03月26日  3月21日は何の日
私は知らなかったのですが。「世界ダウン症の日」だそうです。以下HPから。

 2012年から国連が国際デーの一つとして、3月21日を「世界ダウン症の日」として制定しました。
ダウン症のある人たちとその家族、支援者への理解がより一層深まり、ダウン症のある人たちがその人らしく安心して暮らしていけるように、さまざまな啓発のイベントを通して世界中の人々に訴えていくための日です

日本でも「ラブジャンクス」と言うダウン症の人達のダンスパフォーマンスグループがダンスを演じたらしい。

 ダウン症に付いては、染色体の異常で5万人に一人の確率と、40年近く前に保育の教科書で習った記憶があります。今回改めて調べたら最近はもっと多いと書かれていました。

 ダウン症の子供と関わったのは、埼玉にあった「赤とんぼの会」 障害を持つ子供、親、障害のない子、親、関わりたい人達が集まった会でした。
 その頃私は学童保育をしていたので「学童保育所・たけのこクラブ」の子供達を連れて、キャンプ、お泊まり会などに参加しました。たけのこクラブ子供達は最初付き合い方が分からない子もいましたが、そこは子供すぐに慣れました。
 ある時こんな事がありました。両膝が立たないH君が坂の上で、下を見て泣いていた。学童の女の子たちは何かしてあげたいと思い「吉田さん!どうすればいい!」と坂の上で叫んだ。私は宿舎の坂の下から「本人に聞け」と叫んだ。女の子達は「こうしたら良い。」と答えが帰って来ると思っていたら、違ったので少し驚いたようだった。気が付いたら勇気をもって声を掛けるのが大事だと思う。その後は子供達に任せた。赤とんぼの会の子供、親たちからの色々学びました。

 ダウン症の日の後、新聞に当事者の母親からの投書が載っていた。最期に「この子らが親亡き後も安心して暮らせる世の中であってほしい。」と書かれていた。私にも何かできないかと考えた。

 


吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<松崎は観光シーズン | ホーム | 冬の様な春>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://essahoisa.blog93.fc2.com/tb.php/1920-9144124b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |