12月02日  炬燵は生きていた
 インターネットネットで注文した炬燵のヒーターが届いた。

 おみずは先ず最初にヒーターのコードを取り、古いヒーターに差し込み、スイッチを入れた。すると。

   点いた!!

 壊れていたのは、コードでした。

 コードは1年前に変えた物で、ピカピカだったので、まさか、まさか、コードが故障しているとは思いませんでした。

 さてその後の議題は、コード無しの新品のヒーターの将来に付いて。

 返品は不可と書いてある。「誰かこれを使って、麹作らないかな?」とおみず。「もうこうなったら炬燵二つにして、一人ずつ入るか?。」名案はすぐには出ませんでした。

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<< 暖冬 廃棄される大量の干し柿 | ホーム | 太陽に見放された>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://essahoisa.blog93.fc2.com/tb.php/2111-82004e9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |