07月02日  草取る人々
 朝、田の草取りに出ようとすると、早くも田んぼで草を取る人達。

IMG_0924.jpg

  田んぼに行く途中もう2か所で、手取りで除草していました。除草剤を使えばこの作業はいりません。秋までは水管理だけです。仕事を持っている人には除草剤はとても便利な薬です。

 午後、前の家の「兄さんが」が田んぼで草を取っていた。「やってますね。」と声を掛けると。「見える所に草があるのもな。」と言いながら田圃を進んでいる。夕方、彼のお兄さんも加わっていた。また話しかけた。「稲が喜びますね。」お兄さんが「そうなんだよ。人が入って酸素を入れてやったり、根を強くした方が稲には良いんだよな。」「それにな、除草剤を使っても出る草はあるよ。除草剤高いし、これの方が確実だ。」

 前にも書きましたが、除草剤を使えば、辛い草取りはしなくて良い。この時期田んぼで草を取っている人達皆が無農薬でお米を作っているわけではありません。殆どの人は、農協で、育苗土や肥料を買っています。そこには、化学肥料や虫に対応する薬物も入っています。

 では、何故今田んぼに入るのか?私の想像ですが、多分昔から当たり前の事なのでしょう。私は草取りをしている人を見ると声を掛ける。大変な仕事を頑張っているからです。他にもう一つ理由はあるが。今年も除草剤を使わない田圃が増えている。

 

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<最近のキジ | ホーム | 7月>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://essahoisa.blog93.fc2.com/tb.php/1741-16eb372d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |