10月31日  武蔵野はらっぱ祭り出店 東京は冬だった
 数日前の良く晴れた日、半ズボンにTシャツ、テンガロンハットを被って、自転車に乗った人を見かけました。よく見たら、田圃を伝手だってくれるHさん。釣りの帰りか。「松崎はまだ夏か~。」

 はらっぱ祭り初日、Tシャツで会場入りしました。本部に行くと懐かしい顔ばかり。服装を見ると「??」厚着をしている。「なんでそんな冬の恰好をしているの?。」「吉田さんこそどうしてTシャツなの?。」伊豆と東京は季節が違うようだ。

 会場に着いたら、臨時駐車場からリヤカーで荷物を運ぶ。駐車場の急な坂を上り、デコボコの道路を7~8分掛けて押し、出店スペースにたどり着きます。

IMG_1369-151031-1.jpg

 どこの店もこれを数回します。私などは荷物運びだけで疲れてしまいます。

 開店と同時に祐君がやって来て、皿回しを披露してくれた。

IMG_1365-151031.jpg

IMG_1366-151031-3.jpg

 相変わらず上手い。そして東京の人は厚着だ。昼間こんな厚着をしている人は伊豆には居ない。もし居ても「具合でも悪いの?。」と聞かれるだろう。

 さて、開店してからはお馴染みさんがやって来る。「あ~お久しぶり。」の連呼。会場内を歩いても同じ状態。皆1年ぶりの再会です。

 野菜は順調に売れ、おにぎりも握る前から予約が入る。他にも、甘酒、ポップコーンの良く売れました。余り忙しいので、かき餅は作れませんでした。夕方流石に寒くなり上着を着ました。伊豆の人間から東京人になった気分で日は暮れ、1日目は終了しました。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月30日  連休のお知らせ
10月31日から11月2日まで、社員旅行&同窓会&出店の為休業させて頂きます。

 その日は、都立武蔵野公園、くじら山下に居ます。お近くの方いらしてくださいませ。

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月27日  はらっぱ祭りまで 後4日 餅つき始まる
 おみずが、はらっぱ祭り用の餅を作り始めました。私は、黒米、赤米、サリー、等の選別、これもはらっぱ用です。現在はらっぱ出店準備に追われています。

 つきましては、現在お米の注文を承っておりません。はらっぱ祭りの片づけが終わり戻りましたら、再開いたします。はらっぱ祭りは年に一度の東京出店です。何とぞご容赦願います。

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月26日  稲作作業終了
IMG_1359-151026.jpg

 赤米の脱穀をしました。これで稲作作業本編終了。はらっぱ祭りに間に合いそうです。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月25日  もち米脱穀
 午後からもち米の脱穀をしました。後は赤米の脱穀だけになりました。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月24日  はらっぱ祭りまで 後1週間
 「武蔵野はらっぱ祭り」が1週間後になりました。はらっぱに持って行く、お米、加工品の準備、新米出荷、脱穀と、やる事が一杯あって分からなくなっています。対策は、メモする、カレンダーに書く、冷静になる、などなど。しかし、天性のおっちょこちょい。メモはなくすは、書いても忘れる。

 さて今日は年間契約のお客様の出荷がおわりました、一安心。

 そこへ、はらっぱスタッフから連絡が。駐輪、駐車場のスタッフが足りないらしい。今年もか。はらっぱ祭りは年々人が増え、1日1万人位の人が来ます。それはそれでいい事なのかもしれませんが、30年前スタートした時の「僕らが楽しむ祭り」の規模を越えています。そして仕事が増えている。20数年前、急に人が増えだした時、あるスタッフが「みんなでつくろうはらっぱ祭り!。と会場に書いて僕らが何もしなくても良いのが理想だよね。」現状は人が増える一方で、スタッフが少なくなっています。

さて、今年は柿が豊作です。

IMG_1356-151024-2.jpg

 今日の仕事は、出荷と、もち米、赤米の一部脱穀、棒片付けでした。

吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月23日  稲の乾燥待ち
 秋も深まって来て、日照時間が短くなり、初秋程稲が乾きません。待つしかありません。今日は落花生掘りをしました。

-151023-1.jpg

 掘ったら、洗って泥を落とします。

151023-2.jpg

 夜に選別して、明日よりみち売店に納品します。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月21日  今年最後の稲刈り
 さて、今日は最後に残った、赤米の稲刈りです。

IMG_1337-151021-1.jpg

 沢山作っていないので、すぐに終わりました。

IMG_1340-151021-2.jpg

 これで今年の稲刈りは終りました。一安心ですが、干してある、稲が中々乾かない。この時期は日照時間が短く、朝夕、露が付くので中々乾きません。赤米の稲を刈って掛けている時に、干してある、イセヒカリとサリークイーンの水分を計りました。脱穀出来そう。赤米はそのままにして、脱穀をしました。

IMG_1342-151021-3.jpg

 忙しすぎて、何をやっているのか、分からないくらいです。イセヒカリ、サリークイーン、脱穀終了。終わると籾を運び、家に入れ、再び田んぼに戻る。うす暗くなった田んぼで、見えなくなるまで、赤米のハザ賭けをしましたが、終わりませんでした。

 さて、今日は10・21国際反戦デーです。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月20日  籠る事4日目
 大選別4日目。4日間家に籠って、只管選別。夜7時、後15キロになりました。明日は外に出られそうです。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月17日  はらっぱ祭りまで 後2週間
 稲刈りは順調に進んでいますが、晴れているのに外に出られない。お蔭様で新米注文ラッシュ。嬉しい悲鳴です。夜討ち、朝駆け、ひがな選別に励む日々です。この後年間契約のお客様の出荷も控えています。いつになったら外に出られるか・・・・・。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月16日  サリークイーン稲刈り
 サリークイーンの稲刈りをしました。

IMG_1316-151016-1.jpg

 サリークイーンは長粒米です。

IMG_1329-151016-2.jpg

 サリークイーンはノッポです。

 今日は稲刈りと脱穀が重なりました。連日の稲刈り脱穀で二人共疲れ気味。近くの温泉「かじかの湯」に行きました。やっぱり温泉は良い。温泉の近くで良かった。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月15日  第27回 武蔵野はらっぱ祭り出店
 10月31~11月1日 東京都小金井市にある、都立武蔵野公園くじら山下で開かれる「武蔵野はらっぱ祭り」に出店する事になりました。

 出店品目は、お米、野菜、玄米餅、甘酒、おにぎり、揚げ選、等販売

 他には、写真展、小学生祐君の皿回し。

IMG_0123-151015-1.jpg

IMG_0134-151015-2.jpg

IMG_0115-151015-3.jpg

 コンサート、お店(飲食、物販)約60店、フリマ100~200店、パフォーマンスも色々。入場無料です。最寄駅は中央線武蔵小金井駅、会場まで徒歩20分位です。詳しくは「武蔵野はらっぱ祭り」で検索してください。

 はらっぱ祭りを始めて30年が過ぎました。始めたのは29歳の時、人生の半分も関わってしまいました。還暦も近いのでもう引退をしようと思っていますが、毎年お馴染みさんが多数来店して下さいます。今年も参加します。お近くの方お出掛け下さい。

吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月14日  もち米稲刈り
今日も晴れ、風も穏やかな日です。晴れればどんどん仕事を進めます。

IMG_1309-151014-2.jpg

 稲を刈っていると「ドン!ドン!」とライフルの発砲音の様な音が度々しました。「駆除狩り?かなり近くだぞ。」その後も度々聞えました。いくつか隣の田圃から煙が上がる。「あ!竹を燃しているんだ。」竹を燃すと、節の所が破裂し「ドン」と破裂音がします。稲を刈りながらそちらを見ると、まだ燃している。「勿体ないなあ」作業の手を止め貰いに行きました。

 燃している人は顔なじみ「あげようと思ったんだけれど、古いから遠慮したんだよ。」「いや~勿体ないです。良い竹ですね。かなり古いものでしょう。此処まで使っているのだからまだ大丈夫でしょう。使わせて貰います。」ウチの竹は、引っ越してから急遽切った物で、若いのを切らざるを得なかった。これは適期にいい物を切ったのでしょう。軽くて丈夫そうだ。

 精米に行っていたおみずが戻って来た。合流して「いや~私にとっては指輪以上のプレゼントです。」

 余談であるが、おみずに指輪を買ってあげたことはまだ無い。20年近く前、はらっぱ祭りで風船を捻り「この売り上げで、おみずに結婚指輪を買う!。」宣言した。聞きつけた友人達が「どう?指輪買えそう?。」と覗きに来る。「今は駄菓子屋なら。」翌日には「う~ん、銀らな買えそうかな?。」にまでなりました。しかしおみずは「指輪しないから、いらない。」子供達から頂いたお金、有難くて、まだその百円玉は使えないでいる。

 さて、早速貰ったハザ棒でハザ賭け。道路に置いた稲束の中から。

IMG_1313-151014-1.jpg

 こんにちは。

吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月13日  強風に勝ったり負けたり
 朝早く玄関人に近所の人が「ハザ賭けが倒れてるよ。」「あれは倒してあるんです。昨日の風ではまた倒れるので。」

 田んぼに行くと。

IMG_1301-151013-1.jpg

IMG_1302-151013-2.jpg

 ありゃま。予想はしていましたが、やはり。

 天日干しにすると、こういう事もしばしば起こります。コンバインだと、刈ってすぐに乾燥機で乾燥するのでこの手間は掛かりません。棒を運ぶ事もしませんので、かなり楽です。近所では天日干しはウチ位です。大変ですが、この方法が自然なので続けます。

 さて、建て直そうかと思いましたが、今日も強風。「風がよく吹いたと言う事は、稲が乾燥していると言う事じゃないの?。」とおみず。立っている稲の水分を計ると、朝早くにも拘らず低い。少し待って、脱穀する事にしました。

 強風の中の脱穀。脱穀機に置いた稲が飛ぶ。機械から出る砕けた藁が顔面直撃する。めげずに脱穀します。風が強いのでよく乾きます。問題はいつ倒れるか?だけです。お蔭様で建っていたすべての稲を脱穀出来ました。風にを味方に付けました。してやったり。

 脱穀後は、倒れた稲の起こし。新たに建てると倒れる可能性があるので、脱穀して稲がなくなった、風に勝ったハザ棒に掛けました。これで強風でも大丈夫でしょう。風に勝ったり負けたりの1日でした。

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月12日  雨後強風
 日曜日は雨、久しぶりに休む事が出来ました。今日は朝から「ばんばん刈るぞ~。」と思っていたら、思わぬ強敵が立ちはだかりました。田んぼに行くと、ハザ賭けが倒れていた。起こしても又飛ばされる。風速は6m。起こすのは諦めました。明日も強風は続く予報。明日の朝何本建っているかな?

 



吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月10日  黒米稲刈り
 今日晴れていれば、史上最短、稲刈から2日で豊コシヒカリの脱穀が出来たのですが、生憎の曇り空。黒米・さよむらさきの稲刈りをしました。

151010-1.jpg

IMG_1287-151010-2.jpg

 黒米は、切株も黒です。

 稲刈りをしていると、アゲハチョウが黒米に停まっている。バインダーが近づくと、近くの黒米に移る。

IMG_1299-151010-3.jpg

 あまり元気でない様子。もうすぐ一生を終えるのかな?

 さて、昼過ぎ雲行きが怪しくなって来ました。雨の中の作業は辛いので、お昼ご飯を食べずに続けました。2時過ぎ終了。と同時に雨。今日の脱穀はやっぱり無理でした。

吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月09日  イセヒカリ稲刈り
IMG_1286-151009.jpg

 今日はイセヒカリの稲刈りです。昨日リトルハートの二人に4隅を刈って貰ったので、朝からバインダーを走らせました。どんどんと進み、黒米・さよむらさきまで刈れる勢いでしたが・・・・。

 昨日刈った豊コシヒカリの水分を測ってみると、15・6.。明日晴れれば脱穀が出来そう。脱穀が出来れば黒米のハザ棒はそこから歩いて運べばよい。明日の脱穀に期待して作業を辞めました。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月08日  最強の助っ人
 今日も稲刈りです。今日の予定は、豊コシヒカリ。終わったらイセヒカリ、黒米、と欲張りなメニュです。何故かと言うと、今日は「森のカフェ・リトルハート」のエイジとコユキちゃんが来るからです。

 二人は4年目位前から、毎年稲刈りの手伝いに来てくれます。彼らが凄いのは、手伝いであっても、正確に仕事をする事です。私も随分前には色々の所へ援農に行きましたが、やっぱり何処か遊び半分でした。今考えると、手伝いになったのかは分かりません。まあ普通援農とはそういう物です。しかし彼らは違うのです。基本を忘れず、毎年上手くなる。援農と言うよりは仕事をしに来ている。そしてそれを二人で楽しんでいる。私達にとっては最強の助っ人です。

IMG_1274-151008-1.jpg

 雲一つない青空の下、おみずはバインダーと共に走る。今年の豊コシヒカリはしっかり熟して黄金色になって、見るからに美味そう。

IMG_1268-151008-2.jpg

 傍らで、手刈りをするリトルハートの二人。こちらから何も言わなくても仕事を進める。ハザ賭けをすると「掛けたら、トントンと少し叩くんだよね。」などと言っているのが聞える。そう!それ基本!掛けるのは誰でもできるのですが、しっかり束を開いて掛け、間を積めないと風で飛ばされるのです。そこまで考えて援農できる人はそうは居ない。

IMG_1278-151008-3.jpg

 中年二人が踊っているのではありません。影絵遊びです。後ろからコユキちゃんも参加しています。こういう子共みたいな事で楽しめる大人って中々居ない。

 さて作業はと言うと、豊コシヒカリ稲刈り終了。イセヒカリ、さよむらさき(黒米)の四隅刈りまで進みました。

IMG_1282-151008-4.jpg

 リトルハートのお二人、休日のお貴重な時間の中、援農ありがとうございました。明日から、イセヒカリ、さよむらさきの田んぼにいきなりバインダーで入いる事が出来ます。明日から刈りまくります。


吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月07日  豊コシヒカリ脱穀
IMG_1267-151007.jpg

 刈って干してあった、豊コシヒカリの脱穀しました。明日は残った豊コシヒカリの稲刈りです。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月06日  ミルキークイーン2 脱穀終了
IMG_1266-151006.jpg

これで今年のミルキークイーンの作業総て終了です。一安心です。稲刈り、脱穀はまだまだ続く。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月04日  爆弾低気圧③防鳥ネット舞い東電出動
 爆弾低気圧の影響で防鳥ネットが飛ばされ、電線に引っかかり、東電が撤去した。と言う話を聞きました。場所を聞いて見ると、Kさんの田んぼ。「ウチのネットじゃないか!。」ちゃんと押さえた置かなかったな。田舎でこういう事をすると、暫く言われ続けます。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月03日  爆弾低気圧立ってる稲にも影響
IMG_1264-151003-1.jpg

 車で町を走っていると、爆弾低気圧の影響で、倒れている稲があちこちにあります。実った稲は頭が重いので、強風には弱い。倒れた稲は地面に近いので、湿気が多くなり、乾きにくいです。余りひどい場合は、起こして、稲同志を結び倒れない様にしますが、これが大変な作業です。刈る時はいちいち縛った紐(藁)を切ってからでないと稲刈りできません。爆弾低気圧の影響はこんな所にもありました。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月02日  ハザ賭け強風に負ける
 爆弾低気圧の影響で未明に強風が吹きました。朝田んぼに行きましたが、吉田区は半分倒壊、建久寺区は全倒壊、一つも立っていませんでした。

 未明の強風を知って、田植えを手伝ってくれたHさんが「あの風じゃあ倒れているかも知れない。」と、朝から応援に来てくれました。お隣の田んぼも同じで、ご夫婦で起こしていました。

 作業をしながらHさんが「稲は倒れても又掛ければ良いけど、リンゴ農家は大変だね。」確かに。収穫時期に強風、果樹農家は私達より辛い思いでしょう。そう、私達は倒れたら又起こせば良いのだ。なんてことはない。起こし終わったのは午後3時でした。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月01日  爆弾低気圧 来ちゃヤ
 天気予報で爆弾低気圧と言っています。爆発する雨??時限装置が付いていれば、赤か青のコードを切ってやる。多分赤だ。刑事ドラマではこうだが、低気圧にコードは無い。

 ミルキークイーンと豊コシヒカリが沢山干してあります。雨に濡れた稲は重くなり、長柄に負担が係り、折れたりします。強風が吹くと、ハザ賭けは吹っ飛ばされます。爆弾低気圧来ちゃイヤ。

 昨日の近所の人との会話。「刈って良かったね。」「でも強風で吹き飛ばされるかもしれないです。」と私。「でも、雨、風で稲が倒されるより良いじゃない。べったりと倒れた稲を刈るのは大変だよ。倒された稲を掛け直す方がまだ楽だよ。」

 そうか・・・・。どちらが良かったかは、明日分かります。

IMG_1262-151001-2.jpg

IMG_1263-151001-1.jpg
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |