続け、私は、もち米精米、選別、配達、納品、出荷、切り、等々の作業。後数日この作業は続きます。

 年の瀬と言えば、年の暮れ。年末。歳末、とも言う。どれをどう使えばよいのだろう?年の瀬バーゲンとは言わないよな~?。余計な事を考えず仕事しよう。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月26日  コメントありがとう。
 いつもたいしたことは書いていませんが、コメントを下さる方がありました。皆様忙しい中、御付き合いいただきありがとうございました。Rさん、Hさん、Yさん、Nさん、Bさん、ありがとうございました。

 桜に似た木は「巴旦杏」でした。アピオス情報ありがとうございました。作りました。お茶もやって見ました。全国の田圃情報ありがとう。余所も見て、日本全国の、町、村、辺境の地から、生きる事、暮らし、農、そこから生み出された、技、知恵、を学んでみたい。インターネットやテレビ、新聞等で情報が氾濫しています。私達は沢山の事を知っている気がします。でも、本当に必要な物はそこには無い。日本全国で脈々と営まれて来た農的暮らしの中にホントに必要な物がある。そう思って、田畑を耕しています。

 田歌
♪さ~田草取るなら、十六夜月夜さ~ゆいゆい♪

 頂いたコメントから使わせて頂きました。今気が付いたのですが、歌、踊り、等、芸能、芸術、もここから生まれたのですね。




 

おみず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月25日  クリスマスイルミネーション
 テレビで、クリスマスイルミネーションの日本一美しい所は、ハウステンボスと言っていました。

 さて松崎では。昨夜車でバスターミナルのある中心街を通ったら・・・。

 イルミネーションは無い!
 
 ツリーすらなかった様な気がする。

 パチンコ屋の前に、青、白、薄黄色の電球が、すだれの様になって光っていたが、イルミネーションとは言い難い。

 電気を無駄使いしない松崎町民は素晴らしい!と思って帰って来て車を降り、空を見上げたら。とても綺麗に星が輝いていました。

 有るじゃない!!松崎にもイルミネーション。空一杯に!!

 Mary Xmas!

 

 

吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月23日  冬至
RIMG4046.jpg

今年も柚子がたわわに実っています。昨日は冬至、冬至と言えば柚子湯。
 
 静岡新聞によると、伊東のシャボテン公園では、こんな光景も。

20131222-00000003-at_s-000-5-view.jpg

             「♡極楽、極楽♡」

 たくさん採れた柚子は、毎年お客様の元にお裾分けしています。無農薬、無肥料でも毎年、実を着けてくれます。

 私は、柚子を、お刺身に垂らし、塩で食べるのが好きです。フライ物や、焼き魚、サラダ、お酒に、皮は漬物やママレード、お風呂に入れても良しと、とても重宝な食材だと思います。柚子の木ありがとう。
 




吉田君 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
12月22日  芋虫の大冒険
 ある森に、オスの芋虫、メスの芋虫、昆虫たちが仲良く暮らしていました。

 オスの芋虫は、口笛がとても上手で、みんなその音に聞き惚れるほど。

 ある日、森で遊んでいると、オスの芋虫が葉っぱから滑り落ちました。みんなは助ける事が出来ませんでしたが、皆で探しました。

 芋虫が落ちたのは、花の中。気が付くと都会の花屋さんにいました。花を買った男は芋虫が出て来たのでびっくり。その芋虫が仲間を呼ぶ為口笛を吹いたので、またびっくり。

 男は捕まえて、テレビ局に芋虫を出演させました。すると、たちまち大人気に。

 その頃メスの芋虫や昆虫たちが、オス芋虫を探しに都会にやって来ました。そして都会の大スクリーンの中で口笛を吹くオス芋虫を見つけ、すぐに会いに行きました。

 オス芋虫はと言うと、次ぐ次に芸をする虫たちが現れ、すぐに人気が無くなりました。飼い主はオス芋虫を捨てました。

 捨てられたオス芋虫は口笛を吹きました。その声を聴いて、メス芋虫と仲間達はオス芋虫と会う事が出来ました。

 そしてまた森に戻り、仲間と暮らし、口笛を吹きました。

 と、此処まではNHKの教育番組のお話。

 その日夕食の準備をしていると、白菜の中に芋虫が1匹。さっきの事はすっかり忘れ、洗ってしまいました。

 その夜、台所の壁を登る芋虫を発見。翌朝台所を見ると壁上りに疲れたのか、下に戻っていました。「あ~大変だったね。疲れたでしょう?大冒険だったね。」庭に放してやりました。

 あ!しまった!! 口笛吹けるか聞かなかった。


 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月20日  お餅についてのお知らせ
 お蔭様で今年もお餅の注文を多数いただいています。ありがとうございます。

 エッサホイサ堂のお餅は、注文を頂いてから、水漬け、搗き、固まるのを待って、切り、の作業となります。早くて3日、精米から入ると4~5日掛かります。

 餅つき担当のおみずは、それぞれの工程を表にし、作業をしています。

 そんな事情もあり、大変申し訳ありませんが、年内到着ご希望の方は21日までにご注文お願いいたします。こちらの都合ですみません。

 餅切り担当 吉田

RIMG1437.jpg

RIMG1438.jpg
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月17日  風が強いと言えば。
 伊豆半島は「風力発電の適地」と思っている人達が居ます。そこで巨大風力発電施設の建設計画がどんどん持ち上がり、こんな狭い伊豆半島に98基の風力発電所の計画が出来ました。(松崎町も11基の計画があります)

 その一つがCEF熱川ウインドファーム。数週間前近くを通った所。

RIMG3991.jpg

 御覧の通り、町は強風です。が、10基の風車は1個も動いていない。左手に町営の小さな風車がありますが、3基中2基は廻っていました。

 自然エネルギーの実態です。

 後で聞いたら、このCEFの風車、建設から4年数か月にも拘らず、「いまだに試運転中」だそうだ。この風車の建設費の3分の1に税金が使われていました。普通の企業ならとっくに潰れているのでは。震災以降、全国各地の自然豊かな所や過疎地に、エコビジネスが顔を出しています。後押しするのは経済産業省。震災以前から多額の補助金を出し推し進めています。伊豆半島ばかりではありません。皆さんの所へも美味しい話を持って来るかもしれません。ご注意を。

吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月15日  冬の風物詩がやって来た
 あの季節がやって来ました。西伊豆冬の風物詩、強風の季節となって来ました。数日前の明方、風が縁側の戸を叩き、玄関も叩き、寝ていられません。つい早起きになってしまいます。
 海沿いを歩いていてメガネを飛ばされた事も有ります。車のドアが開かない事もありました。

 この辺りの人は「大体3日で止むが、4日風いて、風がやまない時は6日吹く。」と言います。近頃後者の様です。外は危険なので、選別をし、風がやむのをじっと待つしかありません。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月13日  東伊豆へ
 選別も少し暇になり、東伊豆方面に、配達、納品、営業に行ってきました。

RIMG4037.jpg

 伊豆の海でも、西海岸から見る海と、東海岸から見る海はかなり違います。ここら辺りは水平線がはっきり分かり、海の大きさを感じられます。

 

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月11日  西伊豆大沢里は冬
 久しぶりに二人でお出掛けしました。行先は、西伊豆の秘境大沢里の「森のカフェ・リトルハート」。

 西伊豆の「コートダジュール」松崎から比べると、此処は真冬です。

RIMG4027.jpg

 流石、西伊豆の秘境、風が吹きすさみ、人の居る気配はない。「みんな冬眠には入ったのかな?。」山道を走り、やっとお店にたどり着いた。

RIMG4029.jpg

 入り口でサンタが出迎えてくれた。

 久しぶりの店内。

RIMG4034.jpg

 早速、スパゲティーとベーグルサンドを注文。

RIMG4032.jpg

 キノコとツナの木こり風。エージは木こりもしているのか?


RIMG4031.jpg

 昔ギリシャでいつも食べていた物とかなり近い風。(正式名称忘れたので、勝手につけました。)

 そう。これ野菜の旨味が出ていて、ギリシャの路地裏の食堂の味に近い。お薦めです。ヨーロッパではサービスでパンが付く事があります。そのパンに残ったソースを付けて、お皿がピカピカになるまで食べたのを想い出しました。

 RIMG4033.jpg

 食後はジンジャーティを頂きました。これも西洋の香りがしました。

 和食に飽きた人には此処はお勧めです。ゆったりした広い店は、居心地がとても良い。是非一度行って見てください。ちなみに夏のバジルソースのバジルは、エッサホイサ堂の無農薬のバジルも使われています。

 さて、帰ってからは選別でした。



吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月10日  宝くじが当ったら
 宝くじが当たったら、何に使おう?

 突然降って湧いたお金だ、ドンと使おう!

 大沢温泉ホテル(県指定の文化財)を買って、はらっぱ祭りスタッフ、出店者、出演者の保養所にしよう。
普段は大浴場を町民に解放しよう。

 劇場や映画館を作るのも良い。

 吉田の神社の整備をしようか?牛原山の整備をしようか?迷うな。

 とりあえず、東京都知事に5000万円貸してあげようかな?などと考えている。

 その前に、先ずは、宝くじ買わなくては。
 

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月08日  2013 エッサホイサ堂流行語大賞
 今年で5年目になりました、我が家の流行語大賞。今年世間では「じゃじゃじぇ」「倍返し」「今でしょう」等流行りましたが、私達はあまり使うことがありませんでした。

 私が一番使ったのは「ありがとなし」 「今年はこれでしょ」とおみず審査員に言ったら。「ありんす、ほど使ってないよ!」「・・・・・。」でも、

 今年のエッサホイサ堂流行語大賞。「ありがとなし」に決定!!

 皆さんの所はどんな言葉が流行りましたか?

 おまけ。

 今年「丁寧な。」と「きちんとした。」が、やたら多く使われていたと思います。使う人は、政治家、官僚、問題を起こした企業の人達。「丁寧な」「きちんとした」の連発。

「その件に着きましたは、きちんとした対応をしてきましたが、説明不足もあり、今後は、丁寧にきちんとした努力をしてまいります。」

 ※「丁寧な」「きちんとした」
とにかくその場を凌ぎたい時に使われる言葉。都合の悪い時に使う言葉。嘘を着いた事を隠す時など度々連呼される。
 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月06日  畑仕事
 残った落花生、ジャガイモ堀り、草取りなどしました。

RIMG4023.jpg

 11月21日に捻った風船がまだ形をとどめている。16日目。普通1~3日位しか持ちません。記録的長生きです。

 風船と言えば、風船教室のギャラで炬燵布団を買いました。温風ヒーターも2年前から調子が悪い。買わなければと思っていたら、西伊豆の別の保育園から風船の仕事が来た。でも、温風ヒーターを買うには少し足りない。もっと仕事を取らないと、冬が越せない。

 エッサホイサ堂はお米の販売をしております。

 無農薬、無肥料、天日干しのお米は如何ですか~?

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月05日  2013年12月5日
 朝から畑仕事、夏野菜の後片付けや、空豆2の定植の準備。昼頃この地の先輩から電話があり、午後合う事になった。畑、田圃以外の所に行くのは久しぶり。

 先輩は小さい頃の話をしてくれた。棚田の近くで育ち、電気が来たのは小学生の頃とか。僅か50年数年前の事。私とは3つしか違わないが、都会とはずいぶん違ったようだ。おもちゃなど無く、遊びと言えば、野山を駆け回ったり、海で遊んだり、動物や昆虫魚などが遊び相手だったそうだ。
 お父さんは天草を取り、オート三輪を買い、信州方面に売りに行き、そこで何か別の物を仕入れ、帰って来ては現金化したそうで、「親父が暫く居ない事が度々あった。」と言っていた。
 「仕事どう?」と聞かれ、「貧乏暇なし。直売しているので、夜も仕事してます。」と言うと。「うちの祖父母も夜遅くまで仕事してたな・・・。」今の私達は恵まれた生活をしている。

 外に出ると郵便局から知った顔が出て来た。「あ!Kさん。此処で働いてたんだ。」お客さんと話をしている。穏やかな顔で映画の一シーンの様だった。

 スーパーマーケットに寄った。駐車場で友人に会った。「Mさんが美容院に行きたいと言うので一緒に来たの。」 Mさん病気で余り外に出ていないと聞いていた。「良いじゃない。頭触られると気持ちいいし、気分転換にもなるよ。」皆穏やかな笑顔だった。

 店の入り口で子供二人の手を引いた女の人を見かけた。「あMさん、久しぶり。」同じ年で、音楽の趣味など共通する人。孫二人を連れていた。「まだ母親に見えるよ。」と言ったら微笑んだ。

 松崎は平和です。穏やかに時間が流れています。

 一方、今日参議院では「特定秘密保護法案」が強行採決されそうです。

 先程会った小さい子達がこれから先、活き活き生きられるかどうか?2013年12月5日は今後の歴史に残る日になると思います。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月04日  おみず痺れる
さて出荷もやっと一段落。私は扇風機の掃除&片づけ、その後、温風ヒーターを出しました。

 おみずはと言うと、台所調理台の上にある照明を直していた。それは数週間前の事、余りの力でスイッチの紐を引っ張って引き千切っていたのでした。今日はそれを直しています。

 暫くして私の方にやって来て・・・・。

 「感電した。」

 素手で何処か触ったらしい。

 すぐ手を触った。「大丈夫?」「大丈夫。」そして一言。

 「死刑囚の気持ちが少しわかった。」

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月02日  師走2
 一方、伊豆では。

RIMG3965.jpg

 桜が咲いている。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月01日  師走
RIMG4021.jpg

 巨大なビルの間から、小さい銀杏が秋から冬へと移っているのを、通る人に教えている。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |