05月31日  静岡県東部震度1
今朝新聞を見て驚いた。「マグニチュード8・5?」何処の国の話しだ?隣に「関東でも震度5」「え!」地震あったの?

 メールを開くと「姫路のるんた」から地震見舞いのメールがあった。いつもありがとう。松崎では揺れは全く感じませんでした。ただフィリピンプレートはちっと怖い。

 今月も今日で終わりです。ブログランキングで1回3位で緑の王冠を貰いました。閲覧数も今日現在3番目でした。皆さん有難う。明日は2回目の代掻きです。

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05月28日  麦刈り
 麦を刈りました。バインダーを田んぼに移動中「もう稲刈り?。」と突っ込まれる。「まだ植えて4日目ですからまだ早いです。」と答えた。この時期バインダーを使っている人は麦を作っている人。松崎町でも何軒も無いでしょう。

IMG_0786.jpg

 稲と違い、土寄せしてあるので、バインダーが左右に揺れ、真っ直ぐ走りません。バインダーを操るアンジーの為、ガンジーが寄せた土を平らにします。バインダーが早いので、必死で平らにしました。

 暫く干して、午後から脱穀しました。

IMG_0787.jpg

 田植え機、バインダー、脱穀機が並んでいます。それぞれを出し入れするのも大変です。

 脱穀中人が入って来ました。「何だろう?。」と思ったら「農林水産省の者です。」と言われたので「エッサホイサ堂です。」と答えた。「あ!エッサホイサ堂さんですか。今年も麦の出来がどうか知りたいので、後で電話しても良いですか?。」と言われた。わざわざ作業中に入って来たのは麦を作っている人がそれ程少ないと言う事なのでしょう。

IMG_0790.jpg

 脱穀した麦は水分が高いので、すぐに広げて干しました。今日も忙しい1日でした。





吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05月26日  助っ人現る
 今日は昨日機械植えをした所の、補植です。4月から松崎町の「地域おこし協力隊」になった、Mさんが手伝いに来てくれました。補植は人の手でしか出来ません。手が多いと助かります。田植えは小さい頃と、石部の棚田で経験しただけだと言っていましたが、要領が良い。3人で補植をしたので夕方にはすべて終了しました。Mさんありがとうございました。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
05月25日  田植え機今年も・・・・。
 今日は第一回の田植えの日です。朝、ウチのポンコツ田植え機「オスプレイ・エヌ、オー号」を出しましたが、今年は「植え付け」が動かない。二人でワイヤーに油をさしましたが動かない。これはピンチ!。本家と同じポンコツです。私はワイヤーの販売先を探しました。おみずはそれでも油をさし続け、小一時間で「植え付け」が動きました。田植えが出来る。

 今年初の植え付けは、ウチのエース「アンジェリーナ・清水」

IMG_0779.jpg

 アンジー、軽快に田圃を舞う。ガンジー吉田は見てるだけ。

 その後は、ポンコツオスプレイN・O号は頑張りました。今日植えた品種は、ミルキークイーン1、黒米・さよむらさき、赤米・紅染めもちの3品種でした。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05月23日  麦色づく
IMG_0763.jpg

IMG_0759.jpg

 「小麦色」になって来ました。西日にあたると綺麗です。夕方眺めると幸せな気分になります。

吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05月22日  代かき
IMG_0762.jpg

 代かきをしました。

 年間契約のお客様の出荷があるので、その翌日25日、第1回目の田植えの予定です。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05月21日  不思議な花
IMG_0711.jpg

 柿の木の枝の間に咲いています。毎年必ず咲きます。余り大きくはなりませんが、毎年少しずつ成長しています。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05月20日  盆と正月滞在中
 忙しい。先日堰上げで一緒だった人が「何で1日は24間しかないのかな?。」と言っていたが、その通り。「今日、あれをして、次これで、明日までにあれをしないと。」など頭の中が一杯になっている。昼過ぎ電話が鳴った。「役場ですけど、会議始めても良いですか?。」しまった!国民健康保険組合の会議だった。夜の会議は憶えていたが、これは忘れてた。急いで行った。10分遅刻してしまった。

 今日朝から最後の種蒔き。上手くなったが、次はまた来年となった。午後は田んぼに水を入れ、夜は会議。盆と正月は暫くエッサホイサ堂に留まっています。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05月19日  選別のBGM今日はR&B
 朝から雨。選別をしました。今日のBGMはR&B。おみずが持って居るオムニバス「リズム&ブルース、ベストヒット60」

 オーティスレディング、ジェームスブラウン、レイチャールズ、アレサフランクリン、ウイルソンピケットetc。みんな良い。そして上手い。私より少し上の、上田正樹、もんたよしのり、デイブ平尾、和田アキコ、大上瑠璃子など多くの歌手がこの音楽に魅了された。今聞いてもやはり良い。

 「今日は何でR&Bなの?。」とおみずが聞いた。「ガ!ガ!ガ!ガッツ!が聞きたかったの!」キヨシローもよくやってた。しかし残念ながらスタジオ録音なので誰もやってくれなかった。今度オーティスの「ライブヨーロッパ」のレコード聞こう。

 このCDには英語+日本語歌詞カード付、と書いてある。

IMG_0766.jpg

 それがコレ。う~ん、何故訳詞でなくてカタカナなんだろう??ひらがなでも困るけど。

吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05月18日  溝掘り
 今日も溝掘りです。

IMG_0743.jpg

 畔にあった大きな石を退かしたら、フレッシュな色のカエルさんが隠れてた。
 午後は畑仕事、夜は選別と忙しい1日でした。

IMG_0737.jpg
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05月17日  堰上げ
 今日は堰上げ。那賀川の水を止め、田圃の水路に水を入れる日です。

RIMG1954.jpg

 前の日雨が降ったので、水量が多く、流されない様に慎重に作業しました。那賀川の水は綺麗で、鮎が放流されています。他には、川エビ、手長海老、ウナギ、河童(嘘です)などが居ます。これらは那賀川から間違って入って来る事も有ります。ウナギだけはまだ見た事がありません。

 さて、堰を開けたら、田圃に水が入っていないか確認。最初の水には水路の、草の種や葉っぱ、砂、枝などが流されて来ます。皆それらが通過してから水を入れます。

 私達もそれをやり過ごして、2回目に撒いた63枚の稲苗を田んぼに運びました。何故急いで田んぼに運んだかと言うと、田圃に水を少し入れ、苗を置いておけば、水やりがいらないからです。1回目の苗は田んぼに水が無いので、家の庭で水やりをしました。1回目の23枚と、今度の63枚を庭に置くのは不可能です。それですぐに田んぼに持って行ったのです。

 稲運びの後は、溝掘り。水路に水が入ると、どうしても湿って来ます。湿った土は重い。なるべく乾いているうちに作業を進めます。明日も土木作業は続く。

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05月15日  トラクターが走るとネズミは走り、鳥は寄ってくる
 今日は田起こしです。トラクターが走ると、田圃の動物、爬虫類、虫達は逃げます。が「待ってました!。」と寄って来るのは鳥達。

IMG_0717.jpg

 最大20羽位がトラクターを運転するおみずの後に連なります。パレードみたいで見ていると楽しい。彼らの目的はミミズ、口いっぱいにミミズを詰め込む。喉詰まらないのかな?

IMG_0726.jpg

 新鮮なエサを求めて、すぐ近くまでやって来ます。鳥も鮮度の良いのがお好き、生物って皆同じだ。


 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05月14日  種蒔き2回目
 稲の種蒔き2回目をしました。土は滋賀県の土、肥料は、大豆を主原料とした植物性有機100%の発酵肥料、大分県産の「有機パワー」を使っています。

 今日蒔いたのは、サリークイーン、イセヒカリ、豊コシヒカリ、喜寿もちの4品種63枚でした。

IMG_0709.jpg
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05月13日  忙しくなってきました。
 25日には第一回目の田植えの予定です。となると、田起こし、溝掘り、代掻き等のアウトドア作業から、温湯消毒、種蒔き、出荷のインドア作業もあり、とても忙しいです。

 午前中は3回目の、塩水選、温湯消毒。品種はミルキークイーン2。終わるとすぐに田んぼにトラクターを入れました。

IMG_0706.jpg

 2回目の田起こしなので、さっさと夕方まで走りました。週末は天気が悪そうなので、その前に終わりに出来ると良いな。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05月12日  麦の花
IMG_0648.jpg

 4月下旬に撮りました。今は熟して来ています。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05月11日  晴天
IMG_0701.jpg

 今日はとてもいい天気。朝から溝掘りです。
IMG_0702.jpg

 午後精米所に行きました。帰りに花畑を通ると、殆ど耕うんされていました。「田んぼを使った花畑」は観光用の田んぼではなく、毎年お米を作っている田圃です。田んぼを花畑に貸している人は、花畑が終わるのを待ってすぐに耕うんし、お米を作る準備に入ります。

IMG_0694.jpg

 空豆の土寄せをしていたら、トマトが勝手に発芽してた。凄い生命力。

 先日「摩訶不思議な長ネギ」と事を書きました。あのネギは「ネギ坊主」が出来ないのです。人から頂いた苗から作りましたが、坊主はでず、先に出来た球根の様な物を又植えるとネギが出るそうです。今まで見た事が無いねぎです。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05月09日  月光仮面って誰?
 今日も溝掘りです。おみずは畑作業です。夕方雨が降って来たので、おみずの居る畑に車で迎えに行きました。

 「月光仮面みたいだろ。」と言うと「月光仮面って、雨が降ると来るの?。」此処が15歳の年の差だ。

 「人がピンチの時に来るから!!雨が降ると来る人って何する人なんだよ。奥さん~雨が降って来ましたよ~洗濯濡れますよ~。とか、布団が濡れますよ~。とか言って月光仮面が町内を廻るか?そんなんじゃ子供のヒーローにはなれないでしょ。」 

「♪月光仮面が来ないのと、あの娘が電話かけて来た、金が欲しくて働いて眠るだけ♪」(忌野キヨシロー)

 おみずが歌う。おみずの中で月光仮面は此処にしかいない。私とて幼すぎてよく知らないのでした。月光仮面て何者?

吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05月08日  ねぎ
IMG_0686.jpg

 真ん中に写っているのは、玉ねぎです。首をなが~くしています。ほっといたら何処まで長くなるんだろう?天まで届いたら登って行こう。

IMG_0696.jpg

 これは長ねぎですが・・・・・。普通のねぎとは違う摩訶不思議なねぎです。

 さて、どこが違うでしょう??

IMG_0685.jpg

 ヒントはこれです。

 最近は毎日溝掘り、土木作業。20枚の田んぼの4隅を少しずつ掘っています。

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05月06日  花摘み終わる
 松崎町最大のイヴェント「田んぼを使った花畑」5月1日から5日の「花摘み」が終了しました。

 松崎に来て10年になりますが、初めの頃は凄い人出で、駐車場前は大渋滞になり、近くの「よりみち売店」に納品に来る生産者の人達の車が止められず、はるか向こうの旅館「山芳園」さんの前に車を止め、花畑の中を歩いて納品したと言う事も聞きました。

 それから年々観光のお客さんが減っています。以前は、農業振興会、振興公社、等の団体がお店を出していましたが、人が減った為か出店する人も居なくなりました。

 原因は何だろう? 花が綺麗に咲かないのが最大の原因でしょう。が、そろそろお客さんも飽きてきていると思います。観光のイヴェントは他所にもあります、何度も「花畑に行こう。」とはならないと思います。東伊豆の「吊るし雛祭り」も年々お客さんが減っていると聞きました。伊豆は自然豊かで、山、川、海、温泉があり、心も体もお腹も満たしてくれるところです。「花畑」良い企画だと思うのですが、今のままで良いのだろうか?

IMG_0680.jpg

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05月05日  塩水選&温湯消毒2回目
 今日の品種は、喜寿糯、イセヒカリ、豊コシヒカリ、サリークイーンでした。

IMG_0679.jpg
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05月04日  寺山修司生誕80年
「振り向くな、振り向くな、後ろには夢がない」

「どんな鳥も想像力より高く飛べる鳥はいない。人間に与えられた能力のなかで、一番素晴らしいものは想像力である」

「わたしの存在そのものが質問なのだ。その答えを知りたくて生きてるんだ」

かつて、私は、「街は大いなる開かれた書物である」と書いた。 しかし今ならばこう書き直すことだろう。
「街は、今すぐ劇場になりたがっている。さあ、台本を捨てよ、街へ出よう」と。

「[貧しい想像力の持ち主は貧しい世界の終わりを持ち 豊かな想像力の持ち主は豊かな世界の終わりを持つだろう」

「二人で並んで こうやって目をとじていっしょに居眠りしても…同じ夢を見れないなんて変なことね どうしてかしらね」
「それは 目をあいたときにいつも同じ夢をみているからだよ」

「たかが言葉で作った世界を言葉でこわすことがなぜできないのか 引き金を引け 言葉は武器だ!」

「明日になれば 思いがけないことが起こるかもしれない」
だから「明日何が起こるかわかってしまったら 明日まで生きる愉しみがなくなってしまう」のである

まだ一度も作られていない国家を目指す。
まだ一度も想像された事のない武器を持つ。
まだ一度も話された事のない言語で会話する。
まだ一度も記述された事のない歴史と出会う。
そして、まだ一度も味わった事のない悲しみを知る。

寺山さんの言葉の数々。刺激的で、魅力的です。

1983年5月4日から、寺山さんの新しい言葉が聞けなくなりました。


吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05月03日  GWに餅つきライブ
 先月、東伊豆の友人から「GWに友人が来てライブをする。」と言う話がありました。その友人は昔渋谷の「アピア」などでライブ活動をしていたそうで、私達の友人I君と対バンのバンドのメンバーが彼だった。それから20数年の付き合いだと言う。

 しかし会場となる家は「餅つきの家」と呼ぶくらい餅つきが好きだ。当然ライブ前にも餅つき。もうこの家の儀式。

IMG_0667.jpg

 玄米餅の後はよもぎ餅。

IMG_0670.jpg

 「梅ちゃん」のライブ。」流石場慣れしている。昔はR&Bだったらしいが、今は60年代フォークの様でした。その後は、南伊豆の「コサト」ちゃん。ギターの弾き語り、シンプル、声が面白かった。

 東海岸の海を見ながら、連休で混みだした海岸線をドライブ。三筋山の眺めながらの、餅つき、ライブ。沢山の友人にも会えました。エッサホイサ堂のGW早くも終了。

吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05月02日  エッサホイサ堂のGW
 数日前、おみずに「ウチはGWの予定あるの?。」と聞いたら。

 「あるよ!畑仕事!」 こいつはいつもこんな奴だ。なんでこんな奴選んでしまったのか・・・・。でも良く考えたら、おみずのGWは24歳から私と一緒に、千葉の田んぼで田植えしていました。千葉から埼玉そして静岡へ、20数年前からGWは田んぼでした。GWに田んぼ以外の所に居た事は無かった。今年も「此処より他の場所」には行けそうもない。

 さて、畑の様子です。

IMG_0629.jpg

 ジャガイモ

IMG_0630.jpg

 空豆

IMG_0631.jpg

 ニンジン

IMG_0672.jpg

 グリンピース

 他には、ラディッシュ、アスパラガス、ニンジン、ホウレンソウ、大根、ラッキョウ、レタス、夏野菜はまだまだちびっこです。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
05月01日  5月
 五月の詩・序詞  寺山修司

夏休みよさようなら
僕の少年よ さようなら
ひとりの空ではひとつの季節だけが必要だったのだ 重たい本 すこし
雲雀の血のにじんだそれらの歳月たち

二十才 僕は五月に誕生した
僕は木の葉をふみ若い樹木たちをよんでみる
いまこそ時 僕は僕の季節の入り口で
はにかみながら鳥達たちへ
手をあげてみる
二十才 僕は五月に誕生した

大好きな寺山さんの詞の一部です。私が好きな所を抜粋しました。

1年で5月が一番好きです。41年前18歳の5月、私の見る物は何もかもが輝いて見えました。それから何回も5月が来ました。輝きは少しずつ薄れて行きましたが、この地で、田圃に居るとまた少し輝いて見えて来ました。

IMG_0665.jpg

吉田区の裏の山。41年前は原宿と渋谷が好きだった私が、山の見える所に住んでいる。あの頃の友人達には想像も出来ない所に居る。

吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |