07月28日  深刻な問題
 田の草取が忙しくて、書けなかった事があります。

 また、田圃にシカが侵入しました。今回も「建久寺の真ん中の田圃」で、うちも含め、6軒の田圃に入られました。旧道から侵入し、最初の田んぼの稲を2株食べ、水路を飛び越え、うちの田んぼに入り、よその田んぼを通り、又うちの田んぼにを通り、稲を食べ、出て行ったようです。

RIMG3620.jpg

 中央に稲に沿って、小さい足跡があります。

RIMG3624.jpg

 シカに踏まれた稲。

RIMG3626.jpg

 今回は味見ではなく、列に沿って食べて行きました。

 6、7月で合わせて3回目です。

 近くの「先生」と話しました。1つは「何故また食べたか?。」前回は「うちの稲が一番柔らかかったので食べた。」と思いましたが、今回は先生の所も2株食べられた。先生は「一つ考えられるのは、一般的に育苗段階で、病害虫よけの農薬を使う。それを吸った稲は8月中旬まで効果を発揮するので、2株食べておかしいな?と思ってシカはやめた。お宅のは無農薬なので食べた。」と言う事でした。

 「シカも喜ぶエッサホイサ堂の無農薬・天日干しのお米!」

 シカが美味しそうに稲を食べているイラスト入りで、チラシを作ろうかな?などと自虐的な思いになる。

 先生は「シカがお米を食べる事を覚えたら困る。」事実うちのお米はもう2度食べられている。他の田んぼの農薬を使った米にも慣れるかもしれない。

 最大の課題は対策をどうするか?。2mのネットで田圃全体を覆うしかないのか。しかし、タラクターや田植え機、脱穀機の出入り口も考えないと作業できない。また、近隣の全部の田圃をネットで被わないと意味がない。先生は「何処からシカが来るか分からないので不可能。」と言っています。

 先生は、猟友会に相談すると言ってくれた。また翌日から「音でシカが寄ってこないようにする。」と、夕方打ち上げ花火を遅くまで定期的に上げてくれる。それから毎日夕方になると、花火の音が聞えます。ありがたいが、毎日では大変である。近々役場に相談に行くつもりです。

しかし、 困りました。もうここでは稲作は無理なのか・・・・・・。

 それでも、除草家の活動はやめません。

 

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<♪取った田の草5万本♪ | ホーム | 除草家>>
コメント
--網(ネット)ワーク--

鹿は、網の裾高が人の腰より下なら、角が邪魔して潜れませんよね。
猪はその逆。
ネットを張る裾高を検討してみては如何でしょうか?
by: るんた * 2013/07/30 15:12 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://essahoisa.blog93.fc2.com/tb.php/1496-e4dd7f17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |