04月12日  侵入者は、シカ、ほか 多数
 先日、田圃の近くの人々に、動物の侵入を伝えました。足跡、糞からすると、シカかイノシシ。「もう出たか。」が概ねの感想。近くに狩猟会の人が居るのでそこにも行きました。糞の話をすると「シカだな。」一緒に居た人達は「しかしよく麦がやられなかったね。」稲も食べるが麦も食べるらしい。狩猟会の人が「申請を出しているので、少し待って欲しい。」と言ってくれた。

 しかしただ待っているわけにはいかない。皆「一応防御をしていると言うのを、敵に知らせた方が良い。」コメントをくれる「るんた」が、トウガラシの成分がシカ避けになると教えてくれたが、トウガラシはまだ二葉。ネットを張った

IMG_0592.jpg

  敵は正面の山からやって来る。入り口も塞いだ。張ったネットは、合鴨用のネット、これしかないから。シカは軽々と飛び越えるだろう。ネットの上に紐も張りました。

IMG_0594.jpg

 敵は右上の山から来て、道路沿いの畑まで広い範囲を行動している。

 そして今日、石部の棚田で猟を終えた猟友会の人2人が来てくれた。道路から「被害はあるかい?。」と声を掛けて来た。
 「被害はありませんが、足跡は一杯あります。」麦畑を見て貰った「うわ~。シカの足跡が一杯あるね。」田んぼも見て貰った。

IMG_0593.jpg

 これはあぜ道。この足跡は「シカ、イノシシではない、動物。」と言われた。ウチの田圃には何種類の動物が居るんだ?狩猟免許を取り、猟友会に入る事を勧められた。

 近くの田んぼの人が来ていた。彼の住まいは大澤温泉のもっと上、松崎の一番奥。「ウチの方では、夜子供を迎えに行く時シカが群れでいるよ。」被害もあるそうだ。「耕作放棄地が増えると、そこにやって来る。近くで耕作している人が被害に遭う。それが原因で辞める。そして又耕作放棄地が増える。猟友会の人数も少なく駆除も難しい。」国、県は農業を守る為、対策にお金をかけて欲しい。現政権は獣害が増えたら対策よりTTPの方が良いと思っているのかな?










吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<謎の紐を紐解く | ホーム | 鳥は問題なくなかった>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://essahoisa.blog93.fc2.com/tb.php/1934-21ac1bbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |