12月24日  自然エネルギーの実態
 餅つき会場は、東伊豆、稲取の三筋山のすぐ近くにあります。三筋山は、ススキの名所で、登って行くと伊豆半島の形が分かる所があります。こんな場所はほかにはありません。

 そこに10年前、巨大風力発電所の建設計画があり、住民や伊豆に住む人、全国からも多くの人が反対の声が寄せられましたが、数年前建てられました。

IMG_0732-161224-1.jpg

IMG_0735-161224-2.jpg

IMG_0736-161224-3.jpg

 今日は強風です。写真中央の草が大きく傾いているのが分かると思います。私が車から出る時にドアが開かないくらいでした。

 なのに。10基中、動いていたのは2基だけ!

 後の8基は何をやっているのだ。

 数十億のお金を使い、山を削り、自然破壊をして結果がこれです。
 
 この風車の建設には東京電力が関与しています。福島で育ち、稲取に住んでいる人は「風車の建設費をせめて福島の原発事故の為に使ってほしい。」と訴えましたが、聞き入れられませんでした。

 三筋山の自然の美しさは風車によって変わってしまいました。
 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<今年最後の日曜日 | ホーム | 夜明けの餅切り>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://essahoisa.blog93.fc2.com/tb.php/2381-aaf1d990
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |