11月26日  モチモチの木
 今年も松崎町に影絵劇団がやって来ました。昨年は「かかし座」今年は「影法師」。演目は午前「スイミー」午後「モチモチの木」。おみずも私も「モチモチの木」は絵本で見ている。午後に行きました。

 会場には、松崎小の高学年の子達が居ました。今の子皆大きい。男の先生と同じ位の子が、男女共幾人も居た。最近の子スタイル良い。「モチモチの木」を一緒に見ましたが、一部の子は飽きている。この年齢には向かない作品なのでしょう。最後にスクリーンの後ろに入って、演じられる「体験コーナー」になると、がぜんやる気になり、皆大声で「は~い。」体は大きくてもまだ子供だ。良い良い。

IMG_0173.jpg

 見た後の感想。多分作者に許可を取っての上演だろう。絵本通り。と言うより絵本を見ている様。絵の完成度は高いのだけれど、動きが少ない。豆太は動くのですが、おじいさん、歳とったお医者さん、はあまり動かない。後はウサギが同じ動きをするだけ。テレビやDVDを見るようだ。ライブ感が無い。私はもっと安っぽくても、「生」の方が好きです。しかし2年続けて影絵。教育委員会影絵好きなのかな?それとも県の何処からか「お達し」がくるのかな?私が教育委員会の職員だったら、次は、プロの芝居、パントマイム、漫才、、ロックバンドなど見せて見たい。松崎に居ると「生」見る事が粗ないので、何でも見せてあげたい。探すのが大変ならば、私が知り合いを連れて来ます。

 影絵の後は・・・・・。仕事が遅れたので、また夜まで選別しました。

吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<今年の秋は暖かい | ホーム | 今年のサリー香りが弱い>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://essahoisa.blog93.fc2.com/tb.php/1849-a6c780af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |