06月24日  1月2日の衝撃の映像
 今年のお正月、1月2日6時半頃の事です。ニュースを見ようとテレビをつけました。出て来た映像は、警官と住民が激しくもみ合っていた。基地の前で衝突する住民と警官。住民達、TVレポーター、弁護士らが、強制的に排除される。住民は無抵抗、しかもそこは歩道だ。手をつなぎ合う住民。そんな中、車の中から「安里屋ユンタ」を歌う女の人の顔が写った。泣きながら、力強く、歌で抗議している。涙がポロポロ落ちた。その後も警官と住民が対峙してる中、住民達が警官に発した言葉「同じ沖縄県民じゃないか。いつまでこんな事をしているんだ。誰か勇気を出して、帰ろうと言えないのか。」また涙が出た。

 琉球朝日放送制作の「標的の村」と言う番組だった。知らなかった。沖縄でこんな事が起きていたのか。それもかなり前の事。新聞テレビ等で見た記憶がない。衝撃だった。今、このドキュメンタリーは劇場上映されているらしい。

 今日6月23日は「沖縄慰霊の日」だそうです。安倍首相は追悼式で「沖縄の方々の気持ちに寄り添いながら、出来る事はすべて行う。」と言ったそうだ。沖縄に集中している基地。泣いてばかりでは寄り添えない。沖縄県民の負担が減るなら伊豆に米軍基地が来ても、オスプレイが来ても構わない。だが、沖縄県民と同じように「静かな日々を帰せ。」の声は此処からも上がるだろう。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ズッキーニ祭り | ホーム | ニンジン三昧>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://essahoisa.blog93.fc2.com/tb.php/1736-1dc650c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |