03月20日  真鯛がやって来た
 昨日の夕方、滅多に鳴らない携帯電話が鳴った。「ご飯食べた?」「まだ。」「ちょっと寄って良い?。」餅つき中のおみずに予定を聞いた。「もう少しすれば、大丈夫。」「台所も借りていい?。」「良いよ。」彼は釣りが好きだ、何か釣れたんだろう。

 発砲スチロールの箱を開けると、赤い魚が入っていた。 鯛??

 松崎港からカヌーに乗って、ルアーで釣ったらしい。初めて鯛を釣ったそうで、物静かな男が、珍しく興奮していた。鯛を持って居る所を撮って欲しいと頼まれた。折角だから、大きさ、重さも図った。大きさ51センチm、重さ1.5㎏(内臓は取ってあった。)

IMG_0483.jpg

 さて問題は、どうやって捌き、食べるか?鱗取りから始まった。おみずとHさん二人掛かり。3枚におろし、皮を取った刺身、さっと火で炙り氷水で冷やした、皮つきの炙り。他には、皮のから揚げ、塩焼などにして頂きました。塩焼が一番好評でした。時間があったら鯛飯も作りたかったが、夜が更けた。海が近いと、こういうご馳走に出会う事もあります。





 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<川海苔が消えた | ホーム | まじっくらんどは秘境>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://essahoisa.blog93.fc2.com/tb.php/1915-519cae1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |