12月30日   玄米餅を搗く女達
 今日は毎年恒例の、稲取での餅つき大会です。が、今年は家主が留守です。それでも「美味しい手搗きの玄米餅が食べたい」との声が上り、今年はエッサホイサ堂が主催となりました。

 玄米餅は白米餅よりも、3倍位の力が要ります。家主は元ラグビー部で体力自慢。今年は彼をあてには出来ません。3日前まで男手は私一人。7臼位一人で搗く予定でした。2日前に、ウチの田んぼを手伝ってくれているHさんが参加表明。それに加えオーストラリアのKさんも搗きに参加してくれたので、順調に餅が搗きあがりました。

 さて、7臼搗き、最後の玄米になった時、Hさんが見えなくなった。仕方がないので、玄米餅は初めてのKさんとつぶしを始めました。

IMG_1546-151230-1.jpg

 玄米は皮が堅いので、白米の様にはお米はくっつきません。パラパラと杵から逃げて行きます。それでも潰します。そうすると、少しくっついて来ます。餅にするには根気のいる作業です。疲れて来る男二人。すると、

IMG_1548-151230-2.jpg

 「私もやる!」とおみずと、玄米餅初めてのMさんが杵を握った。おみずも玄米のつぶしは殆どやった事が無いが、二人共見ているうちに憶えた様で、玄米が潰れて行く。その後別の女の人も、初めてながらつぶしに参加したではないか。7年位此処で餅つきをしているが初めての事だ。そして・・・・。

 玄米をつぶした。

 凄い事です。松崎でも「え!玄米餅を搗くの?」と言われるくらい大変な作業なのです。凄い光景を目の当たりにしました。こんな光景滅多に見る事は無いでしょう。が、しかし、この人達なら来年もまた、やるかも知れません。素晴らしい女性たちです。

 その後、彼女たちは搗きまでしました。

IMG_1556.jpg

 搗きあがって、丸めた玄米餅。写真に撮るとオブジェみたい。77歳から3歳の12人全員で作った作品です。

 無事終わってホッとしました。お餅の出来も例年位にはなりました。今回は私が準備をし、搗き、おみずが、タイムスケジュール作りや裏方に回りました。参加してくれた若い人達も、積極的で、いろいろ質問もされました。私も此処で餅搗きを覚えたので、分からない事が多い。答える事が出来るのは、昔から餅搗きを見ている77歳のRさん。Rさんが、私達や若い人に教える。それを見ている子供。多分子供達が大人になっても、餅つきと言う風習は続いているだろう。その時子供達が「そう言えば、小さい頃、臼と杵で、ぺったん、ぺったんと、大人がお餅を搗いてたな。それから、手で伸ばして・・・・。」と思い出して、餅つきをしたら嬉しい。

 

 

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<明けましておめでとうございます | ホーム | 出荷準備>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://essahoisa.blog93.fc2.com/tb.php/2129-88a14b9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |