02月15日  精米所の文化遺産
 今日、精米所で精米中、何気なく樽を見ると。

IMG_0943-170215-1.jpg

 今まで気が付かなかったが、明治という文字が見えました。薄くなった文字は明治44年と書かれている。106年前の物か。「凄く古いものだったのですね。」と言うと「「後二つも同じ物じゃないかな?。」と並べてくれた。

IMG_0944-170215-2.jpg

「同じ物なのに高さが違いますね。」と聞くと「底が減ったんだよ。中を触ると金具は同じだが、中の木がすり減っているのがわかるよ。」「そんなに使っているのですね。」

 100年前の樽が今でも使われている。そしてこの先も使われて行くことだろう。何でもプラスチックで作れ、使い捨てにしている今、この樽に出会った事を忘れないようにしたい。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<決死の夕日見物 | ホーム | 30年余年>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://essahoisa.blog93.fc2.com/tb.php/2422-5bdb3d19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |