04月13日  プロ、素人田んぼで働く
 さて翌日は、以前私達がお米を作っていた埼玉田圃へ。すぐ近くにある「新しき村」では、2月の大雪で鶏舎が幾つか雪の重みで潰れていました。村の人に聞くと「この辺りでは、数か所の養鶏場が被害に遭った」そうです。此処は鶏に影響なかったのが救いですが、後始末は大変そうです。

 さて、友人の田んぼでは「苗代」作りが行われていました。

RIMG4798.jpg

 皆仕事があるので、水を見に来る事が出来ない事を考え、此処にプール場の様な物を作ります。この田圃では、一粒づつ蒔けるパレットを使い、種を撒き、ビニールで覆います。私達も週末米作りをこの方法で数年続けました。

 さて皆が作業していると自分もしたくなります。昨年は苗床を初めに作り、叩いて整地したそうですが、水を入れると変わって来るので、今年は水を入れてからの作業を提案しました。言ったらやらなくてはいけない、働いた。皆それぞれ特性がある。一緒に働いていて楽しい。なかなかない経験です。

RIMG4805.jpg

 さて、今日の最年少は11歳の少女。上の写真で分かるかな?畔塗を教えました。初めてでしたが「この方が水が外に沁みないし、見た目も綺麗でしょ。」と言ったら、一人でクワで黙々と塗っていた。凄い子だ、後継者にしたい。偶然にNO3のYと同じ年だ、NO4候補出現。音楽、スポーツ、バレー等では若い新人の発掘、育成に力を入れている。農家も優秀な後継者の発掘を目指という時代が来たらこの国も変わるだろう。

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<トカちゃんのかくれんぼ | ホーム | 28年目の はらっぱ会議>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://essahoisa.blog93.fc2.com/tb.php/1683-1c05b6f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |