04月03日  松崎で見えた、琉球と津軽
 先日出会った、「伊豆分邸の着物の少女」に付いて少し。

 出会いは衝撃的であった。その姿はひな人形の精かと思った。まるで寺山さんの映像の世界に入ってしまった様だった。しかし此処は松崎、現実の世界だ。よく見ると、着物の模様が私の知っている物と違う。傍に居たお母さんに話しかけたが、あまりの衝撃だった為、余り覚えていない。覚えているのは「彼女は、お母さんのおなかに居る頃から三線を聞いて育ち、彼女も三線を弾く」そうだ。」「沖縄から来たのですか?」と聞いたが違った。文邸の空間で琉球が津軽が見えた日でした。時々松崎に来るそうだ。是非是非次は、此処伊豆分邸で三線を弾いて欲しいと思った。

版編集
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<地に桜 海に虹 | ホーム | 桜満開>>
コメント
--着物の文様--

そうだったんですね。
画像が、画像が、はっきり見えない、、、言い訳

うちもそろそろ三線弾かないと、、、
埃が

by: るんた * 2014/04/03 21:13 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://essahoisa.blog93.fc2.com/tb.php/1674-25d9edde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |