10月31日  精米所は楽し
 今朝精米所に行きました。前に精米していた年配者が、精米所の人に「今年は2等米が多いそうだ。」と言った。松崎の師匠も「今年は早稲は雨が多くて余り良くない。晩生の方が良いようだ。」と数日前に言っていた。年配者は「毎年、毎年違うからな。良い年もあれば、良くない年もあるさ。」何十年もお米を作って来た人の言葉だ。こうなりたい。

私が「この辺りでは昔は11月に稲を干していたそうですね。」と尋ねると「そうだな昔は遅かったな。」11月では日照時間が短いので、中々乾かないはず。「でも11月になると西風が吹いて乾くんですよね。」年配者と精米所の人は「西風吹かなくなったな。」伊豆も以前とは天候が違ってきているのでしょう。

 少ししたら、また同じ年くらいの人がトラックで現れました。米袋が3つありました。「手伝いますよ。」と言うと「重いぞ。」「大丈夫ですよ。」年配者は袋を作業台に上げられなかった。「やりますよ。」と言うと、照れたように「若い人にまかすかな。」精米所の人が微笑んだ。私は、この年で若い人、ちょっと嬉しいのでした。

 後で聞いたら「二人共80位じゃないかな?。」此処まで現役でやれるお二人は凄い。目標見つけた。

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<脱穀一応終了 | ホーム | 脱穀出来ない>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://essahoisa.blog93.fc2.com/tb.php/2347-4798fdcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |