11月03日  細野高原の現実
 細野高原ではこの1月「知られざる絶景・散策会」が開かれていました。参加した人は1万2千人を超しました。町は「予想外」と驚いているとか。新聞に「絶景・散策会」の記事が掲載されると、観光協会には問い合わせが殺到したと聞きました。

 一方で此処に大型風力発電施設21基が計画され、もうすぐ着工されるのをご存知ですか?

MUSUJIYAMA

 これは予想図です。風車の高さは全長120m。事業者は東電とユーラスエナジー社。総工費60億円以上。そのうち3分の1、約20億円は、私達国民の税金です。

 昨日伊豆の宝と書きましたが、手付かずの自然を壊してまで風力発電は必要なのでしょうか?

 原発事故以降「自然エネルギーへの移行」と言う声が大きいです。しかし今の所、補助電力でしかないのです。
私がこの計画を知った6年前調べた所では、その当時全国の千数百基の風車を廻しても、全国の自動販売機の電力にしかならない事を知りました。風力発電は、風がないと廻りません、強風だと壊れるので止まるようにできています。では、いつ、どの位発電するのかは風任せなのです。

RIMG2879.jpg

 これは三筋山の頂上です。見晴台が右に、看板が中央にあります。真ん中辺りに見えるのが「風況ポール」風車を建てる前風況を調べる為建てます。高さおよそ20m。

 此処にも120mの風車が建つ予定です。山頂にも関わらず。

 山頂から東伊豆の町を見下ろすと。

RIMG2881.jpg

 すでに10基熱川に建っています。高さは120m

RIMG2894.jpg

 稲取には60mの風車が3基見えます。

 山頂から見ると、あら不思議。稲取の3基中、2基は廻っているのに、熱川の10基は全く廻っていませんでした。13基の風車のうち2基しか動いていない。2勝11敗。これが現実です。

 細野高原の風力発電施設は、近々河津側から工事が始まるそうです。

 伊豆の絶景、細野高原の自然を楽しむには今のうちです。来年には景色が変わります。

 

 





 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<11月03日は何の日? | ホーム | 美しき細野高原>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://essahoisa.blog93.fc2.com/tb.php/1291-50856237
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |