11月14日  ぎっくり腰闘病記 おみず介護生活に
 腰は痛いが、選別もしないといけない。全身を使って、動く方に向き、少しづつ、少しづつ起き上がる。舞踏の様だ。起きてしまえば痛みはさほどない。ブログを書いた。選別もした。

 その夜、夕食前、起き上がろうと思ったが、起き上がれない。どうしても上体が上らない。まるでひっくり返ったダンゴ虫の様だ。

 少しして、台所のおみずが気が付いた。とりあえず喉が渇いているので水を貰う。上体が上らないのでストローで飲んだ。その夜は、居間で寝た。夜中、人の気配で目が覚めた。おみずも炬燵の横で寝ているではないか。24時間体制で見守る決意を固めた様だ。

 それから数日、ただ只管横になり休んだ。どうも、選別、ブログ書きが腰に負担をかけた様だ。おみずはその間私の介護に集中した。ご飯!お茶!水!寒い!暑い!何を言っても黙って対応した。

 こりゃあ良い。こんな風にされた事はいまだかつてない。ずっとぎっくり腰でも良い、とさえ思った。後日それを伝えると「でも、ずっと痛いんだよ!。」早く治そう。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ぎっくり腰闘病記 良くなりました | ホーム | ぎっくり腰闘病記 ぎっくり腰増える>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://essahoisa.blog93.fc2.com/tb.php/2098-76ed9796
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |