08月14日  バーベキューで注意すべき事
 田植え中から「田植えが終わったら飲もうね。」と20数年来の友人に言われていました。田植え後は田の草取りで忙しく、「田の草取りが終わったら。」と延び延びになっていました。この時期を外すと「脱穀後。11月。」になってしまうので、会う事にした。当日は友人とその家に関東から来ている二人、私達の5人の予定です。「どちらが飲むか?。」滅多に飲まない(飲めない訳ではないです)おみずが「私飲みたい。」と言った。「少し落ち着いた飲み会が出来るかな?。」この時はそう思っていました。

 当日友人から電話があった。「バーベキューしない?友達とその友人の家族も誘ったから。」5人+4人+子供2人=11人。その時私の中で怪しい風の音がSE(効果音)の様に聞えた。

 それでも「バーベキューも久しぶりだし、ま、いいか、」ピーマン、ナス、かぼちゃ、オクラなどを採った。途中で私はノンアルコールビールを、おみずは赤ワインをそれぞれ買いました。

 少し遅れて着いた。もう始まっていた。が、煙が見えない。家庭用の小さなバーベキューセットの中の炭は控え目に「チョロ」と着いて居た。

 直ぐに人の居ない所へ持って行って、うちわで扇ぐ。皆は火を通さなくて食べられる、はんぺん、刺身、おにぎりなどを食べている。火はもう少し時間が掛かりそう。おみずがバーベキューでもすぐに火が通る様にと、蒸していった、ジャガイモ、カボチャなども、そのまま食べ始めているではないか。

 汗をかきながら火を起こす。暫くして炭が着いた。すぐに肉を焼く、そして配る。網が小さいのですぐに無くなる。間髪入れず焼く、また配る。「魚が食べたい。」誰かが言う。魚を網に乗せる。此処で休息。おみずが焼くことになる。その後も、厚揚げ、イカとバーベキューは続く。最後にデザートが出て、2時間位でお開き。

 結局最後まで、おみずが持って行った赤ワインは栓が抜かれる事は無かった。

 皆さん、バーベキューをする時は「火が起こせる人」「焼くのが好きな人」が居るか確かめてから行きましょう。

 何でいつもこうなってしまうんだろう?
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ミルキークイーンⅡ 出穂 | ホーム | 山河涼しげ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://essahoisa.blog93.fc2.com/tb.php/1508-366d5eb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |