11月29日  今年の秋は暖かい
IMG_0186.jpg

 もう水仙が咲いています。例年より2週間位早い。もしかすると、1月下田の「水仙祭り」2月河津の「河津桜祭り」も早まるかも知れません。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11月26日  モチモチの木
 今年も松崎町に影絵劇団がやって来ました。昨年は「かかし座」今年は「影法師」。演目は午前「スイミー」午後「モチモチの木」。おみずも私も「モチモチの木」は絵本で見ている。午後に行きました。

 会場には、松崎小の高学年の子達が居ました。今の子皆大きい。男の先生と同じ位の子が、男女共幾人も居た。最近の子スタイル良い。「モチモチの木」を一緒に見ましたが、一部の子は飽きている。この年齢には向かない作品なのでしょう。最後にスクリーンの後ろに入って、演じられる「体験コーナー」になると、がぜんやる気になり、皆大声で「は~い。」体は大きくてもまだ子供だ。良い良い。

IMG_0173.jpg

 見た後の感想。多分作者に許可を取っての上演だろう。絵本通り。と言うより絵本を見ている様。絵の完成度は高いのだけれど、動きが少ない。豆太は動くのですが、おじいさん、歳とったお医者さん、はあまり動かない。後はウサギが同じ動きをするだけ。テレビやDVDを見るようだ。ライブ感が無い。私はもっと安っぽくても、「生」の方が好きです。しかし2年続けて影絵。教育委員会影絵好きなのかな?それとも県の何処からか「お達し」がくるのかな?私が教育委員会の職員だったら、次は、プロの芝居、パントマイム、漫才、、ロックバンドなど見せて見たい。松崎に居ると「生」見る事が粗ないので、何でも見せてあげたい。探すのが大変ならば、私が知り合いを連れて来ます。

 影絵の後は・・・・・。仕事が遅れたので、また夜まで選別しました。

吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11月23日  今年のサリー香りが弱い
 昨日夕方、香り米・サリークイーンの精米をしました。サリークイーンは、細く、割れやすいので、家の小さい精米機で精米しています。その精米機は縁側に置いてあります。精米を開始すると・・・・。

 滅多に来ない前の家の猫が、精米機の前で座りました。「おお!ネコにもサリークイーンの香りが分かるのだ。」サリークイーンは甘い香りがします。その匂いでやって来たのだと思います。「ネコにお墨付きを貰った。」そう思いました。

 翌朝早速炊いてみました。炊飯器周辺は香りますが、昨年程ではありませんでした。サリークイーンは、バスマティと日本晴れが合わさって出来た日本産の品種です。

 最初、本物のバスマティの種を探しましたが見つからず、プリンセスサリーを埼玉の種籾組合で見つける事が出来、その後そこから、サリークイーンを分けて頂き、作っています。

 それから6年経ちますが、毎年香りは、強かったり、弱かったりします。調べて見ると何処も同じようです。毎年同じ条件で作っているつもりですが、毎年香りの、強、弱は出ます。日本晴れが入っている為でしょうか?気温がもっと高い所の方が良いのでしょうか?私達は刈時期を変えたりして対応してきましたが、今年の香りは昨年より少ないです。

 今年のサリークイーンは昨年程香りがしません。申し訳ありませんが、ご了承願います。

 食べて見た私の感想を少し書きます。確かに香りは弱いです。炊きたてより冷めたほうが、少し香りが出ると思いました。味は「甘みがあり、噛んでいると、うるち米に無い食感があり、お米としては美味しい。」(個人の意見です。)本物のバスマティを現地で食べていた人には物足りないと思います。

 いつか本物のバスマティが作ってみたいです。気候が違うので、同じものは出来ないかもしれません。無農薬・無肥料・天日干しのバスマティ、作ってみたいです。

 誰か種の入手先を知りませんか~?

 

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11月20日  選別中
 今月も沢山のご注文ありがとうございます。月末出荷と重なり、昼も夜もお米の選別をしています。選別は週明けまで続きます。

IMG_0170.jpg
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11月17日  脱穀終了
 昨日サリークイーンの脱穀が終わりました。今日は脱穀機の撤収。今年の秋は長かった。こんなに稲が乾かない事は松崎に来て初めてです。お天気は私達にはどうにもならない事なので仕方ありません。天候不順になって来ています、この先どうなるやら。まあ、なった時考える事にします。

 前にも書きましたが、コンバインは仕事が早い。1日で、刈取り、脱穀が出来、その日のうちに乾燥機に入れれば、翌日にはお米になります。コンバイン、乾燥機は、凄く便利な機械だと思います。天気に左右される事も少なく、その分、他の作業が出来ます。これらを使えば効率は良いです。

 でも私達は、コンバインも、乾燥機も導入しません。天日で干したお米が美味しいと思うからです。天候に左右され、乾燥も、出荷時期も私達の思いどうりにはなりません。でもそれが自然な事なのです。

 お待ち頂いている皆様、遅くなりましたが、サリークイーン出荷準備に入りました。もう少々お待ちください。

 

 

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11月16日  第8回手むすび市 出店
 河津の「手むすび市」に出店しました。手むすび市は年2回、6月と11月に開催されます。6月は田植えと重なるので、11月は出来る限り出店しています。理由は、スタッフが良い、東海岸で出店する機会が余りない、からです。

IMG_0162.jpg

 お隣は、ステージ。

IMG_0158.jpg

 大道芸人の、染谷剛さん。がまの油売り、南京玉簾、紙芝居、など披露してくれました。

IMG_0157.jpg

 もう一方の隣は、パンとリサイクルのお店。国産小麦(九州産)のベーグルがナント!100円。こんな値段はあり得ない。買いました、おみずにお土産が出来た。

 さて、エッサホイサ堂最初のお客さんは、ウチを目指してやって来ました。「あった!」ご夫婦二人でシャドークイーンを見ている。「紫のジャガイモです。」と言うと「知っています。昨年買ったから。それを春植えたら、沢山採れました。けれど、人にあげたりしている内に、種芋を取って置くのを忘れました。それで買いに来ました。」昨年お客さんに「種芋にもなりますよ。」と言った。植えて見たら、収量も良く、美味しかったそうだ。嬉しい!。私はこのシャドークイーン好きです。病気に強いし、多収、味も良い。誰でも上手く作れると思っていたら、やっぱりそうだった。「種芋様ならもっといいのが有りました。これは商品として置いてあるので、形の良いのばかりなのです。知ってたら、形の悪いの種用に安く分けてあげられたのに・・・。」「大丈夫です。ネットで調べたら種用芋はもっと高いです。」考えて見たら、種芋は売った値段の倍近く。でも良いのです。高い種芋買って作るより手軽に出来るので、ウチの買わなくても自分で作ればよいと思っています。

 さて毎年出店しているので、お馴染みさんが多い。「昨年も買ったわ。」「前に買ったけど美味しかった。」等々の御言葉を沢山頂きました。出店して良かった。中でも甘酒は今年も好評でした。

 午後3時、終了と同時に会場を出て田んぼに向かいました。今日はサリークイーンの脱穀です。おみずが一人で作業しています。急がねば。4時前、田んぼに到着。おみずは居ない。ハザ掛けも無くなっている。家に戻ると玄関に米の山が。終わっていました。

 今年の脱穀総て終了。良かった。忙しい1日でした。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11月15日  脱穀
 今日も強風。重し、杭をしていなかった、もち米が2本倒れていた。建て直し、立っていたもち米の水分を計るとかなり良い。昼前から脱穀開始。午後には、赤米、黒米も脱穀出来ました。最後のサリークイーンまでの時間は無く、今日は終了。

 明日はサリークイーンの脱穀予定ですが、私は河津の「手むすび市」出店の為、最期の脱穀はおみず一人になります。

IMG_0155.jpg


吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11月14日  七転び八起き
朝田んぼに行って見ると、予想どうり、杭を打った所と、長柄を重しにした所だけが立っていた。今日も強風。それでも建てました。しかし、昨日同様西風に倒されました。「ここ2日で、何反分掛けただろう?。」その位稲を掛けました。

 さて、今日おみずからハザ賭けについての提案がありました。「3角に組んでみない?。」これは以前知り合いの理科の先生がしていた方法です。彼は「これが一番倒れにくい。」と言っていました。ただし3角に組むと、日当たりが今一つなのと、中側に風が通らないので、この方法で干したことはありません。「風は充分吹いているし、どの位強度があるか試してみよう!」このままではまた倒れるので、出来る事はやって見ます。

IMG_0156.jpg

 長柄の長さが違うので、正三角形にはなりません。途中継ぎ足しもあります。大丈夫かな?

 強風のお蔭で稲は良く乾いています。明日はどれか脱穀出来そうです。

 作業が終わって帰り道、近所の人に「西風が吹いて来たね。干してある稲もう乾くんじゃない?」「はい。良く乾いています。明日あたり脱穀出来そうです。ただし、明日稲が立って居たらですが。」 その人はウチの稲が倒されているのを何度も見ているので、大爆笑してました。

 明日の朝、ハザ賭けが立っていれば、昼前から脱穀です。


 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11月13日  待望の西風!?
 待ちに待った西風が吹きました。だが、喜んでばかりは居られなかった・・・・・。

IMG_0144.jpg

 餅米 一つも立って居ない。

 黒米、赤米、サリークイーン 一部倒壊。

IMG_0147.jpg

 1時間後。

IMG_0149.jpg

 黒米、赤米、サリークイーン、ほぼ全壊。

 今日の風速10m。暴風に近い。確かに稲は良く乾いているが、倒れては困る。

 その後、もち米を掛けては倒され、黒米、赤米も掛けると倒され、サリークイーンは建てると吹き飛ばされた。数回建て直しをしましたが、また振り出しに戻りました。通る人が「台風並みの風だね。」杭があるだけ打ち、起こすのを諦めました。今夜、明日日中も強風の予報、露が付く事は無さそうなので、終わりにしました。明日の朝何本建っているかな?
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11月12日  優しい人々
 稲が乾きません。秋が深まると、日照時間も短く、朝露、夜露も、乾くのに時間が掛かります。今年の秋は3日おき位に雨が降っています。脱穀がこんなに遅れるのは初めてです。「いつになったら乾くのだろう?。」不安な毎日です。

 数日前精米所に行きました。精米所は「岩科区」にあります。岩科区は「岩科学校」で有名ですが、景色も山に囲まれ美しい所です。この辺りでは随分前から地元のお米「あいちの香り」を作っていて、今でも殆どの家が「あいちの香り」です。「あいちの香り」は晩生で10月下旬頃刈ります。松崎では此処が、一番遅くまでハザ賭けを見る事が出来る所です。

 精米所で籾摺りが出来るのを待っていると、おばあさんがやって来た。ここでは、おじいさん、おばあさんが、代車や一輪車でお米を少しづつ運ぶ姿を目撃します。入り口の所に段差が有り、大変そうに見えたので手伝いました。「あんたの所はどれ位作っているのかね?」から始まり、お米談義になりました。「今年はまだまだ乾きません。」と言うと、「昔は今頃まだ干していたものだ。これから西風が吹く、そうすれば乾くさ。機械より天日で干した方が美味しい。そのまま干して待ちなさい。」

 家の廻りでは、干してあるのはうちだけ。松崎でも数件になりました。最近は早稲を作る家が多く、作業はコンバインが殆ど。10月半ばになると、田圃から稲の姿が消えて行きます。それを見るにつけ「今年はいつ終わるのだろう?。」と焦ります。近所の人達も「お米は天日で干した方が美味しい。西風が吹けばすぐに乾くさ。」と慰めてくれる。夜買い物に出掛けた。そこで此処に移り住む前からお世話になった年配の人に会いました。「終わったかい?。」「まだまだ乾きません。」「大丈夫だよ。昔は今頃まで干したものさ。心配ないよ。」心優しい人達に囲まれて幸せです。

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11月11日  コンニャク芋 掘りたて
 大家さんが「コンニャク芋掘ったけど作る?。」と持って来てくれた。「まだ、脱穀が終わって居なくて、麦蒔きもまだなので、いつ作れるか・・・・・。」「置いとけばいいじゃない。」頂きました。

IMG_0150.jpg

 手作りコンニャクはご馳走。何を作ろうかな?コンニャクステーキ、刺身、煮物、揚げても美味しい。メニューが頭の中で広がる。が、いつになったらそんな時間が作れるのだろう?脱穀と麦蒔き、手むすび市、月末出荷が終わったら考えます。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11月09日  今日も雨
 昨日麦蒔きが3分の1程終わりましたが、今日は又雨。来週日曜日、河津で行われる「手むすび市」の出店準備をしました。今年伊豆は秋晴れがありません。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11月07日  麦蒔き準備
 昨日の今日では、脱穀は無理です。麦蒔きももうしなければならない。午後田んぼが乾いてから、田圃をトラクターで耕しました。しかし、田圃に入ったトタン、動かなくなった。キーを廻しても何の音もしない。「バッテリーかな?8年間1度も変えていないし。」早速軽トラックのバッテリーを見る。合いそうだ。二人で、トラクター、トラックのバッテリーを外し交換。動いた!

 南部小麦用、裸麦用、の麦畑を作りましたが、裸麦用は昨年より少ない。裸麦貴重となるでしょう。

IMG_0138.jpg
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11月06日  天気予報 当たらず
 今日は雨雲予想無し。友人の協力を得て、10月に脱穀してそのままになっている、ハザ棒の片づけ。しかし午後から雨。それも雨足が強い。二人で「今日は雨雲なかったよね。」それでもハザ棒片付け強行。友人が帰る頃「この雨で、また暫く脱穀できませんね。」確かに。いつになったら脱穀が終わるのか・・・・・。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11月04日  洗い物の山
 はらっぱから無事松崎に戻りました。休む間もなく、はらっぱの後片付け。沢山の洗濯物と、鍋、フライパン、コップなどの食器類の洗い物、シート、タープ類の乾かし、泥落とし。今日中には終わりそうにありません。

 午後からは脱穀の準備。が、日曜日雨が降った様で、干してある水分が高く、今日も脱穀は出来ませんでした。いつになったら乾くんだろう?午後は洗い物の続きでした。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11月03日  第26回武蔵野はらっぱ祭り 終了
 今日も日の出とともに起きて、会場のゴミ拾い。その後は撤収作業。駐輪場、駐車場の片づけ、ステージ、本部の解体、ゴミの、分別、搬出、PAの搬出、看板の撤去、等々。

 参加者は、スタッフ、出店者、近所の人々、等。その中に外国の人達が2人いました「。タシデレ・チベット」の人達で、朝4時に起きて相模原からやって来たと言う。時折りチベットの言葉を混ぜながら、日本語とチベットの言葉が近い事を教えてくれたりしました。彼らの事はまた後日書く事にします。

 さて、休日とあって手伝いの人数も今回は多い。朝時間があるだけ手伝って帰って行った人も沢山居ました。そんな訳で今年の撤収はいつもより早く終わりました。

 私達は午後2時頃、一足先に会場を後にしました。皆様お疲れ様でした。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11月02日  はらっぱ祭り2日目
IMG_0119.jpg

 はらっぱ祭り開催中の朝は早い。日の出とともに起きて、会場、周辺のゴミ拾いから始まる。7時になると近所の人達のラジオ体操の時間となります。公園なので早朝の散歩や、ウオーキングの人なども朝早くから通ります。その前にゴミを拾って置かないと印象が悪くなる。今年も一番乗り。おみずはスタッフの朝ご飯の炊き出し。今日は栗ご飯。

 昨日雨だったので来場者も少なく、ゴミも少ない。朝食を済ませ開店準備。出店者らと「昨日はトイレが並んでいなかったね。こんなことないよね。売り上げも無かったけどね。あの位が丁度いいのかね。」確かに昨日は他の店も見る事が出来たし、ゆったりと居られた。

 準備が終わると、今日も少年Yとお父さんが手伝いにやって来た。10時位からお客さんが増え始めました。おにぎり、揚げ餅、ポップコーン、甘酒、茹で落花生、紫蘇の実醤油漬け、栗の渋皮煮、お米、野菜、と2日目としては品数豊富。なるべく車を軽くして帰りたいので、出来る限り売りたい。お蔭様でお店は好評が良く、甘酒、揚げ餅、茹で落花生などを何度も買いに来る、大人、子供で賑わいました。

 少年Yは皿回しの腕をまた一段と上げました。

IMG_0123.jpg

 私の持って行った二枚の皿と、彼の二枚の皿、四枚同時をいとも簡単にクリアー。師匠を軽く超えていきました。通る人にも拍手を浴びて得意げなY君。お客さんが喜ぶならどんどんやってほしい。安全で安心で楽しい店を目指します。

IMG_0125.jpg

 皿回しを立ち止まって見ている子には、持たせてあげたり、やってみたい子には教えていた。弟子は成長している。

IMG_0126.jpg

 Yは皿を廻していない時は会計もしている。今年は粗任せました。すると、金庫の中を整理しだし、それぞれの硬貨が取り易い様に分けたりする。此処も成長している。他にも商品の補充など今回の出店を大きく支えてくれました。

 他にも、お客様で東京に住んでいるY夫妻も今年も手伝いに来てくれました。お二人はうちのお米を食べているので商品知識が豊富でとても助かります。お客様なので呼んでまで手伝わせてはいけないと思うのですが、三年前に初めて来た時、突然店番を頼んでも快く引き受けてくれました。それ以来とても頼りにしています。今年もありがとうございました。

 私が外に居る時、店に来たお客様が「誰がご主人ですか?。」とおみずに聞いたらしい。沢山人が居たので分からなかったのだろう。「主となるのは誰だろう?。出店申し込みをしたのは私達だが、みんなエッサホイサ堂です。」お店を手伝ってくれた皆様ありがとうございました。皆さんと一緒で楽しかった。

 お蔭様で暗くなる頃に農産物は完売。忙しい1日でした。明日は片づけです。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11月01日  第26回武蔵野はらっぱ祭り 1日目
 朝から小雨模様。7時過ぎ会場到着。先ずは駐車場係りの仲間と再会。ここ数年は、1回目から一緒にやっているハヤと、若手のアラキ君が中心になってやっています。駐車場係りは仕事が多く、トラブルもあるので大変な仕事です。

 さて搬入を済ませましたが、小雨交じり。今日の天気は期待できません。商品が濡れないように開店準備をしました。開店後すぐ、見た事のある小さい男の子がやって来ました。 昨年のブログで写真を使わせて貰った子。今年も雨の、又甘酒を買いに来てくれました。

RIMG3929.jpg

 これは昨年の写真です。買ったばかりの甘酒を、スプーンを使って少しづつ舐めていたのが愛らしかった。

 「あれから甘酒好きになりました。」とお母さん。写真を撮らせて貰ったのでよく憶えている子です。1年経ったので大きくなっていました。来年も会えると嬉しい。来年の楽しみが一つ増えました。

 さて、昨年エッサホイサ堂のレジ&ポップコーン袋詰め係り&皿回し担当の少年Yが、お父さんと、雨の中登場。皿廻しの準備を終えると、お店の販売も手伝いを始めた。しかし雨足は強まり、雨はテントの中にも入って来ました。濡れないようにするので精一杯。お客さんも少ない。少年Yは午後スイミングスクールが有る為帰って行きました。雨の中ご苦労様。明日は活躍出来る天気になる事を願います。

 午後も雨足は強い。暗くなってからまた小さい子がお母さんとやって来ました。ポップコーンを買うなり頬張る。断わって写真を撮らせて貰いました。

IMG_0111.jpg

 甘酒幼児の後はポップコーン幼児。来年も会えると良いな。

 夜になり暗くなったので閉店。その後はステージ前へ。大トリは、瀬川洋&トラベリング・オーシャン・ブルーバード

IMG_0118.jpg

 雨の中お客さんも少ない。一番前に行くのも容易。瀬川さんはグループサウンズ、ダイナマイツを経て今でもロックしている。最前列で久しぶりに弾けた。本部に居たおみずは「着替えあんまり持ってないのに、また濡らして・・・・。」とスタッフに漏らしたそうだ。

 こうして雨の1日は終りました。




吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |