02月29日  田起こし終了
 昨日夕方終り、トラクターを終いました。今朝未明から伊豆は雨。間に合って良かった。

 今日の仕事は、赤米、黒米の選別。おみずは確定申告の資料作り。農閑期でも忙しい。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月27日  今日も田起こし
 今日も田起こしです。月曜日午後に雨の予報が出ているので、それまでには終わらせたい。が、今日明日の午前は一人。おみずの分も働かなくては。

IMG_1729-160227.jpg

 昼前おみず合流。タラクターを変わって貰い、土木作業。

IMG_1731-160227-2.jpg

 田んぼの高低差を直します。おみずもこれをします。40半ば過ぎたのに凄い体力と気力です。田起こしは明日も続く。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月26日  河津桜満開
 今日も田起こしですが、朝一番で下田の直売所に、お餅、甘酒を納品。お蔭様で此処の店では、持って行っただけ売れます。早朝にも関わらず、お客さんが沢山居ました。観光客の様だ。皆手に、河津桜を持って居る。此処の売店には季節になると、時々河津桜が売られています。細い枝3本位で250円、いいお土産になるでしょう。くれぐれも、折って来たものではなく、栽培したものです。

 帰る途中バサラ峠の駐車場で満開の河津桜を見ました。

IMG_1724-160227-1.jpg

河津では1日数万人単位で人が来ているようです。それに伴い、付近は大渋滞、駐車場は軒並み満車、迷子は出るわ、強風で怪我人は出るわ、で混乱しているようです。 これで、河津行かなくていいや。

 さて、帰ってからは田起こし。田起こしはまだまだ続く。

吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月25日  プンプン!!
IMG_1713.jpg

「起こさないでよ~!春はもう少し先でしょ。もう少しねたいの・・・・。」

 今日も田起こしでした。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月24日  トラクター始動
 午前中は出荷。午後からは、田起こしを始めました。

IMG_1721-160224.jpg
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月23日  選別中
 今週は月末出荷の週です。朝から晩まで選別しています。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月22日  誤解と迷惑
 記者会見の決まり文句。

 特に政治家に多い。国民の多くは誤解なんかしません。「本音は言ったとおりでしょ。」と皆わかっています。こっちが何か誤解してると思っていたら、それこそ誤解です。後ね、迷惑かけたと思ったら、辞めた方が良いと思います。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月20日  夜桜
 「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいる温かさ。

 これ好きです。俵万智さん作。サラダ記念日しか知らなくて失礼しました。

 昨夜「かじかの湯」へ行きました。

0220IMG_1696-16

 外に出ると桜が綺麗!。お月様も輝いていました。二人で夜空を見上げる。また万智ちゃんの歌が浮かんだ夜でした。



 

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月18日  ウチの河津桜
IMG_1679.jpg

 と、思っている、吉田池の河津桜。訪れる人も無く、ひっそりと咲いてる。

 この桜は私達の様だ。静かに咲き、見られることも無く、誰にも看取られず、ひっそりと散って行く・・・・。う~ん美しい話だな。でもホントの私達は違います。咲いたら「咲いたよ~」と言って廻り、見に来なければ見せに行くタイプです。

 さて、今日も麦の除草と土寄せでした。おみずは燻炭作り。午後からは二人で、麦畑。夕暮れには、燻炭の中に入れといた焼き芋が焼けた。熱い焼き芋を持って家路に着きましたとさ。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月16日  納豆1年分当たった人のお話
 昨年末にあった話です。

 ある若者が「納豆1年分」の懸賞に当たったそうだ。1年分の納豆は嬉しかっただろう。後日納豆が届いたそうだ・・・・。

 送られて来たのは納豆365個。賞味期限は1週間!!

 こうなると、嬉しいのかどうか分からない。納豆三昧の生活が始まった。写真を見たが、テーブルの上にいっぱいの納豆料理&納豆汁。食べ続けたそうだ。毎日52個食べなければならない計算だ。友人にも分けたりしたそうだ。

 ニュースではまだ賞味期限内だったので、結末は分からなかったが、この話にはまだ驚きべきことがあった。

 この懸賞の主は、納豆メーカーでは無く、納豆好きの人が自分達でお金を出して「納豆の普及」の為にしていたと言う事だった。

 世の中には いろんな人が居るなあ。

 

吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月15日  春は足早にやって来る
 近頃は、家で選別、時々畑の日々でした。今日久しぶりに町に出掛けると。

IMG_1665-160215-1.jpg

 松崎でも、早や咲き桜が満開となっている!

IMG_1669-160215-2.jpg

 建久寺田んぼの先では、満開を過ぎ、葉桜となっていた。

 ついこの間、梅が咲いたと思ったら、もう花は無くなっている。

 景色は春に向かって日に日に姿を変えている。



 

吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月12日  鬼射祭り
昨日は「吉田区」に伝わる鬼射祭りでした。鬼射祭りに付いては毎年書いていますので、省略します。

IMG_1646-160212-1.jpg

 弓と矢、鬼と書いた的を作り。

IMG_1648-160212-2.jpg

 吉田の神社にお供えをします。今年はお米が忘れられていたので、長老に「家からお米を持って来ます。玄米、白米、糯、赤、黒、サリー。どれが一番いいのでしょう?。」「う~ん。白米でいいんじゃないの。」8分搗きがあったので、お供えしました。

IMG_1651-160212-3.jpg

 弓を、裏に鬼と書いた的に当てます。弓も矢も手作りなので上手く当たりません。私は集会場と神社を行き来していたので、みんながどの位当たったのか分かりませんが、大体2~3割位でしょう。

 さて、最後の方に私の番。今年は人が多かったので、時間が押した。8本打つ所を4本にしました。1つ当たった!今年は豊作でしょう。

 終わると宴会。昼間のお酒は効きました。

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月11日  蕗の薹発見
IMG_1643-160210.jpg

 やっと見つけました。今年初、お昼に天ぷらで頂きました。






吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月10日  8月30日の子供の気分
 宿題が何とか終わりました。宿題とは「パブコメ」提出日は今日まで。

 はらっぱ祭りが開催されている会場の近くに、環八道路まで続く道路建設の計画があり、それについての意見表明でした。

 はらっぱ祭りに来られた方は分かると思いますが、会場横に野川と言う川が流れています。そこでは蛍が見られ、湧水も湧いています。計画では道路は野川の上を通りそう。どう考えても、環境、生態系には影響が出るでしょう。

 松崎から小金井のはらっぱ(都立武蔵野公園、野川公園)に行くと、田舎に住んでいる私でも「東京にもこんなに自然が残っているのか!。」と思ってしまいます。それはひとえに、近隣住民の保護活動、啓蒙活動の成果だと思います。松崎では自然があたりませなので、保護活動も、啓蒙活動も東京程ではありません。

 はらっぱ祭りを始めた時、「私達にとって、祭りとは?文化とは?広場とは?」と語る事から始まりました。そしてくじら山を選びました。なので、はらっぱ祭りと、野川、はけの道とはとても深い関係があるのです。

 パブリックコメントは、誰でも出す事が出来ます。今回も子供達が意見を書いたそうです。書いたからと言って何も効力は無いのですが、1通は1通多い方が良いです。慣れるとすらすらと書けるようになります。今回も書くにあたり少し周辺の事を調べました。良い勉強になりました。



 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月08日  麦の除草
IMG_1638-160208.jpg

 鋤簾で草を取り、外に出し、土寄せをします。冬の鈍った体には堪えます。いつまで出来るかな?

 麦は、おみずが作りたかった作物であり、日本では麦の自給率が低く、半分意地で作っていた所もあります。最近は年のせいで、体力が落ちて来ています。私達は米農家と思っていますので、お米作りに影響が出ない範囲で作っています。この麦が実り、収穫の時期は、田植えと重なりとても大変です。いつまで出来るかな?

 最後に、ここ数年、麦の草取りは、はらっぱ祭りの関係者、古い友人達の手によって支えられているのをお伝えします。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月07日  賑わう熱海 静かな河津
 熱海まで出掛けました。熱海は、熱海梅林、熱海桜の影響で駅周辺は大変賑わっていました。今の熱海活気があります。道路の方も海沿いの国道135号線は熱海、伊東間は混雑していました。

 稲取の、雛のつるし飾り祭り、開催中ですが人は疎ら。 河津桜は、河津桜祭り会場は2~3分咲き。それでも散策をする人々の姿がありました。

 伊豆は観光シーズンになって来ました。

IMG_1633-160207.jpg

 稲取の河津桜。これが一番きれいでした。河津の桜の見頃はまだ先でしょう。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月05日  庭のすもも開花
IMG_1620-160206.jpg

 ピンクの花が咲き始めました。桜の様で、一足早い春を感じさせてくれます。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月04日  とろろ汁
 伊豆は、自然薯、山芋の栽培が盛んです。今は天然物は殆ど流通していません、売られているのは、畑で作ったものです。エッサホイサ堂でも、おみずがつくね芋と言う山芋を作っています。

 数日前の夕方、テレビを見ていたら、県内の「丁子屋」と言うとろろ汁のお店が紹介されていました。「丁子屋」は慶長元年(1596年)創業で、松尾芭蕉の俳句や十返舍一九(じっぺんしゃいっく)の『東海道中膝栗毛』、安藤広重の『東海道五十三次』にも出てくる歴史に名を残す名店だそうです。

 私達が興味を持ったのは、何故「とろろ汁」にして食べたか?でした。店主の話に依ると、そのあたりでは雑穀が食べられて居た様で、雑穀にとろろをかけると食べやすくなる。そういう事で始まったらしい。昔の人の知恵だ、納得。

 松崎でも、宴会の席なのでとろろ汁が出ます。地区によっては、味噌、醤油などで味が違います。今は麦を食べる人も少ない、麦とろにの下は白米。贅沢なのかな?


吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月03日  しもやけ注意報
おみずだけに発令中です。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02月01日  結婚式の衣装
IMG_0708-160201.jpg

 これです。松崎の人は「うそでしょ?。」と言います。今年の年賀状を見た友人は「まだあったのか、嬉しかった。」と言いました。これ、着ている時は恥ずかしくないのですが、干してる時が恥ずかしい。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |