12月11日  ひなたぼっこ
 友人達の二日目の観光は、裏の林と、崩れ荘見学。荒れて、木々が倒れている上を跨ぎ奥のほうまで行って見る。裏は山なので何処までがウチかまだよく分からない。シカのフンがあった、篠竹が傾いているのは、奴らが通った跡だろう。

 二人は崩れ荘に興味津々。ボロイが、外からも入れるお風呂や、広く棚のある洗面所、テプラで置き場所が沢山書かれている台所の引き出し、台所下の回転式物入れなど見つけては「良く出来てるね。」確かに、私が見た別荘の中でも一番生活しやすい別荘だ。

 食器棚を開けるAさん。「勇気あるな。」とおみず。たち吉のお皿が出て来た。端の方2カ所に穴が開いている。珍しいお皿だ。Aさん「これ貰っていい?。」「どうぞ。」少し考えてリリースした。良い物かどうか調べてみよう。

 崩れ荘を見学した後は、4人でベランダでひなたぼっこ。ひなたぼっこと言っても「ローザルクセンブルグ。」では無い。「ローザルクセンブルグ。」とは「どんと」がやっていたバンドで、ゲバルトローザや小川ローザでもない。おみず好きだったな。出会った頃「ひなたぼっこ。」の入ったテープを貰ったな・・・・。

 話を戻そう。何故日向ぼっこなのかと言うと、お日様が出ていれば家の中より暖かいから。おまけに鳥の声が聞こえるかもしれない。

 ベランダに出るとお日様サンサン。今日は鳥も鳴かない。2軒先の犬「クー」も「チビ」も鳴かない。人気は全くない。静寂に包まれる。音と言えば、風の音、枯葉の音。この家に来て、こんなに静かで、穏やかな時間は初めてでした。日向ぼっこ楽し。

 暫くしておみずが「近所の人誰も居ないみたいだね。ひょっとして、今日公民館に集まる日じゃないよね?。」慌てて区の年間スケジュールを見ましたが、今日は無し。ただ静かなだけでした。

 

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<選別中 | ホーム | 観光案内>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://essahoisa.blog93.fc2.com/tb.php/2372-aedcc2ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |