08月01日  松崎の夏の風景
 朝から「ジージー」とアブラゼミが鳴きます。畑に行くとキジが朝食にウチのトウモロコシを食べている。夏休み、子供達がザリガニ取りをしている。田んぼにはヤゴが。日中はとても暑い。暑い時は水路に入る。小魚が逃げて行く。夕方になると風が涼しい。トンボが田んぼの上を舞い、ヒグラシが鳴き出す。そして暗くなって、静かに1日が終わって行きます。

 殆ど人に会いません。毎日会うのは、サギ、鴨、キジ、カエル、魚、ザリガニ、セミ、トンボ、セミ、ミミズ時々ヘビ。此処は私の小さい頃の記憶と同じ。消えゆく古き良き夏の情景がまだある。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |