05月04日  寺山修司生誕80年
「振り向くな、振り向くな、後ろには夢がない」

「どんな鳥も想像力より高く飛べる鳥はいない。人間に与えられた能力のなかで、一番素晴らしいものは想像力である」

「わたしの存在そのものが質問なのだ。その答えを知りたくて生きてるんだ」

かつて、私は、「街は大いなる開かれた書物である」と書いた。 しかし今ならばこう書き直すことだろう。
「街は、今すぐ劇場になりたがっている。さあ、台本を捨てよ、街へ出よう」と。

「[貧しい想像力の持ち主は貧しい世界の終わりを持ち 豊かな想像力の持ち主は豊かな世界の終わりを持つだろう」

「二人で並んで こうやって目をとじていっしょに居眠りしても…同じ夢を見れないなんて変なことね どうしてかしらね」
「それは 目をあいたときにいつも同じ夢をみているからだよ」

「たかが言葉で作った世界を言葉でこわすことがなぜできないのか 引き金を引け 言葉は武器だ!」

「明日になれば 思いがけないことが起こるかもしれない」
だから「明日何が起こるかわかってしまったら 明日まで生きる愉しみがなくなってしまう」のである

まだ一度も作られていない国家を目指す。
まだ一度も想像された事のない武器を持つ。
まだ一度も話された事のない言語で会話する。
まだ一度も記述された事のない歴史と出会う。
そして、まだ一度も味わった事のない悲しみを知る。

寺山さんの言葉の数々。刺激的で、魅力的です。

1983年5月4日から、寺山さんの新しい言葉が聞けなくなりました。


吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<塩水選&温湯消毒2回目 | ホーム | GWに餅つきライブ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://essahoisa.blog93.fc2.com/tb.php/1951-7dcb4d4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |