03月05日  河津の怪しい定食屋
 5人展、河津桜を見た後は、ずっと行きたかった友人のやっている食べ物屋「ひぐらし」に向かいました。河津から七滝方面に向かい、町営駐車場を降りて、滝のある方に向かいますが、車道ではない所になった。「こんな所に店があるのかな?」不安になるが。

yjimage(4).jpg

蛇滝のすぐ前に。あった!!

IMG_0419.jpg

 見ての通り、かなり怪しい。此処に来るまで7年掛かった。

 看板には、「肉月美術館」と書かれている。その隣に「レストラン・ひぐらし」正面には「やたらうどん」左には「栗焼きおにぎり」などと書かれている。

 石段を上がると古民家が見える、玄関を開けると正面にかまどが置かれている。予想外。そして左が厨房。これも予想外。「席はどこだ~?」厨房の前を通り廊下に出て、中に入る。囲炉裏がある。そこから階段を上がると二階に、机といすがある。

 家全体は広い。「南会津にあった曲がり家の馬小屋を2棟譲り受け、8年がかりでセルフビルドした」そうだ。しかしまだ建設中。壁は土壁。梁、床板もずっしりとしている。しかしあの狭い道をどうやって運んで、建てたのだろう?などと考えながら注文をしたのは、鯵の干物定植850円。

IMG_0421.jpg

 七輪で自分で焼くスタイルです。

IMG_0424.jpg

 ご飯は玄関正面にあった、釜戸で炊いている。炊飯器より熱いご飯が出てきた。

 ご飯美味しい!! 分搗きかな?

 食後、美術館を拝見させて貰いました。独特な作風。主は絵描き。国内はもとより、ロシア、スペインで展覧会をしている。今アトリエを建設中だが、店も忙しく、ままならない様子。

 面白かった。自然豊かな奥地に住む友人は沢山見てきたが、此処も凄い。家はまだ建設中。自家用の駐車場がやっとできたとか。そんな中、釜戸でご飯を炊き、うどんを茹で、墨で餅を焼き、手作りのケーキを焼き、漬物、ラッキョウ、梅酒、蕗味噌などの瓶詰も販売している。

 ものすごく手が掛かる。お店が繁盛すれば、するほど、家の完成が遅れるのでは?と心配してしまいました。

 居心地が良い所です。皆様も一度訪ねては如何でしょう?

 場所は「ループ橋」近く。町営駐車場に車を止め、川沿いを少し歩いた、蛇滝の前です。看板が有るのですぐ分かります。

 さて、河津桜を見ながら帰宅。遠足気分の1日は終わりました。

 



吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<伊豆方面渋滞中 | ホーム | 河津桜満開+1日2日>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://essahoisa.blog93.fc2.com/tb.php/1909-7bc47f85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |