04月30日  田舎の選挙2 景観条例が遠のいた
 東京の友人が選挙に付いてフェイスブックに「AP通信」の記事を載せていた。「何故日本の多くの候補者は、道路沿いを走りながらスピーカーを使って名前を連呼するのですか?。」

 外国ではどうだろう?書いた友人は調べて見ると書いていた。ギリシャでの国政選挙では、街頭で自分たちの支持する政党をアピールする人たちでごった返し、屋台は出るは、花火をするはで大騒ぎでした。

 日本の連呼はいつから何だろう?私が小さい頃からすでに始まっていたような気がします。

 さて、松崎では連呼ばかりでした。定数8に対して10人が立候補しましたが、現職議員が一人落ちました。彼は一般質問で鋭い質問をしていました。その中に「景観条例」について進めるよう町長に提言していました。これでまた景観条例は遠のいた。代わりに入ったK党の議員は、出馬前に来た。「どうして出るの?。」「色んな人がやって来て、断りきれなかったのです。」「何がしたいの?J(共通の友人)は何と言っていた。」「同じ事言われました。」傍聴にも行った事が無く、「今年の予算案見た?。」と聞いたら「よく分かりませんでした。」「何処が?。」「予算の単位がです。」「そんなの脇に書いてあるじゃない。」おみずはひっくり返りました。それでも入るのはK党の組織力と、野党としての今の勢い。これが現実です。野党も何でもかんでも出す。と言う事が分かった。また相談できる議員が減りました。松崎の町政に未来は無い。

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月27日  稲発芽
 留守の間に、パレットの稲が成長しています。赤米・さよむらさきは既に日に当たっています。

IMG_0624.jpg

 ミルキークイーンと黒米・さよむらさきも外に出しました。

IMG_0626.jpg

 スズメの攻撃や強い雨に注意です。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月26日  埼玉は乾いてる
 急用で2日程、埼玉に行っていました。2日目時間が出来たので、「元教え子」の所に寄りました。この家族と出会ったのは32年前の秋、田無の保育所、園児の両親と保育者として。夫婦別姓、玄米菜食、東洋医学、自宅で文庫、等々とてもユニークな家族でした。私の興味を引く事ばかり、すぐに親しくなりました。

 今は定年になって畑を借りて、野菜を作っています。今回庭の畑を見せて貰いましたが、第一印象「乾いてる。」湿気が感じられない。そう言えば、川、排水路等水気が無い。松崎は、海、川、湧水、水路、等水気が多い。畑の草、虫等も違う。町と田舎はこうも違う物かと感じて帰って来ました。

 
 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月25日  田舎の選挙1 何を「宜しく」なの?
 町議会議員の選挙運動が始まっている。この町の候補が宣伝カーでやって来るが皆、「宜しくお願いします。」「頑張ります。」 「全員同じテープを使っているのか?。」と思ってしまう。何を「宜しく」なんだ。頑張れば良いってもんじゃないのだ、議員になるのだから。何をしたいかを訴えればいけないのだ。
 若い候補も全く同じ。若さが全く感じられない。出馬前家に来た時「今やっている、事前運動つまんないよ。爺さん連れて廻って、何処が若さだ。折角出るんだから自分のやりたい放題やった方が良いよ。」と言ったが、やっぱり同じ。

 松崎町では町議会選挙を「親戚選挙」と呼んでいる。親戚の数で当選が決まると言う事だ。余り田舎だと思った事は無いが、選挙の度にこの言葉が言われる。

 候補者に言いたい「こっちが(この状況)宜しくお願いしますよ。」

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月23日  種蒔き1回目
 稲の種を撒きました。

IMG_0619.jpg

 土、肥料、燻炭をおみず独自の方法で混ぜます。

IMG_0622.jpg

 パレットに入れ

IMG_0623.jpg

 種まき機(と言っても手動ですが)で蒔きます。

 今日蒔いたのは、ミルキークイーン1、さよむらさき、紅染めもちでした。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月22日  かじかの湯が大変な事に
 先週末、家に一番近い温泉「かじかの湯」に行きました。何故かいつもより暗い。入り口には「17時より臨時休業」と張り紙がしてあった。仕方が無いので家に戻り翌日行く事にした。翌日夜また行きましたが又真っ暗。

 仕方がないので国民宿舎「松崎荘」に行きました。かじかの湯もまつざき荘も、松崎町振興公社が管理、運営しています。フロントに知り合いが居たので、かじかの湯の話をしました。当然状況は知っていて「湯量が枯渇して居るかも知れない。」と教えてくれた。元々湯量が少なくポンプで汲み上げている様で、その湯量も減って来たと言う事か。

 「いつ再開できるのですか?。」「今の所分からないです。GWは無理かもしれません。」

 かじかの湯は、全国的にも珍しい、道の駅の中にあります。駐車場は広く、レストラン、トイレもあり、お風呂は露天風呂もあり入湯料は500円。週末にはキャンピングカーが停まっています。

 町民には割引もあり良く利用させて貰っています。何時再開するのだろう?困った。大澤温泉ホテルを少し過ぎた所に、温泉の排水口があるそうだ。夜、そっと行こうかな?
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月20日  岩科祭りで懐かしいものと再会
 昨日の写真展会場の隣は、機織りの体験コーナーでした。

IMG_0607.jpg

 そこで久しぶりに見たのが、これ。

IMG_0611.jpg

 藍の生葉染め。おみずと暮らし始めた20数年前、庭に藍の種を撒き、育った葉で、生葉染めをしました。懐かしい。

 種を無料で配っていた人は「藍強いですよ。生命力旺盛でどんどん増えて行きます。」種を頂いた。藍を育てて見たい方あげます、連絡下さい。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月19日  岩科重文祭りで写真展
岩科学校は明治13年に建てられ、なまこ壁をいかした社寺風建築様式とバルコニーなどの洋風建築様式を取り入れた外観が特徴的です。現存する学校としては伊豆地区最古で、国の重要文化財にも指定されています。(HPより)

IMG_0613.jpg

 素敵な学校です。あの時代こんなお洒落な学校を作るなんて松崎の人センスいい。この建物子供が見たら「行きたい!!。」と思うでしょ。

 30年前「第一回はらっぱ祭り温泉旅行」は、私がこの学校を見たくて企画しました。その時はまだ此処に住むと思っても居ませんでした。

 今日はこの学校にちなんだお祭りです。会場は隣の「岩科小学校」現在廃校となっています。お祭りは校庭、教室で行われます。私達は教室を使って写真を展示しました。

吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月18日  稲作作業始まる
 2日前、稲の種籾の、塩水選、温湯消毒をしました。品種は、ミルキークイーン①、黒米・さよむらさき、赤米・紅染めもち、の3品種です。種蒔きが、10日後位、田植えは5月下旬の予定です。

IMG_0595.jpg
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月17日  紐の正体
ジュート紐-だそうです。

これは麻袋の材料です。 縦糸にタコ糸 、緯糸にジュート紐 、機織して袋を作ります。

とコメント頂きました。ありがとう。

お蔭様で、畑で毎日使っています。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月15日  広がって行く耕作放棄地
 正月明けにも書きましたが、私達の田んぼの近くでは、一人また一人と続き、3人の人が今年から米作りを辞める様です。先日、家と反対の岩科区の人から「2反近く空くけど作らない。」と言う電話がありました。

 ほかの地区でも辞める人が多いと言う事だ。もう、「誰かがやれば良い。」と言う状況ではない。これから先高齢化が進み加速度的に耕作放棄地が増えるでしょう。何故なら、今は家族間で米作りのリレーが出来ていないのです。若い人は「兼業」をしなくなりました。経費、労働力が掛かるなら「買った方が良い。」となります。スーパーマーケットのお米は安い、米離れもある。日本の米作りどうなってしまうのだろう?
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月14日  謎の紐を紐解く
 先日ネットの上に張った紐は、姫路からやって来た友人がお土産として持って来たもの。

RIMG2988.jpg

 第一印象は 「何に使う紐だろう?」それは謎だが、農業に紐はいくらあっても困らない。何時か何処かで使えると思いました。

 そして数日前、満を持してシカ避け紐として登場したが・・・・・。

IMG_0583.jpg

 何と!1本ではなかった。

 意外にも長い紐が、30数本束になっていた。それを1本ずつ抜いて行く。まるで「ひもくじ」又は「パフォーマンス。」通る人が不思議そうに見て行く。「あら、またあの人達可笑しな事やっている。」と思っているだろう。だって普通、道路で大がかりに紐引っ張っている人居ないものね。私達は何故か楽しい。

 るんた、ありがとう。紐一山で楽しめたよ。しかし、何に使う物なんだろう??



 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
04月12日  侵入者は、シカ、ほか 多数
 先日、田圃の近くの人々に、動物の侵入を伝えました。足跡、糞からすると、シカかイノシシ。「もう出たか。」が概ねの感想。近くに狩猟会の人が居るのでそこにも行きました。糞の話をすると「シカだな。」一緒に居た人達は「しかしよく麦がやられなかったね。」稲も食べるが麦も食べるらしい。狩猟会の人が「申請を出しているので、少し待って欲しい。」と言ってくれた。

 しかしただ待っているわけにはいかない。皆「一応防御をしていると言うのを、敵に知らせた方が良い。」コメントをくれる「るんた」が、トウガラシの成分がシカ避けになると教えてくれたが、トウガラシはまだ二葉。ネットを張った

IMG_0592.jpg

  敵は正面の山からやって来る。入り口も塞いだ。張ったネットは、合鴨用のネット、これしかないから。シカは軽々と飛び越えるだろう。ネットの上に紐も張りました。

IMG_0594.jpg

 敵は右上の山から来て、道路沿いの畑まで広い範囲を行動している。

 そして今日、石部の棚田で猟を終えた猟友会の人2人が来てくれた。道路から「被害はあるかい?。」と声を掛けて来た。
 「被害はありませんが、足跡は一杯あります。」麦畑を見て貰った「うわ~。シカの足跡が一杯あるね。」田んぼも見て貰った。

IMG_0593.jpg

 これはあぜ道。この足跡は「シカ、イノシシではない、動物。」と言われた。ウチの田圃には何種類の動物が居るんだ?狩猟免許を取り、猟友会に入る事を勧められた。

 近くの田んぼの人が来ていた。彼の住まいは大澤温泉のもっと上、松崎の一番奥。「ウチの方では、夜子供を迎えに行く時シカが群れでいるよ。」被害もあるそうだ。「耕作放棄地が増えると、そこにやって来る。近くで耕作している人が被害に遭う。それが原因で辞める。そして又耕作放棄地が増える。猟友会の人数も少なく駆除も難しい。」国、県は農業を守る為、対策にお金をかけて欲しい。現政権は獣害が増えたら対策よりTTPの方が良いと思っているのかな?










吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月10日  鳥は問題なくなかった
 今日野菜の苗を見ると、何者かに掘られている。突っついた後がある、鳥だ。籾殻をポットに入れている為だろう。先日「鳥は問題ない。」は訂正。「鳥は危険度B」

IMG_0591_convert_20150412175547.jpg

 ナスを2本抜かれ、写真手前も掘られている、苗は無事。まさか、苗を狙うとは思っていなかった。油断できない。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
04月09日  県議会選挙
 賀茂郡、下田選挙区では、自民党現職と無所属の議員が立候補しています。無所属の議員は選挙前家に来てくれた。東伊豆町奈良本に住んでいる、町議。奈良本と言えば風車。彼とは保坂展人元衆議院議員が風車を視察に来た時顔を合わせていた。

 その彼が、松崎に街頭演説に来た。行って見た。応援に、民主党の渡辺周が来ていた。彼の親が松崎出身とかで、よく来ているが、話したことは無い。今回は言ってやった「(選挙に弱い、自民党の好き放題)この状況どうするの?。」「若い人に選挙に行ってもらうしかない。」「所でね。松崎新港にずっと置きっぱなしの風車の部材、如何な物かね?。」「あ、すいません支援者の方が見えたので・・・・。」 逃げられた。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月08日  花吹雪
 今日は雨。稲取に、配達、納品に行きました。帰り道河津桜並木の横を通った。今は染井吉野が咲いている。その花吹雪の中、小学生が駆けて行くのが見えた。皆新しいランドセルに黄色い真新しいカバーが付いている。入学式か。

 ♪桜の花びらが咲いた時、母さんと手を繋いで歩いた道。それからいつでも花吹雪♪
  (東京キッドブラザース・帰って来た黄金バット・1971年3月)

 私が小さい頃は入学式を祝うかの様に桜が咲いていた、子供頃を思い出しました。あれから随分遠くへ来てしまった気がする。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月06日  忍び寄る足跡
 其の1

IMG_0572.jpg

 外に糠を出して置いたら、足跡がくっきり付いていた。鳥の仕業だ。これは問題ない。

 其の2

IMG_0531.jpg

 先日耕した畑に無数の足跡が、 これは動物の足跡だ。近所の人に聞いて見た。「色々いるよ。ウサギ、アナグマ、タヌキ、ハクビシン、イタチ・・・・。」

IMG_0530.jpg

 近くで見た。いやな予感がした。多分、イノシシかシカだろう。しかし、此処は県道に面していて2方は交通量も多い。一体何処から来るんだろう?

 ムギ、頭しかない芽キャベツ、ほうれん草、グリンピース、空豆、ジャガイモ、などに被害は無い。何が何のために入ったんだろう?油断はできない。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月05日  雨の三聖苑祭り
 朝から小雨が降っています。「今日は中止だな。」と思った。7時20分区長の家に確認に行った。「まだ連絡は来ていないが、僕らは式典があるので、行きます。」「??」昨日7時に役員が集まって決定するって話だったのに。
 
 8時半に会場に行った見た。皆やる気満々。雨はやんでいた。

 焼きそばのブースに行った。あ!埼玉から移り住んだ「バサラ」の仲間Hさん、他にも20代の農家のS君ともう一人男の人が居た。これで男手が4になった。知り合いばかりなのでやり易い。すぐ火を点け、準備に掛かるが、いきなり400食分の材料を全部渡された。レシピは無い。近所のTさんに頼み、麺、野菜、肉を4つに分ける作業から始まった。

 何とか焼きだしたが、水が無い、胡椒が無い、パックが無い、箸が無い、レジ袋が無い。集まったのは、粗区長の奥さんで構成されているので毎年変わる、慣れていないのでこういう事が毎年起こります。私はその度に走る。

 1回に10キロを超える焼きそばが、4か所で焼きあがる。もう皿では受けられない。タライを見つけて来た。そこに受けるが、女の人が多いので、10キロ超えは大変、男が代わる。

IMG_0560.jpg


 炭で焼いているので、熱い、喉も乾く。「飲み物は無いの?。」の声が上がる。当然の要求と思う。早速厨房へ。「特別に用意していないけど。」と言いながら6本の小さいペットボトルのお茶と、紙コップをくれたが足りない。実行委員長を見つけ出し「とにかく、熱く、煙く、4時間起ちっぱなしで大変なんです。何か飲み物は無いんですか?。」「特別用意していない。」「何とか用意出来ないのですか。」「暖かいお茶のサービスはあるがそれでどう。」暑いって言ってるのに。無期限ストライキを起こすぞ!と言いたかったが、急いで他をあたった。無料コーナーのの若者が理由を知って、大きいペットボトルにジュースを入れて持って来てくれた。有難い。

 IMG_0561.jpg

 10時頃、又雨が降って来た。テントの廻りが濡れて来る。それでも皆手は止めない。

 チラシには「飲食コーナー10時30分より販売」となっている。が、一般の物品販売、他のコーナーは販売を始めている。「ルールはあるのか??」

 12時過ぎ終了。雨に濡れながらやきそばを焼いていた人が「乾いた。」皆さんお疲れ様でした。しかし、問題点は沢山あった。改善策を提案しなければ。

 さて、焼きそば係りの後は、写真展当番。忙しい1日でした。
 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
04月04日  また婦人会に入る事になってしまった
IMG_0557.jpg

 天気予報では今日からずっと雨。朝は雨が降っていましたが、11時位から快晴となりました。今日は写真展の当番。会場が道の駅とあって、お客さんも多い。

 さて、明日は此処「三聖苑」の三聖祭り。ここ数年はこの日、男一人「婦人会」に入り、焼きそば係りをしていました。昨年から写真展をしているので、やきそば係りから離れました。とは言え、昨年も忙しい時間は手伝いました。私の本音は、年々少しづつ離れていく「フェイドアウト作戦」を決行しようと企んでいました。

 しかし、今日婦人会から「写真展の当番は何とかするから、やきそば係りに専念して欲しい。」と通達が来ました。なので「フェイドアウト作戦」は敗北し、明日やきそば800食焼く事になってしまいました。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月03日  写真展
IMG_0542.jpg

 今年も三聖苑で写真展を開きます。今年のテーマは、「松崎の今昔」古い写真を集めました。明日から、ざっくり1週間のゆる~い予定です。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月02日  ある卒業式
 原発事故で一時、全村避難した福島県川内村で、六年生は1人だけの卒業式があったそうです。1対1で授業をした先生が「お互い頑張るの、もうやめっぺ。」と声を掛けたそうだ。

 卒業生の女の子は「一人だけど、一人ではない。寂しいけど、かわいそうではない。」
と式で語ったそうだ。

 言葉が胸に沁みた。新しい世界が一杯広がる事を願います。

RIMG2223.jpg
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月01日  桜見頃
 松崎の桜は9分咲き位です。テレビのニュースで東京のお花見の様子を見ますが、東京の方が早いと思いました。しかしまあ、あんな狭い所でよく花見をするな?と思うのですが、ぽつんと花見をするより楽しいのかな?

 私達は今日も田起こしの予定でしたが、生憎の雨。昼間おみずが売店に納品に行きました。帰って一言「雨なのに観光のお客さん花畑に沢山居るの。売店も忙しかった。」予定道理と言う事なのでしょう。

IMG_0532.jpg

 那賀川沿いの桜並木は、夜になるとライトアップされますが、花見をする人は居ません。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |