03月31日  エッサホイサ堂 はらっぱ店打ち上げ&今年の計画
 2日前エッサホイサ堂のNO3である小学生が援農に来ました。仕事は今年も麦の草取り。夜温泉に入り、ささやかな昨年の打ち上げ。

RIMG4707.jpg

 打ち上げでは「子供が行って楽しい店が無い」とY君と父親が言っていた。「そんな店にしたい。」で一致した。

 さて、翌日は大雨強風。流石に「草を取ろう!。」とは言えない。伊豆文邸の二階で皿回しの稽古。雨なので誰も居なかった。Y君はどんどん上達している「寝ながらでも回せるよ」と言ってやってみる。「・・・上手」秋までに稽古を積まなければ。

 昼食後、皿回しのネタをY君と練る。孫の手など傍にある物でやって見ました。一番おもしろかったのが、これ。

RIMG4708.jpg

 「タンポール」と言う、トンネルを作る時の農業資材。

RIMG4709.jpg

 元々簡単にトンネルが作れるように、しなやかで細い。だからどちらに傾くか分からないのでスリルがある。このネタ行けそう。と、小学生とネタを練る百姓、芸人でもないのに。それを柱の陰から見ていたおみずは「農業もこの位一生懸命だと良いのに・・・・。」複雑な心境であった。

 さて、ブログのランクがまた上がりました。2位で碧い王冠を貰いました。もう2度とないと思います。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月30日  ♪フランシーヌの場合は♪
 今年も3月30日と言えば、私はやっぱりこれです。

 久しぶりにエコロジーブログランキング、2683中、3位になりました。緑の王冠頂きました。雛の精のお蔭かな??いつも見て下さっている方々ありがとうございます。これからも伊豆半島の隅っこから、小さい小さい出来事お伝えいたします。宜しければまたお付き愛願います。偶然ですが、今パソコンが、合いを愛と変換しました。パソコンの粋な悪戯。「会い」が「愛」なら書き続けます。今までの出愛とこれから新しい会いの為に。この世界が、日本が愛で一杯になるように願いながら。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月29日  伊豆文邸のわらし
RIMG4691.jpg

         伊豆文邸に居た。びっくりした。人形の精??

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
03月27日  おすすめ・伊豆文邸の雛飾り
 昨日松崎町なまこ壁通りにある伊豆文邸に行ってきました。

伊豆文邸は明治43年の建築でかつては呉服商が営まれていました。母屋は、木造2階建て延べ260�で、正面の帳場や土間などが当時の面影を残しています。建物裏には、なまこ壁造りの土蔵2棟も残されています。

 今月からそこに雛飾りが展示してあります。

RIMG4695.jpg

RIMG4693.jpg

 建屋が付いています。私は余り見た事がありません。一緒に行った方が「私の小さい頃はこういう形でした」と教えてくれました。

RIMG4694.jpg


            「これはもっと古く、貴重な物よ」

 明治の建物と古いお雛様。此処だけ昔にタイムスリップした様な空間です。是非見て楽しみ、空間も楽しんで下さい。

 ただし、4月3日木曜までです。次は来年になると思います。

 此処は、所有者からの建物寄贈を受け、明治時代を代表する貴重な歴史建物として内部を整備。現在は、無料休憩所として開放しています。伊豆文邸横の公園には、足湯も設置されています。

RIMG4698.jpg

 2階の空間がまた素敵です。どうぞごゆっくりお過ごしください。

 開館時間:午前9時から午後4時 休 館 日:不定休。

 場所は、長八美術館前の駐車場の奥です。観光協会駐車場からも徒歩3分位です。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月26日  雲の粋な演出
 今日は雨です。

RIMG4686.jpg

 今日の花畑。雲が下まで降りて来て、いつもと違う花畑を見せてくれました。雨も良し。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月24日  ネタの宝庫
 連休中も色々な事がありました。朝早くスーツケースを持った人が立って居たり、御世話になった人を見送ったり、写真展に関わったり、よりみち売店の陳列棚は一杯になり、イタチは走り、キジは鳴く。

 静岡の隅っこで、電車も来ない、小さな小さな町ですが、ネタは尽きない。そんなこの町が好きです。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月22日  3連休
 昨夜、近くの温泉「かじかの湯」に行きました。温泉のある「三聖苑」の駐車場にはキャンピングカーなどが沢山ありました。普段は車など無いのに。連休だからでしょう。

 県内のテレビ、新聞等で「田んぼを使った花畑」が紹介された様で、花畑近くの「より道売店」もお客さんが多かったようです。

 さて、エッサホイサ堂に3連休はありません。連休はおろか休みすらありません。

 今日も麦畑の草取りです。やっと終わったと思ったら、最初に草を取った所からまた草が生えて来ています。終りがありません。草取は続く。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月21日  ジオサイトクルーズ
 昨日から心待ちにしていた「松崎町ジオサイト見学モニターツアー」の日です。私達二人には「クルーズ」は贅沢なイヴェント、旅行気分です。昨日の雨も上がり晴れとなったが、明け方から窓を揺らす強風。日が昇ると風は収まった。「船に乗れる~。」喜んで出掛けました。

が、やはり「強風の為船は欠航」「・・・・」

 それでも沢山の人とバスに乗れば旅行気分。後ろの子供達も楽しそう。

 先ずは烏帽子山。家から車で30分位の所です。松崎に来て9年になりますが、初めて訪れる所です。

RIMG4667.jpg

 駐車場から急な階段を上がります。少し上がると浅間神社。その横から

RIMG4669.jpg

               富士山が見えます。

 絶景!! 手前の松の木も良い。 テレビドラマで使わないかな?良いシーン撮れますよ。

 RIMG4673.jpg

 RIMG4674.jpg

 さて烏帽子山へ。此処の階段を上がって行くと着くそうですが、ここから徒歩30分かかるそうです。まして今日は強風。危険なので戻る事にしました。

 そこから車で10数分。室岩堂。

RIMG4678.jpg

 石切り場の後です。まだ電気も無い頃から此処で石を掘っていたそうです。そこらじゅうに先人の知恵を感じる空間でした。

RIMG4679.jpg

 掘った石は、切って此処から船に乗せ出荷したそうです。

 次は弁天島。此処はお客さんが来るとよく行きます。此処でもまた強風。島の周りを歩く事は出来ませんでした。

 最後は中瀬邸。大きな商家の跡です。此処の隣に「ジオサイトビジターセンター」が出来ました。

 さて、最期にアンケート書き。
 楽しかったです。旅行者は喜ぶと思います。自然や絶景、歴史後を楽しめます、風が無ければ。こういうツアーだとどうしてもアウトドア、天候、風等に依り良くも悪くもなります。仕方ないです。どちらも思い出となるでしょう。クルーズは出来なかったけど、楽しかったです。今度お客さんが来たら、連れて行こうと思いました。スタッフの人達お疲れ様でした。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月19日  花畑の様子
RIMG4658.jpg

           今日の花畑。今年は少しは良いかな??
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月18日  金柑をめぐる攻防
 先日お裾分けした金柑が好評でした。今月もお裾分けしたいと思っていますが、食べ頃になるとヒヨドリがやって来ます。そこでネットを張りました。

RIMG4655.jpg


 が、ヒヨドリはそれでも金柑が食べたい。ネットの隙間を見つけては入って来ます。ある日の事外に出ると、ネットに絡まってバタバタしていた。外してあげようと近づくと自力で脱出していきました。「金柑食べるのも命がけだな~。」
 
 またある日の事、畑から帰って来ると、おみずがネットをめくって食べていた。

 防鳥ネットは人には効果が無かった。

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月17日  畑仕事
 冬野菜も終わり、夏野菜の準備の為、トラクターを入れました。

RIMG4653.jpg
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月15日  ♪土筆の子が恥ずかしげに顔を出します♪
RIMG4651.jpg

 気が付いたら土筆が出ていました。もうすぐ春ですねえ~。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月14日  手作り麦茶1号
 おみずが台所で何か炒めていた。暫くして、薄い色のハーブティーの様な物を持って来た。甘い香りがする。飲んでみたら麦のかおりと、ほんのりした甘みがした。麦茶だ。エッサホイサ堂初のお茶。これは歴史的。

 麦茶1号は甘みはあったが、ちょっと薄い気がした。普段飲んでいる市販の物と比べたからだろう。私達が美味しいと思う「ウチの味」にするには、まだまだ試行錯誤が続く。

RIMG4652.jpg





 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月12日  麦の除草
 数日前から、二人で南部小麦の除草&土寄せをしています。が、なかなか終わりません。

RIMG4642.jpg

RIMG4643.jpg

 今年は「うっかり」せずに早めに除草をしました。いつもはGウイークに来るお客さんに任せきりでした。でもまだ反対側の田んぼにも裸麦があり、今だ手付かず。うっかり出来ません。

 明日は雨の予報。他にも、傾きかけた棒置き場の補修、植えきれなかったジャガイモを無理やり田んぼに植えたり、と忙しい1日でした。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月10日  せっかちな炊飯器
 ウチの昼ごはんは12時45分~13時位です。何故かと言うと、おみずは、土、日曜日、12時半まで売店で働いているので、家に着くとその位の時間になりそれから昼食となります。それがいつもの「ウチのお昼」となっています。

 数日前、12時30分頃家に戻ると、炊飯器のご飯が炊けていた。「あれ、早いな??」

 日本標準時間である我が家の時計は、まだ炊き上がる時間ではなかった。

 「あれ、何でだ?」考えた。分かった。それは・・・・。

 ウチの炊飯器は自分だけの時間を持って居たのだ!!!!

 そうか、空には空の時間があり、鳥には鳥の時間がある。ノラ坊にもノラ坊の時間がある。

 そういう事か。ご飯を食べる時には炊飯器の時間に合わそう。

RIMG4639.jpg

 田んぼを使った花畑の様子。少しづつですが咲いて来ました。今年こそ綺麗に咲くかな?

 

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月08日  ジャガイモ植え付け
 昨日から作業し、今日修了しました。植えたのは、とうや、シャドークイーン、インカの目覚めでした。

RIMG4619.jpg

玄関前の様子。桃、スイセン、金柑、時々ノラ坊と野鳥、稀にアナグマ。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月06日  河津へお出掛け
 久しぶりに二人でお出掛けしました。行先は河津。

 家から下田方面に向かうと、松崎でも早咲きの桜、河津桜などがあちこちに見られます。松崎でも、河津桜が沢山咲いているんだ。知りませんでした。バサラ峠を越えても桜が沢山咲いていました。河津だけでなく、松崎、下田でも県道15号線は早咲きの桜が見られます。この時期ドライブには良い所です。運転中なので写真が取れないのが残念でした。

RIMG4622.jpg

   バガテル公園の周りです。此処も桜並木になっていました。

 さて今日の目的は、河津桜見物ではなく。

RIMG4624.jpg

  絵画、羊毛、ガラスの三人展。 内二人は、友人でもあり、お客さんでもあります。

RIMG4625.jpg

 くぼやまさんの絵は近所で個展をする時はなるべく見に行きます。愛ちゃんの羊毛は初めて。二人共作業をしながら店番をしていました。働き者達です。どちらも細かい仕事ですが、初めて見た羊毛の仕事は、小さな毛から球を作り形にしていく途方もない作業でした。一日どの位進むんだろう?私の知らない世界でした。

 会場が河津駅のすぐ目の前と言う事も有り盛況でした。

 さて、河津に来たので一応桜見物もしました。

RIMG4628.jpg

 平日夕方だったので空いていました。10日で「河津桜祭り」は終了ですが、桜はその後も見られます。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月05日  寒い朝の準備運動
RIMG4638.jpg


             皿回し。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月03日   松崎町地域おこし協力隊募集中
 松崎町では「松崎町地域おこし協力隊」2名を募集中です。

 応募対象は年齢20~50歳まで。性別は問いません。普通免許のある人。パソコンが出来る人。都市地域から松崎に移り、住民票を移せる人。(県外の人が対象です)
 
 仕事は1、 棚田の保全等。 
    2、グリーンツーリズム活動の支援等、

 任期4月から1年間。3年間1年ごとに更新あり。

 報償費 月166000円

 応募締切 3月7日。

 興味がある片は役場ホームページに詳しく書かれています。

 棚田は知恵と工夫、歴史、文化に溢れ、とても興味深い稲作を知る事が出来ます。私も昨年少し手伝いましたが、知らない事ばかりで、大変参考になりました。

 棚田面白いですよ。今年こそ良い人に来て欲しいと願っています。



 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
03月02日  第五福竜丸被爆 60年
 近頃、朝日新聞の県内版は、第五福竜丸に関する事が多かった。

 ビキニ環礁でアメリカの水爆実験に因る被爆から昨日で60年経ったそうです。

 私はまだ生まれていませんでしたが、子供の頃「死の灰」という言葉を良く耳にしました。その後、第五福竜丸の被爆により「原水爆禁止世界大会」が始まった。確か「ゴジラ」の誕生はこの水爆実験がヒントで作られたような記憶があります。

 新聞には当時の写真が多数掲載されていた。私が知らなかったのは、この事に因り「放射能汚染マグロ」が問題になったとありました。写真では、地元焼津市の魚屋さんが「当店では原子マグロは買いません(扱っていない)乞う安心!!」と書いていた。「原子マグロ」には驚いた。地元では大変な問題だった事が分かる。にも拘らず、アメリカはその後も58年まで続けた。何故、実験しなければならなかったのか?。

 新聞では「事件をどう次世代へつなげるか大きな課題となっている。」と書かれていた。確かに、こんな大きな出来事があったのに、大マスコミはこの事を余り取り上げていない。静岡に住んでいなかったら知らなかったかも知れない。ほんの60年前の事なのです。

 元乗組員の人達は「地元でさえも忘れ去られている、という危機感がある」「昔は話してもしょうがないと思ったけど、若い人には知ってほしいという気持ちは強い」「次の世代の為に、放射能も原発も無くなって欲しい。」「日本ばかりだものね、被爆が続くのは。でも、人々の記憶から自然に消えていちゃって・・・。」

 第五福竜丸被爆60年。水俣病発生から58年。福島原発事故から3年。どれも解決していない。関わった人達の暮らし、生きたあかしを忘れてはならない。これから歴史を知る人の為にも。


 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月01日  三月。春告げ取りは歌う。
 もう、夜明けから、歌いまくり。寝ていられない。外に出ると、庭で、絶唱、絶叫、リサイタル。私の歌よりうるさい。人間よりも小さな体なのになぜあんな大きな声が出せるんだろう?。

 春告げ鳥と書きましたが、ウグイスではない、大きい鳥でした。夕方もまた歌いに来ました。

 よそより此処が良いのかな?それとも私達の為に歌ってるのかな?

 大地に響く美しい声は春の贅沢。

RIMG4611.jpg

よりみち売店前の早咲きの桜、満開です。伊豆は春です。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |