10月31日  武蔵野はらっぱ祭り出店 東京は冬だった
 数日前の良く晴れた日、半ズボンにTシャツ、テンガロンハットを被って、自転車に乗った人を見かけました。よく見たら、田圃を伝手だってくれるHさん。釣りの帰りか。「松崎はまだ夏か~。」

 はらっぱ祭り初日、Tシャツで会場入りしました。本部に行くと懐かしい顔ばかり。服装を見ると「??」厚着をしている。「なんでそんな冬の恰好をしているの?。」「吉田さんこそどうしてTシャツなの?。」伊豆と東京は季節が違うようだ。

 会場に着いたら、臨時駐車場からリヤカーで荷物を運ぶ。駐車場の急な坂を上り、デコボコの道路を7~8分掛けて押し、出店スペースにたどり着きます。

IMG_1369-151031-1.jpg

 どこの店もこれを数回します。私などは荷物運びだけで疲れてしまいます。

 開店と同時に祐君がやって来て、皿回しを披露してくれた。

IMG_1365-151031.jpg

IMG_1366-151031-3.jpg

 相変わらず上手い。そして東京の人は厚着だ。昼間こんな厚着をしている人は伊豆には居ない。もし居ても「具合でも悪いの?。」と聞かれるだろう。

 さて、開店してからはお馴染みさんがやって来る。「あ~お久しぶり。」の連呼。会場内を歩いても同じ状態。皆1年ぶりの再会です。

 野菜は順調に売れ、おにぎりも握る前から予約が入る。他にも、甘酒、ポップコーンの良く売れました。余り忙しいので、かき餅は作れませんでした。夕方流石に寒くなり上着を着ました。伊豆の人間から東京人になった気分で日は暮れ、1日目は終了しました。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<はらっぱ祭り2日目 撤収の天気が気になる | ホーム | 連休のお知らせ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://essahoisa.blog93.fc2.com/tb.php/2091-b99f30ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |