04月11日  敵が見落としたた タケノコ
 裏庭で大きなタケノコを発見。

IMG_1127-170410-1.jpg

 こんな大きなのを、敵は見落とした。

IMG_1129-170411-3.jpg

 小さなタケノコは、幾つかやられたのに。

IMG_1138-0411-5.jpg

 大きい。少し考えたがまだあるので、売ることにした。すると、すぐに売れました。

 数日前のニュースで、今年はタケノコが不作と報じられていました。南伊豆の「タケノコ村」でも始まって以来の不作とか。自然の物なので仕方がないですが、来年は豊作だといいな。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月10日  夜は 野生の王国
 先週の事、夜暗くなって家に戻った。車のライトが隣の草地を照らした。明りの先には、シカの集団が見えた。逃げない。こちらを見ている。家の居たおみずを呼んだ。少しして、ゆっくりと去っていった。それを見たおみず「シカの方は嫌な物に会って、しぶしぶ去った感じだよね。夜は野生の王国だね。」

 その後も、夜、深夜、問わずシカの鳴き声が聞こえる。裏の、タケノコ、フキは大丈夫だろうか?最近また何者かが掘り返した新しい跡がある。

 実は数日前・・・。

IMG_1107-170410.jpg

 はらっぱ祭りの仲間が、刈ってくれた藪跡からタケノコが出て来た。この家で見る初タケノコ。簡易なバリケードしかしていないが大丈夫だろうか?
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月09日  庭の桜 8分咲
IMG_111170408.jpg

 昨夜友人夫妻と宴会をしました。昨日、今日と生憎の雨。暗い写真になってしまいました。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月07日  レタスの微笑み
 昨日の事です。レタスの畑が草だらけで、レタスは草に埋もれていました。草を取ってあげて、数時間後に見たら、

IMG_1109170407.jpg

 皆伸び伸びとして、笑っているように見えた。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月06日  畑作業
 明日から暫く雨の予報が出ています。今日は二人で畑で作業。おみずは、ニンジンの種まき、草刈り、夏野菜を植える畝作り。私はジャガイモの除草、土よせ、草刈り、田んぼの溝堀りでした。

IMG_1104 (2)-170407-1

 桜が2分咲位になりました。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月05日  春の香り
 おみずは畑、私は裏の藪の始末。お昼おみずは戻って来て「セリがあったよ。」すぐに味噌汁にしました。

IMG_110170405-1.jpg

 切って鍋に入れてしまったので、写真を撮った時はこれだけになっていました。

 出来上がった味噌汁は春の香りがしました。

 
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月04日  桜咲く
 桜が咲き始めました。

IMG_1100-170404-2.jpg

IMG_1097-170404-1.jpg

 裏庭で日向ぼっこのカエル。眠そう。

 晴れていれば暖かい今日この頃。おみずは、畑と前庭の篠竹刈り。私は裏庭の篠竹の整理と落葉拾いをしました。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月02日  魚を捌くのが上手い職業?
 数日前、刺身用の「尾赤アジ」を捌いていたおみず。包丁を使いながら「外科医の人って魚捌くのやっぱりうまいのかな?。」「・・・・・。手術は包丁じゃないしな。台所にメスは普通置かないでしょう。」でも上手いんじゃないかな??
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04月01日  4月1日
 伊豆は雨が降っています。そして今日も寒い!

 今日は「武蔵野はらっぱ祭り」の花見の日です。昨夜からメールが沢山入っていた。雨で中止になったようだ。伊豆も雨なので、今日は選別です。

 BGMは

エイプリル

エイプリルフール。1968年頃のアルバムかな?有名なバンドだが、聞くのは初めて。ユーチューブで出てきた。実験的で面白い。あの頃は音楽の中にも「遊び心」があった。午後、おみずと「フォーククルセダーズ」の「老人と子供のポルカ」を聞いて大笑い。やっぱり「フォークル」凄い!



吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03月31日  少しずつ少しずつ進む
 数日前から、おみずは堆肥置き場を片付けている。竹を刈り、草を取り除き、現れた堆肥を袋に詰めて行く。

IMG_1086-170331.jpg

 少しずつ、辛抱強く、おみずらしい作業の仕方です。

 この後、壊れた堆肥置き場を板や竹で補修し始めました。堆肥置き場補修はまだ終わりませんが、庭中の落葉の行先が決まったのは嬉しい。
吉田君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ