05月28日  冷蔵庫 箱となる
 昨日冷凍庫を開けたら、氷が解けていた。「ドアを閉め忘れたのかな?」と思った。おみずにその事を伝えると「この冷蔵庫、音がしていない。」と言われた。冷蔵室のドアを開けると電気は点くのだが、確かに何の音もしない。

 ただの「電気が付く箱」になっていた!

 おみずが「後ろの方に埃が詰まって居るかも知れない。」と言って掃除を始めたが、冷蔵庫は静まり返って、明かりだけがついている。

 壊れている。

 この冷蔵庫は、結婚のお祝いに頂いたもの。19年使いました。良くここまで働いてくれました。

 早速近所のチェーン店の電気屋さんに、開店と同時に行きました。小さな店なので、品数が少ない。その中から、一つを選んだ。すると店員さんが「納品までに数日かかります。」「ええ?すぐに使えないの?じゃあ冷凍庫の中の鯛の頭とかどうなちゃうの?。」

 買わずに家に戻り、おみずはネットですぐ来る冷蔵庫を探す。私は第一エッサホイサ堂に行き、使えそうな冷蔵庫を探す。冷凍庫があった!!電源を入れ音がするのを確認し、中を洗い、家に持ち帰りました。

 おみずはパソコンの前から動かない。アマゾンはじめ、殆ど5日~7日掛かる。日曜日に届く物を見つけて買いました。冷凍庫も仕事をしている。一先ず安心。現在冷蔵庫に、板氷、保冷剤を入れて、冷蔵庫として使っています。

 私が小さい頃は、電気冷蔵庫がある家などありませんでした。魚屋や食堂でも、頑丈な木の箱に大きな氷を入れて冷蔵庫としていました。ひょんな事で、古き良き昭和を想い出しました。これも楽し。

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<電気冷蔵庫の無い日々 | ホーム | 鹿侵入>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://essahoisa.blog93.fc2.com/tb.php/2233-ca34f3c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |