07月11日  湯船に段差は必要か?
 新しい家のお風呂はユニットバスになります。私達二人には初めてのユニットバス。色々なメーカーの物がありますが、基本的なものはほぼ同じです。大きく違うのが、湯船の段差がある物と無い物、二通りある。単純な疑問として何故2種類あるのだろう?

 昔のお風呂は、木製だった。その後、タイルになり、プラスチックになった。その間に湯船には段差など無かった。カタログを見ると「半身浴が出来る」と書かれているが、日本人の大人がそんなに半身浴をするのか?

 別の面から考えて見た。使う水の量、段差が有る方の勝ち。足を伸ばせる広さ、段差無しの勝ち。ネットで調べると、子供と入る人には便利らしい。お年寄りの転倒事故防止には少しなるらしい。さてどっちにしよう?

 聞いて廻りました。ウチの大家さんはお風呂を見せてくれました。湯船に段差無し。特徴はしっかりしたバーが付いていた。「森のカフェ・リトルハート」段差あり。エイジ君は「お湯の量が少なくて済みます。」と即答。小雪ちゃんは「二人で入るのなら、段差無し。そうでなければ段差ありの方が良いと思います。良かったらウチのお風呂に入って見て下さい。」嬉しかった。良い人に囲まれている。

 湯船が1種類しかなければ考えないで済むのに、何で2種類あるんだろう??
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<田んぼの生き物 | ホーム | 選挙カーは伊豆jを避けている>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://essahoisa.blog93.fc2.com/tb.php/2265-4d301920
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |